【蓄積疲労の回復方法】過労で倒れる前にできること

蓄積疲労とは、日常生活に支障をきたすほどの強い疲労感などが、半年以上続いている状態のことをいいます。この状態を放置したままにしておくと自立神経失調症やうつ病、さらには身体の衰弱が一段と進んで過労死を招くことさえあるといいます。そうなる前に回復に努めましょう!

view7217

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 疲れがたまりすぎてる人

     

    蓄積疲労は、日常の疲労を軽視して放置したことで起こるりっぱな体の病気です

  • 蓄積疲労の初期段階

  • いくら眠っても疲れが取れない、いくら寝てもまだ足りない、という状態

     

    初期症状としては他に、

    ・些細なことで怒るようになる

    ・他人の相談や愚痴を聞けなくなる

    ・単純なミス、勘違い、もの忘れが増える

    ・独り言が多くなる

    などがあります。

  • 蓄積疲労の初期段階は普通に眠ることができます。しかし、中期や末期には睡眠そのものが機能しなくなっていくのです。
    出典 :疲れが取れない時は ~蓄積疲労とは~ - 疲れが取れない時は ~疲れを取る37の方法~
  • 蓄積疲労の末期症状

  • ・疲れているのに眠れなくなる

    ・肌が脂ぎってくる。

    ・急に冷や汗が出る

    ・突然涙が出る

    ・怖い夢をよく見る

    ・まっすぐ歩けない

    ・長時間立っていられなくなる

    ・座ってしばらくすると立ち上がれなくなる。

    ・電車や飛行機などの乗り物に乗れなくなる
    出典 :疲れが取れない時は ~蓄積疲労とは~ - 疲れが取れない時は ~疲れを取る37の方法~
  • 末期までくると深刻ですね...

  • 蓄積疲労はなぜおきる?

  • 疲労の現われ方やメカニズムはきわめて複雑とされていますが、疲労という生命現象が現われてくる原因としては、

    「有毒物質の蓄積によって疲労が起こる」
    「エネルギー源の消耗によって疲労が起こる」
    「身体の内部環境の失調によって疲労が起こる(ホメオスタシス=恒常性維持機能=の働きが乱れる)」

    などが挙げられます。
    出典 :蓄積疲労(慢性疲労)
  • 蓄積疲労に効く栄養素はビタミンB1とマグネシウム

  •  

    ビタミンB1が豊富に含まれる豚ヒレ肉、うなぎ、 玄米、ほうれん草、ゴマ、卵などを、1日に何回かに分けて取ることを蓄積疲労にはお勧めします。

  •  

    マグネシウムが含まれる木綿豆腐、昆布、 緑黄色野菜にも疲労回復効果があります

  • 積極的にとりたいですね

  • 「食品添加物」や「化学調味料」を避ける

  •  

    「食品添加物」や「化学調味料」が多い食べ物を摂取しすぎると栄養に良くないので疲れやすくなります。

    栄養のある食事を心がけましょう

  • 仕事が忙しいとついつい食べがちですよね~ 控えましょう

  • 蓄積疲労の回復方法

  • 血液循環をよくする

     

    筋肉疲労で発生する乳酸は、血流に運ばれて除去されます。
    血液循環をよくするために38~39度のぬる湯にゆっくりとつかる習慣をつけましょう。

  • たまには温泉行きたいなあ

  • 仕事では適度に「抜く」

     

    1日の作業に対する体力配分をうまく分けることによって、疲労の蓄積度が変わってきます。
    効果的な配分としては、午前中:5、昼以降:2、夕方以降:3の体力の使い分けが帰宅中、帰宅以降に体力の余力が残る効果的な方法だと思われます。

  • これが一番難しいかも

  • 休日をうまく活かす

     

    休日を有効に利用して、疲労の回復と明日への労働力の活力へと繋げて行きましょう。日頃あまり行なっていないことをするのが有効です。
     肉体労働をしている方は、読書や芸術関係が良く、精神労働をしている方には適度な運動をすることが良いようです。
     また、家族や恋人とのコミュニケーションや外出などもリフレッシュされ効果的でしょう。

  • その他 蓄積疲労の予防・回復に有効なこと

  • ・早寝早起きに徹する
    ・朝食をとる
    ・できるだけ仮眠または昼寝をする
    ・ストレッチをこまめに行う
    ・長時間労働をしない
    ・散歩で気分転換する
    ・特に下半身の筋肉トレーニングをする
    ・スポーツドリンクや野菜ジュースを摂る
    ・夕食は就寝3時間前に摂る
    出典 :疲れが取れない時は ~蓄積疲労とは~ - 疲れが取れない時は ~疲れを取る37の方法~
  • ストレスによる自律神経の乱れが蓄積疲労の原因の1つであるならば、
    自律神経の乱れを改善することができれば、蓄積疲労の解消につながります。

    大切なのは「体を修復する副交感神経」を優位にすること。
    普段の生活の中で、リラックスできる時間を増やすことに心がけましょう。
    出典 :蓄積疲労の解消法 - 蓄積疲労の原因・症状・解消法について
  • リラックスが大事!