稽留流産ってどんな状態??流産に関するまとめ

稽留流産という言葉を聞いた事はあるけどどんな原因で起こるか分からないと言う人も居るはず!!
稽留流産や流産に関するまとめを作ってみました!!

view1178

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 流産ってどういう状態??

  • 流産とは

     妊娠したにもかかわらず、妊娠の早い時期に赤ちゃんが死んでしまうことを流産と言います。定義としては、22週(赤ちゃんがお母さんのお腹の外では生きていけない週数)より前に妊娠が終わることをすべて「流産」といいます。妊娠12週未満の早い時期での流産が多く、流産全体の約80%を占めます。
    [頻度]
     妊娠の15%前後が流産に至るとの統計もあり、多くの女性が経験する疾患です。
    出典 :流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
     

    辛い事ですが流産を経験してる女性は凄く多いのです。

  • 何が原因で起こるの???

  •  早期に起こった流産の原因で最も多いのが赤ちゃん自体の染色体等の異常です。つまり、受精の瞬間に「流産の運命」が決まることがほとんどです。お母さんの妊娠初期の仕事や運動などが原因で流産することは、ほとんどないと言って良いでしょう。
    出典 :流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
     

    初期での流産は赤ちゃん自身に原因がある事が多い。
    お母さんは自分を責めないで!!

  • 辛いときは誰かに相談してみよう!!

  • 流産にはどんな種類があるの???

  • 「人工流産」:いわゆる「人工妊娠中絶」のこと。母体保護の目的で母体保護法指定医によって行われる手術です。
    「自然流産」:上記以外の、自然に起きる流産のことすべてを言います。手術の有無は関係ありません。
    出典 :流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
     

    辛い選択です。
    妊娠を望まないならまずは避妊をしましょう!!

  • 「稽留流産」:胎児は死亡しているが、まだ、出血・腹痛などの症状がない場合。自覚症状がないため、婦人科診察で初めて確認されます。治療法としては、入院して子宮内容除去手術を行うのが原則ですが、外来で経過を見て自然排出を期待する場合があります。その場合には夜間の出血などの緊急事態が多いといわれています。
    出典 :流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
     

    自分では気付かないこともあります。
    体調に不安を感じたら早目の受診をしましょう!!

  • 「進行流産」:出血がはじまり、子宮内容物が外に出てきている状態。いわゆる「流産」の状態。下記のように「完全流産」「不全流産」に分けられます。
    「完全流産」:子宮内容物がすべて自然に出てしまった状態。出血、腹痛等は治まってきている場合が多い。経過観察(場合によっては子宮収縮剤投与を追加)で対処できることが多い病態です。
    「不全流産」:子宮内容の排出が始まっているが、まだ一部が子宮内に残存している状態。出血・腹痛が続いていることが多く、子宮内容除去手術を行う場合が多い病態です。
    出典 :流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
     

    出血などの症状があったらすぐに受診を!!

  • 超初期での流産!!

  • 「化学的流産」:一般にChemical abortionと言います。尿を用いた妊娠反応は出たものの、超音波で妊娠が確認できる前に流産してしまった状態を言います。妊娠反応試薬が薬局等で販売され、広く一般につかわれるようになったためにクローズアップされてきた病態です。妊娠反応を行わなければ妊娠と気付かず、月経と考えて過ごしてしまっていることが多いと考えられます。経過を観察します。
    出典 :流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
     

    妊娠を心待ちにしてる人に多いようです。
    検査をしなければ全く気付かず生理として受け入れてしまいます。

  • 切迫流産とは???

  •  胎児が子宮内に残っており、流産の一歩手前である状態を「切迫流産」と言います。一般の流産は基本的に妊娠継続不可能ですが、「切迫流産」は妊娠継続の可能性があります。
      妊娠12週までの切迫流産に有効な薬剤はないと考えられており、経過観察で対処することとなります。子宮に中に血腫(血液のかたまり)があるような切迫流産では安静が効果的とする研究報告もあります。
    出典 :流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
     

    切迫流産を乗り越えて無事に出産する人も沢山います。
    診断されたら安静にして治療を受けることが大切です!!

  • 流産を乗り越える!!