「キレイな爪、伸ばしたい!」ついついクセになってしまう深爪の対処法

ついつい噛んでしまう、短く切っていないとスッキリしない・・・
切り過ぎには注意したいのが手足のツメです。そんな深爪の治し方についてまとめました。

view2733

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  •  

    きれいに手入れされた手指やネイルは、女性の憧れですね。

  • クセを直す事が大事!深爪が引き起こすさまざまな症状

  • 深爪や爪噛みがくせになると、どんどん深爪していってしまいます。
    深爪をすると爪の下の皮膚の柔らかい部分がむき出しになって触ると痛い思いをします。
    痛いのですがクセになってしまうとなかなか治せないものです。
    しかし、深爪はクセだからと放置していると、もっと痛い思いをしてしまうかもしれません。
    出典 :深爪ごときと甘く見ないで!怖い症状がたくさん -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  •  

    ついつい癖になって爪を噛んでしまう女性は多いもの。

  • 炎症・化膿・肉芽などができる

    爪の下には爪床というやわらかい部分があり、皮膚が薄くやわらかいので、雑菌が進入しやすく、化膿したり肉芽が形成されてしまうなどします。
    このようになると、自分で治すのは難しいので皮膚科で局所麻酔をして肉芽を処置してもらいます。
    出典 :深爪ごときと甘く見ないで!怖い症状がたくさん -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 巻き爪・陥入爪の原因になる

    巻き爪や陥入爪の原因は、深爪をしてしまった足できつい靴をはくことです。
    巻き爪や陥入爪は指の皮膚に食い込んで、炎症や化膿を引き起こします。
    炎症や化膿を引き起こし、ひどくなると肉芽に発展します。

    こちらも早急に皮膚科で処置をしてもらうようにしましょう。
    出典 :深爪ごときと甘く見ないで!怖い症状がたくさん -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 指の爪がなくなってしまう

    主に小指などで起こりやすいのですが、深爪がどんどん進んでいった結果、小さな小指の爪などはなくなってしまうことがあります。
    そうすると、足はバランスをとりにくくなり転倒の危険が高まったり、筋肉や骨格のバランスを崩して、膝や腰などに負担がかかったりすることがあります。

    このように様々な不調の原因になる可能性があるので、爪の切り方ひとつについても気をつけるようにする必要があります。

    深爪はただのクセなどと楽観視せずに、意識的に治していくようにしましょう。
    出典 :深爪ごときと甘く見ないで!怖い症状がたくさん -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 爪を噛む心理とは?
    爪を噛む癖が大人になっても治らない人は意外にも多いものです。

    ではそもそも何故、爪を噛む癖が付いてしまったのでしょうか?

    その心理には自分の気持ちをコントロールすることができないことで起こる自傷行為が考えられます。

    幼少のころに親からの愛情をもっと感じたいと思っていたり、かまってもらいたいという強い思いが、爪噛みという行動として現れたのです。

    それを親が注意してなおしてくれない場合や、親自身にも爪を噛む癖がある場合には、当然その子供も大人になっても爪噛みの癖が治りません。
    出典 :爪を噛む心理
  • 「マヴァラ」爪を噛んだりなめたりする癖を、苦味で抑制するコート剤。

     

    爪噛みを防ぐためのマニキュアも売られているようです。

  • 大人になっても爪を噛む癖が抜け切らない場合には、爪噛み専用のマニキュアのようなものがあります。

    これは、気付かないうちに爪をかんでしまうと、爪に付着した苦い成分が刺激して、癖になっている爪噛みを徐々になくしていくというものです。

    市販のもので2000円前後で購入でき、効果が出るのも早いため今人気となっています。

    大人の爪噛みは見た目にも幼稚で情けないですし、衛生的にもよくありません。

    また爪がボロボロになってしまうと、爪が持つ本来の役割も果たせなくなりますので、早めの対処が必要です。
    出典 :爪を噛む心理
  • ■深爪による巻き爪や陥入爪
    深爪などで爪がない部分が出来ると、歩行時に下からの力が強くかかるため、皮膚に盛り上がった部分が出来てしまいます。
    そのため爪がもぐっていき痛みの原因となってしまいます。
    深爪をすると伸びようとした爪が盛り上がっている爪にぶつかってしまい伸びることができないので、角が曲がってしまったり、皮膚の中に食い込んだりしてしまいます。
    巻き爪や陥入爪は痛みが出るためどうしても切りたくなってしまい、深爪を作ることが多くなります。
    するとますます状態が悪化し、悪循環に陥りやすくなります。
    出典 :巻き爪、陥入爪(かんにゅうそう)の治療法!深爪、フットケア、ワイヤー法、クリップ法、ガター法について
  • 爪の長さ:ポイントは「指と同じぐらいの長さ」

  • ■爪の整え方
     ・少し伸ばす
     ・皮膚と同じくらい~1ミリ以内
     ・先は真っ直ぐ平に
     ・角は少しだけ切る

    爪の長さは、指の先と同じくらいか、先端部分から1ミリ以内に伸ばした方が良いです。
    指先の皮膚が見えてしまうと切り過ぎです。 爪先は真っ直ぐ平で、角は少しだけ切ると良いです。
    出典 :巻き爪、陥入爪(かんにゅうそう)の治療法!深爪、フットケア、ワイヤー法、クリップ法、ガター法について
  • 足の深爪にオススメ「フットケア」

  • ■フットケア
    足をお湯に3分ほどつけます。
    お湯につけ爪を軟らかくすることで、切る時に割れてしまうのを防げます。
    石鹸をつけて、毛先のやわらかい歯ブラシで洗います。
    爪と皮膚の境目に溜まる角質や垢をしっかり洗い落とします。
    角質が溜まると雑菌が増え、角質がかたくなって痛みの原因ともなります。
    石鹸を流したら爪の周り、指の間についている水滴をしっかり拭き取ります。
    爪切りは刃先が真っ直ぐなものを使います。
    仕上げは爪用ヤスリでひっかかりにくくします。
    爪は少しずつ切っていきます。
    形は先端が平で、真っ直ぐになるように切っていきます。
    角の切り過ぎに注意しまし、整える程度にします。
    切った後はヤスリを使って形を整えます。
    ヤスリは一方向だけに動かします。
    爪の中心に向かって丁寧にかけていきます。
    縦に動かすときは、手前側から奥に向かって動かします。
    爪を整えた後の保湿も大切になります。
    保湿の入ったクリームを皮膚だけではなく爪にも擦り込むように塗ります。
    ブラシで洗うのは一週間に一度くらいで、保湿は毎日行った方が良いです。
    出典 :巻き爪、陥入爪(かんにゅうそう)の治療法!深爪、フットケア、ワイヤー法、クリップ法、ガター法について
  •  

    爪用ヤスリで仕上げましょう

  • 痛い巻き爪を治したい。予防 治療 改善法 深爪
    【深爪】

    巻き爪の原因に深爪がある事はこれまた以外な感じがしますね。
    巻き爪になってしまうと、なんとなくしっかり爪を切りたくなり、ついつい深爪にしてしまう人は多くいるようです。


    では、なぜ深爪がいけないのでしょうか?


    それは、深く爪を切る事により、指の先端部分の皮膚や肉が見えてしまうようになり、爪の先端と接触した皮膚や肉が爪の正常な成長を妨げてしまうからなのです。
    爪は常に成長しようとしますから、行き場を失った爪は変形し指の肉に食い込むように伸びていくくという訳です。

    爪を切るときには白い部分に沿って切るのではなく、指の先端に沿ってそるように意識しましょう。

    また、当然赤ちゃんや小さなお子様にもこれは当てはまります。
    親としてはなるべく清潔にとおもい、爪を短く切ってしまいがちですが、巻き爪の原因となりますので深爪には十分に気をつけてあげましょう。
    出典 :深爪 巻き爪 予防
  • 爪に良い食べ物を積極的に摂りましょう

  •  

    良質なタンパク質を採って、爪の健康を保ちましょう

  • 短い爪でもオシャレは楽しめる!

     

    長さはなくても、きれいに整えられた爪は好感度大ですよね。
    しっかりとケアして、健康的な爪を取り戻しましょう!