歯周病って何??その症状とは??

歯周病という言葉を聞いたことがある人も多いはず!!
その正体や症状などについてまとめてみました!!

view300

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯周病って何???

  • 歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症とされ、ギネス・ワールド・レコーズに載っているほどである。
    出典 :歯周病 - Wikipedia
     

    そんなに沢山の人が感染してるのか~!!
    驚き!!

  • 歯周病(ししゅうびょう)とは、歯肉、セメント質、歯根膜および歯槽骨より構成される歯周組織に発生する疾患の総称である。歯周疾患(ししゅうしっかん)、ペリオ (perio) ともいい、ペリオは治療のことを指すこともある。ただし、歯髄疾患に起因する根尖性歯周炎、口内炎などの粘膜疾患、歯周組織に波及する悪性腫瘍は含まない。

    歯垢(プラーク)を主要な原因とする炎症疾患が多いが、単に歯垢のみでなく、多くの複合的要因によって発生する。また、歯垢が一切関係ない(非プラーク性)歯周疾患も多数存在する。さらに、原因因子には個人差があり、歯周病の罹りやすさや進行度合いは人によって違う。

    歯周病のうち、歯肉に限局した炎症が起こる病気を歯肉炎(しにくえん)、他の歯周組織にまで炎症が起こっている物を歯周炎(ししゅうえん)といい、これらが二大疾患となっている。歯肉炎で最も多いのはプラーク性歯肉炎(単純性歯肉炎)であり、歯周炎のうちで最も多いのは慢性歯周炎(成人性歯周炎)であるため、歯肉炎、歯周炎といった場合、それぞれ、プラーク性歯肉炎、慢性歯周炎を指すのが一般的である。
    出典 :歯周病 - Wikipedia
  • 歯周病の原因は磨き残し??食べかす??

  • 歯周病は様々な要因が複雑に絡み合って起こりますが、最大の原因はプラーク(歯垢)です。

    プラークはただの食べカスではなく細菌の塊です!

    この細菌の産生する毒素が歯周病の発生・進行に非常に大きく関わってきます。
    出典 :歯周病(歯槽膿漏)の原因
     

    毎日の歯磨きが重要だという事です!!

  • 年齢が増すほど歯周病になりやすい!!

  • 高齢になるにつれて歯周病患者の割合は増えていきます。
    これは、身体の免疫力が低下することによって歯周病が進行しやすくなるからです。

    また、風邪をひいたり身体が疲れていたりすると免疫力が低下するので、歯周病は進行しやすくなります。

    そのため、免疫力の低下が疑われる場合には、より一層歯周病予防に対して慎重になる必要があります。
    出典 :歯周病(歯槽膿漏)の原因
     

    高齢者の場合は家族や周りの人も気をつけてみてあげる事が大切です!!

  • 喫煙してる人ほど歯周病になりやすい!!

  • 喫煙は歯周病の進行を早めます!!

  • 喫煙をしていると歯ぐきの免疫力や修復機能が低下してしまうため、 タバコを吸っている人は喫煙していない人に比べて、2.1~4.7倍も歯周病になりやすいというデータがあります。

    歯周病の専門家の中には、喫煙をやめない限り歯周病治療が成功することはありえないと断言している人もいます。

    しかし、タバコはやめた方が良いと分かってはいてもやめられないという人がほとんどでしょう。
    そんな人は、せめて一日の喫煙本数を減らすことからでも始めてみてはいかがでしょうか?
    出典 :歯周病(歯槽膿漏)と喫煙(タバコ)
  • 歯周病が原因で病気になるの???

  •  ・糖尿病
      ・感染性心内膜炎
      ・心臓血管疾患
      ・骨粗鬆症
      ・肺炎
      ・低体重児早産など
    以上の病気は、歯周病があると発生する確率が高くなると言われているものです。
    歯周病は、実は全身的な病気とも深いつながりがあったのです!
    上記に挙げたもの以外にも、歯が無くなることによって痴呆が進行したり、運動能力を低下させてしまうことなども考えられます。
    歯周病の脅威は、口の中だけに留まりません!
    出典 :歯周病(歯槽膿漏)と全身的な病気
     

    恐ろしい歯周病!!
    健康は歯からですね!!

  • 歯周病は恐ろしい!!

  • 歯周病の予防はプラークコントロール!!

  • 歯周病を予防するためには、「プラークコントロール」と「定期的なメインテナンス」が必要です。
    このどちらか一方でも欠けたり不十分だったりすると、歯の健康の維持は難しくなります。
    出典 :歯周病(歯槽膿漏)を予防するためには
     

    しっかりと歯を磨き検診を受けることが大切ですね!!

  • タバコを吸ってる人は禁煙で予防!!

  • タバコを吸っていると歯ぐきの免疫力や修復機能が低下してしまうため、 喫煙している人は喫煙していない人に比べて、2.1~4.7倍も歯周病になりやすいというデータがあります。

    歯周病の専門家の中には、喫煙をやめない限り歯周病治療が成功することはありえないと断言している人もいます。

    しかし、禁煙した方が良いと分かってはいてもやめられないという人がほとんどでしょう。
    そんな人は、せめて一日の喫煙本数を減らすことからでも始めてみてはいかがでしょうか?
    出典 :歯周病(歯槽膿漏)を予防するためには
     

    歯周病といわれたら頑張って禁煙しましょう!!
    予防の為に禁煙することも大切です!!