【腰痛もち必見!】腰痛・ぎっくり腰の治療最前線

腰痛・ぎっくり腰でお悩みの方!最新の腰痛・ぎっくり腰の治療方法をご紹介します。

view471

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腰痛・ぎっくり腰の治療方法

  • 一般的な腰痛の処置は次のようなものがあります。

    マッサージ
    冷却療法
    (アイシング)
    温熱療法
    (ホットパック)
    ストレッチ
    運動療法
    鍼・灸
    電気治療
    超音波治療
    牽引療法
    注射(神経ブロック等)
    安静
    手術
    出典 :【腰痛】腰痛のとき~温める?冷やす?~腰痛治療のナゾ【布団】
  • ぎっくり腰の治療法

    楽な姿勢で寝る
    動けないほどのぎっくり腰では、無理をせずに、楽な姿勢で横になりましょう。 腰をギクっと痛めたとして、下肢にも症状が出たり、楽になる姿勢が無く、ずっと痛んだままである場合、発熱、発汗(冷汗)がある場合などは、早めに整形外科やかかりつけ医を受診しましょう。

    筋・骨格系に関わる痛みであれば、2~3日もすると自然と症状が和らぎ、動くことが出来るようになります。(ただし、無理をしなかった場合)

    ぎっくり腰になってしまったら、2日間くらいは、なるべく安静にして過ごしましょう。寝る姿勢は、横向きで膝の間に枕をはさんだり、仰向けで膝を立てたり、といった自分の楽な体勢になりましょう。

    痛めて2~3日は、痛めた部位は温めない方が無難です。1日数回、10分間アイスパックなどで冷やして対処します。どうしても動かなくてはならない場合は、腰痛ベルトやさらしを巻いて、腰部を安定させると、楽になる場合があります。

    少し動くことが出来るようになったら、急性腰痛症を扱っている鍼灸、カイロプラクティックなどの代替医療を受診すると、回復が早まる可能性があります。
    出典 :ぎっくり腰の原因・症状・治療法 [ぎっくり腰] All About
  • どちらの場合も、まずは安静にすることが大切なようです。

  • 腰痛とぎっくり腰の違い

  • ぎっくり腰でこられた方の背中を触ってみると、慢性的な腰痛のない方の場合、 バランスの崩れのようなものがあっても、患部の筋肉にそれほど問題を感じません。

    それよりも、痛みを感じていない部分の筋肉に強い緊張のある 場合が多いように思われます。

    ― 中略 ―

    重度の腰痛をお持ちの方の腰痛の筋肉を触ってみると、 何とも言い難い違和感を感じることがよくあります。

    例えば、筋肉を押したときに弾力がなく「グズグズ」「グジュグジュ」 したような感触だったり、逆に触っても柔らかいはずの部位に ピンとはった糸のように細くて硬い筋繊維があったりといった 感触です。

    これは特定の部位に長期間負担がかかることで出現する、組織の 変化です。
    出典 :ぎっくり腰と慢性腰痛の違い
  • ぎっくり腰は突発的なもの・腰痛は慢性的なものということなのでしょう。

  • ぎっくり腰の主な症状

  • 痛みが始まった時がはっきりしている。
    激痛とともに腰が抜けるような感じがする。
    動こうとしても動くことができない状態である。
    寝返りをうつこともできない。
    咳やくしゃみをすると激痛が走る。
    足に神経痛のような痛みやしびれはない。
    出典 :ぎっくり腰の症状と他の腰痛の違い【Re:ぎっくり腰になったら】
  • ということは、これら以外の症状があるものは、ぎっくり腰以外の腰痛であるといえますね。

  • 症状別・腰痛の解消方法

  • ぎっくり腰の治療動画

  • 整体や整骨院へ行ったことがない人は、どんな治療を受けるのか?不安を抱えているかも知れませんので、実際にどういう治療をしてるのか?こちらの動画を見て参考にしてください。

  • 手技療法によるぎっくり腰の調整 ( 治療 ) - YouTube

  • ぎっくり腰の即効治療 - YouTube