胃潰瘍になる事も!?サンドイッチ症候群とは!?

サンドイッチ症候群って聞いた事ありますか!?
ストレスがたまってしまい胃潰瘍になる事もある症候群なのです!
一体どんな症状なのでしょうか・・・

view543

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • サンドイッチ症候群とは!?

  • Aさんは上司からの命令には逆えず、かといって、
    部下の気持ちもよくわかるという中途半端な状態でいる
    自分を常に感じている。
    そのストレスが高じたためか、何度も胃潰瘍にかかってしまい、
    その都度入院をするので、上司からも管理能力を問われ始めている。
    出典 :メンタルヘルス気になる用語集 » サンドイッチ症候群
     

    サンドイッチ症候群の症例ですね・・・

  • 仕事は楽しい方がいいと言いますが、現実的にはとても
    ストレスのたまるものであり、仕事とストレスは分かちがたい
    ものであると言えるでしょう。仕事に関連したストレス症候群には
    多くのものがありますが、特に中年期の人がその影響を大きく受けるようです。
    そのような中年期になりやすいストレス症候群の1つに
    サンドウィッチ症候群というものがあります。
    サンドウィッチ症候群とは、中間管理職にある人が上司と部下の
    板ばさみ状態にあるため身動きができなくなってしまい、
    心身に不調をきたすというものです。
    管理職特有の症候群であるため管理職症候群、
    マネージャー・シンドロームなどとも呼ばれています。
    出典 :サンドウィッチ症候群
  • サンドウィッチ症候群では、まず上司からの命令によるストレスがあります。
    管理職には、その部署をまとめ成果をあげることが求めれ、
    ノルマが課せられます。特に、近年の不況のため成果をあげられないと
    リストラの対象とされてしまうこともあり、その不安と相まって悩みが
    大きくなることもあります。
    しかし、上司の要求を「できない」と言って断ることもできないでしょう。
    次に、部下への対応がストレスとなります。上司には成果をあげるよう
    言われているので、部下にそれを伝えたり動かしたりするが思うようにいかない、
    部下から不平不満を言われる、しかし部下の言い分もよく分かる、
    時には部下を叱責するなど嫌な役回りもしなくてはならない
    というように様々なストレスを受けます。
    出典 :サンドウィッチ症候群
     

    上司と部下の間にはさまれている状態ですね・・・

  • こんな人は要注意!!

  • いやな仕事も一人で背負い、一人で解決しようとする
    タイプは要注意です。
    上司にも、部下にも悩みを相談できない、もしくは
    相談しようとしない仕事中心の人や、上司と部下との
    板ばさみで悩む中間管理職が、かかりやすいのがこの症状の特徴です。
    やがて不眠からうつ状態に陥ることもあります。
    普段家庭を顧みない人は、本来安らぎの場である家庭に
    居場所はなく、トリプルのサンドイッチが襲います。
    出典 :メンタルヘルス気になる用語集 » サンドイッチ症候群
     

    職場でも家庭でも落ち着ける場所がないのですね・・・

  • 管理職につくと急激に仕事の量が増えたり、責任が重くなるなど
    身体的にも精神的にも疲れるポジションに立つことになります。
    やりたくない仕事でも立場上やらざるを得ないことが多くなってきます。
    最近では若い人でも実力があれば昇進して管理職となる人もいますが、
    管理職の多くが中年期にあたる人です。そのころには、徐々に
    体力の衰えが目立ち始めるので、このような身体的・精神的ストレスに
    対抗する力がだんだん弱まっていきます。しかも、中年期になると
    子どもが思春期となり扱いが難しい、受験を控えている、
    家に居場所がない、親の介護などといった家庭の問題を
    持ち合わせていることもあり、上司・部下・家庭からのトリプルの
    ストレスを感じることにもなってしまいます。こんな人は要注意!
    出典 :サンドウィッチ症候群
     

    家庭の問題まであれば更にストレスがたまりますね・・・

  • なんでも自分一人で背負い込み一人で解決しようとする、
    相談できる人がいないもしくは相談しようとしない、
    小心、誠実、面倒見がよい人などがなりやすいとされています。

    出典 :サンドウィッチ症候群
  •  

    一人で悩まず誰かに相談して

    少しでも楽になれたら良いですね!

  • どのような症状!?

  • 身動きのできない状況になるとだんだんと疲れがたまって、
    慢性疲労状態、高血圧、動悸、めまい、不眠、抑うつ状態、
    自律神経失調、消化器官系の疾患などが現れます。
    出典 :サンドウィッチ症候群
     

    様々な症状が出てくるのですね・・・

  • 年の社会的な観点から取り上げられている「症候群」も、
    ストレスが原因となっているうつ病である可能性があります。
    出典 :UTU-NET うつ病教室
  • ストレスっていったい何?

    例えるならストレスとは、ゴムボールに力が加えられて
    ペコリとへこんだ状態と考えてください。
    この場合、私たちの体がボールで、ボールに加えられた圧力を
    「ストレッサ-(ストレスを引き起こす要因のこと)」、
    それによってボールがへこんだ状態が「ストレス状態」です。
    つまり、ストレスとは、「外からの刺激によって生じるからだの変化」を
    意味するのですが、現在では、圧力自体もストレスに含まれています。
    私たちのからだは通常は、この「ストレスでボールがへこむ」ような
    状態になっても、すぐにからだが反応して、このへこんだ部分の
    修復にとりかかります。しかし、この“へこみ”が大きくなると、
    修復が困難になり、からだに影響が現れてきます。


    出典 :UTU-NET うつ病教室
  • 予防と対策

  • この症状からの回復には、まず仕事では
    「できることと、できないこと」を整理して考えたり、
    職場が抱えている問題を、上司にも部下にも率直に話して、
    ときにはきちんと主張したり指示したり、部署全体で処理することが大切です。
    また、家庭では夫婦のコミュニケーションをとるように
    心がけてください。
    家族で食事に行ったり、近所のスーパーでもよいので夫婦で
    出かけたりすることも必要です。
    ボランティア活動に参加するのも良いでしょう。
    出典 :メンタルヘルス気になる用語集 » サンドイッチ症候群
     

    安心できる家庭が必要ですね!

  • 無理なことは無理と言える環境を作ることが肝心です。
    なんでも率直に話し合える上司部下関係を築き、お互いに
    主張しあえるようにすることが大切です。
    また、休日には仕事を離れて過ごし、趣味などで仕事を
    忘れリフレッシュするのもよいでしょう。
    そして、家庭が安らぎの場であるようにすることも必要です。
    出典 :サンドウィッチ症候群
     

    家庭で安心出来たら1番良いですね!

  •  

    家ではストレスなくゆっくりと

    過ごしたいですね!