【統合失調症】とは10年ほど前までは精神分裂症といわれていた病のこと。若者に発生件数が多い。

【統合失調症】は10代後半から30代前半の若者に間に高い頻度で発症する、珍しくない疾患で放置すると徐々に進行します。
幻覚、妄想が現れ、無気力な状態になります。
ストレスなどの心の問題が原因ではなく、脳内の神経に原因がある事がわかっている。

view413

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【統合失調症 】とはどんな病気か

  • 青年期に発症する精神病

     

    発症すると、妄想が激しく、幻覚症状も起きる。
    又意欲が無くなり、引きこもりがちとなる。
    100人に一人が統合失調症 であると云われていて、珍しい病気ではない。

  • 【統合失調症 】の原因は? ・・・実はよく解っていない。

  • 【統合失調症】には型がある

  • 【統合失調症】の治療

  • 【統合失調症】・・入院中心の治療からの脱却を勧める

  • 精神科医療の基本14 統合失調症 - YouTube

     

    社会全体で支える必要があります。

  • 【統合失調症】と【双極性障害】との区別

  • 【統合失調症】家族はどう向き合えばいいか