【妊活】 女性のみなさん! 【子宮大事にしていますか】 

子供を産む回数が減った今、昔に比べると生理の回数が大幅に増えているそう!その分、子宮にかかる負担も増加。あなたはきちんと子宮のケアできていますか?

view1004

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 現代女性は子宮に負担をかけすぎていた!

  • 女性が一生に経験する生理の回数は、およそ400回から500回ほど。昔の女性は子どもをたくさん産んでいたので、現代女性の生理の回数は昔の女性の10倍とも言われています。つまり今の私たちの子宮は、その分だけたくさん酷使されていて、トラブルになることも多いのです。
    出典 :現代女性は昔の10倍も酷使!子宮を悲しませるNG生活習慣5つ | 美レンジャー
  • 子宮の冷えは良くない!

  • 「今“子宮が冷えている”若い女性が増えています。ところが、ほとんどの人が自分では気づいていません」(助産師・浅井貴子さん)
    お尻を触ってみて、自分の手のほうが温かく感じたら、子宮が冷えているサイン。
    出典 :アラサー女子の“ひんやり子宮”を救え! - LIFESTYLE - X BRAND
  • みなさん、お尻触ってみていかがですか?冷たかったら要注意!!

  • ◎婦人科系の病気にかかりやすくなってしまう!

  • 筋肉不足や、血行不良、食生活の乱れなど、様々な原因で子宮は冷えがち。
    「子宮の冷えは、重い生理痛や生理不順の原因にも。冷えを放置しておくと、婦人科系の病気にかかりやすくなる危険もあります」
    出典 :アラサー女子の“ひんやり子宮”を救え! - LIFESTYLE - X BRAND
  • ◎「妊活」にも影響が!

  • 子宮が冷えているのは、子宮が活発に働いていないということ。
    「冷えた状態の子宮だと、将来子供を産みたくても、授かりにくくなる可能性もある。今からでも子宮を温める習慣をつけることが、健やかに保つ方法です」
    出典 :アラサー女子の“ひんやり子宮”を救え! - LIFESTYLE - X BRAND
  • さらに子宮に負担をかけてしまう悪習慣

  • 1:冷たいものと甘いものが好き

     

    子宮が元気でいるためには、身体の血液がサラサラでよく流れていることが重要。だから冷たい飲み物をいつも飲んでいると、身体を冷やしてしまいます。東洋医学では白い砂糖は身体を冷やす食物と言われていますから、甘いものをたくさん摂っていることも子宮にはよくありません。
    出典:http://www.biranger.jp/archives/82370

  • 2:スキニージーンズをよく履く

     

    ウエストや腰回り、下半身を締め付ける、スキニージーンズなどの洋服は血行が悪くなり、子宮が冷えてくる原因となります。窮屈な洋服は、あまり長時間着ないことをおすすめします。
    出典:http://www.biranger.jp/archives/82370

  • 3:座り仕事で足をいつも組んでいる

     

    デスクワークで一日中座っている人は、血の流れがやはり滞ってしまいがち。また座っているときに足をよく組んでいる人は、骨盤がゆがんでしまうので、これもよくありません。
    出典:http://www.biranger.jp/archives/82370

  • 4:シャワー派で湯船に浸からない

     

    ゆっくり湯船で身体を温めれば、血液の流れを促し、子宮自体もやさしく温めることができます。毎日シャワーで済ませてしまう人は、週に何回かでも湯船に浸かる習慣をつけるようにしましょう。
    出典:http://www.biranger.jp/archives/82370

  • 5:ストレスをいつも抱えている

     

    精神的なストレスは子宮に限らず身体にも、知らず知らずのうちに影響を及ぼします。心にゆとりのある生活が大切です。
    出典:http://www.biranger.jp/archives/82370