良質な睡眠は体にいい。睡眠で得られる効果

睡眠は体にいい、ってよく聞くけど、実際、どのような効果があるのでしょうか。良質な睡眠が人体に及ぼす効果についてまとめました。

view361

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 美肌は眠っている間に作られます。

    質のよい睡眠をとっていれば、寝ている間にホルモンが分泌され
    肌を再生します。
    熟睡して快眠できれば、目覚めもスッキリし睡眠の質も上がるでしょう。
    出典 :美肌は睡眠から ~ 体の中から美肌づくり~ 【美容Life】
     

    美肌は良質な睡眠からつくられます。

  • 生活習慣の改善の大きな柱のひとつに「睡眠」があります。
    いかなる美容法も健康法も、睡眠なくしてはなりたちません。
    肌に限らず、全身の美容と健康を保つためには、何よりも寝なくてはいけないのです。
    出典 :効果的に体の調子を整えるための睡眠法 | 美肌マニアの美容情報
     

    睡眠の美容効果は絶大です。

  • 目を閉じて横になるだけでも睡眠と一定の効果を得ることがわかりました。

    脳波測定を行うと、一般には目を閉じるだけでα波に切り替わることがわかっていますつまり、確実に休息はとれているのです。

    また、横になるだけで心臓の循環動態は、活動モードからお休みモードに切り替わってくれます。そのまま目を閉じて横になっていることをおすすめします。

    出典 :http://stress-labo.com/suimin_yoko.htm
     

    寝付きが悪いという人は、目を閉じて横になるだけでもよいそうですよ。

  • マッサージされると、気持ちよくなって自然と眠たくなるように、
    体をゆるめると、寝つきもよくなり、眠りも深くなります。
    栄養や酸素や体温が全身にいきわたり、老廃物や疲労物質も排出されるので、
    新陳代謝も疲労回復も促進。軽やかで心地よい体にもどっていきます。

    出典 :昼寝の効果は夜の3倍 - 【睡眠で疲労回復】
     

    マッサージなどをして、心地より眠りを行うことで、疲労回復効果も促進されるみたいですね。

  • 15分、30分の昼寝でも効果は大!疲れも頭もスッキリ!

     

    お昼ごはんを食べた後は眠たくなりがち。そのままウトウト昼寝をするのは本当に気持ちがいいものです。この昼寝、夜の睡眠の3倍もの効果があると言われています。

  • 成長ホルモンの分泌

     

    睡眠中には、この時にしか分泌されない「成長ホルモン」 などが分泌されます。成長ホルモンは、子供の時には、主に骨や筋肉などの発育に必要な役割があります。「寝る子は育つ」ということわざは、科学的な根拠があるのです。
    大人になってからは、体の機能修復に大きな影響を及ぼします。成長ホルモンが新しい細胞を作って、皮膚を活き活きとさせるのです。

  • 交感神経 (一生懸命に何かをしているときに働く神経で、脳に血液をたくさん送り込む役割がある)、および副交感神経 (リラックスしているときに働く神経で、緊張状態からのんびり状態に体を切り替える役割がある)からなる自律神経に休息を与え、調子を整えます。

    出典 :睡眠の効果,意義,目的
     

    睡眠することで自律神経を休めてくれます。

  • 筋肉を弛緩させることで休息を与えるとともに、疲労物質である乳酸(解糖の最終生成物であり、筋肉中に蓄積されると疲労の原因となる)を処理します。
    身体の疲れをとるには、睡眠が一番です。

    出典 :睡眠の効果,意義,目的
     

    睡眠は脳の疲れだけではなく、身体の疲れもとってくれるのです。

  • 人間の脳や体は昼間でも午前10時、正午、午後3時ごろを中心に機能が落ちます。専門家はこうしたリズムの谷間に短時間眠ることで、「体のエネルギー、脳機能の賦活に想像以上の効果がある」と言っています。

    出典 :睡眠の効果
     

    ちょっとした昼寝はオススメですよ。

  • 睡眠時に骨髄では白血球、赤血球、リンパ液などが生産され、血行が促進され、体が持つ病気や病原体への抵抗力や免疫力を高める働きもあります。
    睡眠中に分泌される成長ホルモンには、体組織の修復・再生、代謝を行う働きがあり、古くなったり傷ついた細胞などを直してくれます。
    また、眠ることで全身に血液を送るポンプであり、常に動き続けている心臓の負担を下げ、心臓を休ませることもできます。
    よく眠ることで、新しい血液を作り、代謝を促す成長ホルモンが分泌され、心臓も休ませることが出来るため、様々な病気の予防になります。

    出典 :睡眠の効果と必要性
     

    病気の予防は良質な睡眠からはじまります。

  • 睡眠中は成長ホルモンが分泌される貴重な時間です。
    成長ホルモンは、入眠後に現れるノンレム睡眠時に特に多く分泌されます。
    成長期など、体が大きくなる時期には睡眠をよく取り、成長ホルモンを沢山分泌させることが成長の秘訣です。
    また、成長ホルモンには、大人にとっても重要で、古くなった肌や怪我、その他体組織の修復・再生、脂肪を燃焼させる働きなどがあるため、質の良い睡眠を取ることで、若さを維持する事、老化の防止にも役立ちます。
    出典 :睡眠の効果と必要性
     

    睡眠はアンチエイジングにもつながります。

  • ストレスを感じる状態は、脳がつかれている状態であるとも言えます。
    「嫌なことも寝たら忘れた」と言う人がいるように、睡眠を取ることで、疲れた脳を休ませることができるため、睡眠は非常に効果的なストレス解消法です。
    出典 :睡眠の効果と必要性
     

    睡眠は簡単に行えるストレス解消方法だったのですね。

  • 肉体労働などで体を酷使していないデスクワークの人でも、人の脳は常に活発に活動していて、沢山のエネルギーを消耗しており、その疲れを取るために睡眠が必要です。
    脳の疲れを取るには、体のそれよりも数倍の睡眠が必要だとも言われている程です。
    出典 :睡眠の効果と必要性
     

    ちゃんと脳を休ませてあげる必要があるんです。

  • レム睡眠は、嫌な出来事の記憶を薄める働きもしてくれます。
    一晩寝ると、昨日の嫌な出来事の記憶が和らいだと感じるのは、そのためです。

    また睡眠時に夢を見ることによって、現実生活とは別の体験ができます。
    そのことによって、現実と現実の間にワンクッションを置くことになり、うつ病の予防になると考えられます。
    出典 :睡眠と夢の不思議 | 睡眠の方法・研究所
     

    嫌な事があったときこそ、ちゃんと眠る訓練をしましょう。

  • 脳が休まる睡眠中に夢をみることによって、はじめて大脳にインプットされた、さまざまな情報を整理できるのです。これは学校や資格試験で勉強したことを整理するのはもちろん、昼間に経験した出来事も整理します。一晩寝ると、前日は混乱して理解できなかった難しいことが、解きほぐされて理解できたというこはありませんか?これはレム睡眠時に、記憶が整理されたからです
    出典 :睡眠と夢の不思議 | 睡眠の方法・研究所
     

    試験前は、ちゃんと寝た方が、勉強した内容が整理されますよ。