子宮回復のため母乳でそだてることをおすすめします。

ママ・はやく、おっぱいをあげて・・・・・

出産後早期に授乳を開始することは、ママの体の回復を助けます。赤ちゃんが授乳を吸う刺激によって
脳下垂体からオキシトシンというホルモンが出て乳汁の分泌を促します。オキシトシンは同時に子宮を修復。
産後の回復を早くしてダイエット効果も期待できます。

view792

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中、ママの脂肪が増加するのは、産後の授乳に備えてのことと考えられます・
    つまり、育児中のママたちは、どんどん赤ちゃんに母乳を上げることで、
    タフタフしたお肉が内側から締まって行くのです。
    授乳中のママたちは食欲が増進します。、
    しかしおっぱいだけが大きくなり
    体全体はスリムになる。などのうれしい声が聞かれます。

  • 我が子を抱く・母乳を飲ませると・母性本能がどんどん湧きます。

     

    母乳は、大切な時間・うらやましいような貴重な時間・
    パパにはわからない・ママだけの一体感。
    抱きしめる行為大切です。
    母乳の時期はわずか2年・・・・
    メルヘンのような貴重時間・夜鳴きに悩まされないようにしましょう。
    大泣きされていれば貴重な時間が半減してしまいます・

  • カボチャを中心とした食生活に・・・・・・・・

     

    ママはバランス表や栄養士に聞きながら献立を考えましょう・
    新米ママは、あかちゃんをかかえて24時間・心の安らぎを感じる暇がありません。
    赤ちゃんの離乳食にも、ママの母乳にもかぼちゃプラスお肉・・・・・・


    母乳が甘ければ、ママのおっぱいはまだまだ出ます。
    おっぱいマッサージをいっぱいいっぱいして、飲ませてあげましょう。
    ママが甘い炭酸飲料や飲料水を飲むと赤ちゃんにデキモノができるので要注意です。

  • 妊婦の水中運動(歩行)で冷え性改善・安産効果も、冷えは万病の元、冷えは低出生体重児を増 ...

     

    陸上での体操とちがって、温水プールで妊婦さんどうしが、和気藹々と、
    温水プールで衝撃を和らげながらゆっくりとスローな動きから
    早足、駆け足など水にもまれ、水の抵抗を受けながら、集団でリズムを取るから
    楽しくて長続きします。
    音楽に合わせて身体を動かしています。
    温水プールだから胎卿がすこやかで、ママが健康的になれるのです。
    お産も重くなく軽くすむ。、
    くるしいつわりがなくなった。
    便秘がなくなった。
    体が軽くになったなどママたちが、うれしい悲鳴が聞こえてきます。

  • リラックスできる環境と周囲のサポートが大切

     

    家族や周囲の協力があったから、ゆったりとした気持ちで過ごせた。
    家族や専門家のサポートがあったことがわかります。
    授乳がまだ、軌道に乗らない時に、おっぱいがたらないんじゃない。
    という言葉はママを追い詰めることになります。追い詰められて、ストレスがたまると母乳は
    本当に出にくくなります。パパやおばあちゃまに優しく見守ってもらい産後3ヶ月頃までは
    赤ちゃんと一緒にこまめに寝て起きる生活を続けたいものです。