眠くなる病気「睡眠不足症候群」って何?

最近、若い女性にも増えているという「睡眠不足症候群」。実は自分では気づいていないというケースも多いそうです。

view413

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠不足症候群。これは、慢性的に睡眠が不足していて、日中に強い眠気に襲われる、という悩みを持っている方のこと。 常に睡眠不足であるため、脳の働きが低下し、強い疲労感や倦怠感、無気力、意欲低下などの症状を訴える人が多いようです。 また、落ち着きがなくなり、注意力もなくなり、仕事や集団生活等に支障をきたすことも少なくありません。 睡眠不足の状態が長く続くと、精神的にも不安を強く感じるようになり、うつになることもありますので注意が必要です。
    出典 :http://www.goodchoicesg.com/blog/cat59/179.php睡眠不足症候群 治療について - 不眠症解消にセロトニン対策サプリメント-GoodChoice
     

    実は、あなたも睡眠不足症候群かもしれません。

  • ++睡眠不足症候群チェック++
    ・昼間に強い眠気がある。
    ・朝から眠気を感じる。
    ・集中力ややる気が起こらない。
    ・疲労感がある。
    ・6時間以上の睡眠時間をとっている。
    ・寝だめをしても、すっきりしない。
    出典 :++生活習慣病++ MemoBlog 睡眠不足症候群
     

    あてはまりますか?

  • 「睡眠不足症候群」とは、慢性的な睡眠不足によって、日中、強い眠気に襲われる病のこと。
    しかも、眠いという意外に、これといった症状がないうえに、病気だとは思わないことから、この病気であっても自覚がないことも多いのです。

    出典 :++生活習慣病++ MemoBlog 睡眠不足症候群
     

    日中、強い眠気に襲われることはありませんか。

  • 午前中は気力で覚醒状態を保つことができるのに、午後になると気力でも集中力を持たせることができない、とい人は睡眠不足症候群の可能性が高いかもしれません。
    夜間に眠る時間を延ばすことが難しいという人は、日中のスケジュールを工夫して仮眠を取るのがポイントです。
    特に眠くなる時間帯に15分程度の仮眠を1~数回とります。短い時間でもしっかり眠ることができれば効果的です。
    また、夜型の生活習慣が長く深夜にならないと眠れない場合には、専門医と相談して睡眠導入剤などを使った治療を行う事もあります。

    出典 :【睡眠不足症候群】 - プラス睡眠障害
     

    短時間の仮眠でも有効です。

  • 休日になれば朝の起床時間を遅らせることができるため、溜まってしまった眠る時間の負債が解消されて体調や精神的な状態が良くなり、集中力や気力なども充実します。
    そのため、休日が定期的に取れる生活パターンの人は、夜型や睡眠不足傾向の生活リズムでもこの症状が現れにくくなります。
    また、長時間の眠ることが必要な体質の人の場合は、他の人から見れば十分眠っているはずだと思われていても、本人にとっては足りていないことも多いんです。
    そのため、仕事や勉強に対してはやる気がないために眠くなるのだと勘違いしてしまう事も多いようです。

    出典 :【睡眠不足症候群】 - プラス睡眠障害
     

    最適な睡眠時間は人によって異なります。自分の最適睡眠時間を知りましょう。

  • 眠る時間が足りていない状態が長期間続く「睡眠負債」状態になると、気が付かないうちに立ったまま居眠りをしていたり頭痛や肩こりといった症状に悩まされる様になります。また、こういった症状から、イライラしたり仕事をこなせなくなるなどのストレスが溜まり、思い悩んでしまうケースも増えています。
    特に、自分ではショートスリーパーだと思って眠る時間を設定している人や、夜型の生活パターンになっている人は睡眠障害であることに気がつきにくく、症状が知らないうちに進行してしまいます。

    出典 :【睡眠不足症候群】 - プラス睡眠障害
     

    立ったまま居眠りするほどだと、病院で診てもらう事をおすすめします。

  • 実際は自分に必要な睡眠時間をしっかり確保できていない状態になっているのに、自分では眠っている時間が不足していることを自覚できず慢性化してしまうとい疾患です。
    ただの”睡眠不足”ではなく、頭痛・肩こりなどの身体障害や精神的な影響が起こるのが特徴の疾患です。
    国際基準では、「正常な覚醒状態を維持するために必要な、夜間の眠りを常に取れていないことで様々な症状が起こる睡眠障害」とされています。

    出典 :【睡眠不足症候群】 - プラス睡眠障害
     

    睡眠障害から他の障害を併発するし、その逆もあります。

  • 日中の眠気により目覚めていられないと訴える患者さんの中には、睡眠時無呼吸症候群などの病気が原因ではなく、日常生活で慢性の睡眠不足となっているために過眠が出現していることがあります。
     睡眠不足症候群の人の普段の生活を調べてみると、平日は3~4時間しか眠らない生活をしています。この分、週末は10~12時間も眠っている人がほとんどです。このような生活を続けていれば睡眠不足になって当たり前なのですが、不思議なことに、睡眠不足であることをご本人が自覚していないことがほとんどです。真面目で融通の利かない人が多く、仕事が一段落するまでは遅くまで一人で仕事をしたり、帰宅後も家事が一通り済まないと床に入らないため、睡眠時間が犠牲になっているようです。

    出典 :睡眠障害-休養・心の健康づくり-"睡眠不足症候群"|e-ヘルスネット[情報提供]
  • 睡眠不足は「肥満」を招くことが、研究で既に明らかに!コロムビア大学による疫学調査では、睡眠4時間以下の人は7~9時間の人に比べ73%肥満率が高く、睡眠5 時間でも50%高かったのです。また、別の調査では5時間睡眠だと食欲高進ホルモンの分泌はアップ、食欲抑制ホルモンは減少することが判明。慢性的な睡眠不足を招く「夜型生活」は、朝食抜き+運動不足→夕食ドカ食い→夜食という「食の悪循環」をもたらすことも、肥満要因のひとつだそう。思い当たること、ありませんか!?
    出典 :若い女性に急増中!睡眠不足症候群を徹底解剖。 - BODY CARE - X BRAND
     

    痩せたいなら眠りましょう。

  • 睡眠は疲れた脳や体を休息させ、その間に必要な心身の補修を行い、翌日の活動の力を準備する役割があります。「それは、脳や体を効果的に休息させる仕組み。自分にとって必要なだけの睡眠が確保できなければ、脳も体も活動レベルは低下、つまりもっているはずの能力も魅力も発揮できなくなります」(白川先生)肌あれ・ニキビ・化粧ノリが悪いなどはもちろん、毎日イライラ、うつ傾向にもなりやすく、事故や、周囲とトラブルを起こすリスクも高くなります。
    出典 :若い女性に急増中!睡眠不足症候群を徹底解剖。 - BODY CARE - X BRAND
  • 「睡眠不足はもはや国民病です!」と話すのは、国立精神・神経センター精神保健研究所老人精神保健研究室長・白川修一郎先生。睡眠学研究の第一人者です。「心身の健康を保つ基本は食事・運動・睡眠の3つ。ところが、睡眠がすっぽり抜け落ちている人がほとんど」(白川先生)アメリカ及び日本における大規模調査などでも、成人の最適睡眠時間は「7時間」であることが明らかになっています。「ところが、学生や社会人を対象に調査をすると、7時間どころか、6時間以下しか眠っていない人が半数を超える場合がほとんどです」(白川先生)
    出典 :若い女性に急増中!睡眠不足症候群を徹底解剖。 - BODY CARE - X BRAND
  • 日中ぼんやり、仕事中に居眠り、電車で爆睡、……キレイになるどころか、心も体も危ない。

    「私は短時間睡眠で大丈夫」と思っているあなた。日中、眠気に襲われたり、休日に“爆睡”したりしていませんか。イライラ・だるさ、頭痛・動悸などがありませんか……? 短時間睡眠+こうした心身の不調が続いているのなら、それは「睡眠不足症候群」という病気かもしれません。
    出典 :若い女性に急増中!睡眠不足症候群を徹底解剖。 - BODY CARE - X BRAND
     

    若い女性にも増えているそうですよ。

  • 睡眠不足症候群の治療で最も大切なことは、睡眠不足であることを本人が理解することです。そうでなければ、いつまでも良くなりません。まず、睡眠日誌をつけてみて、自分の睡眠習慣を確認することから始まります。

    また、毎日8時間以上の睡眠が必要な長時間睡眠傾向者では、必要な睡眠時間は人それぞれで違うことや、体質的に睡眠不足になりやすいことをよく理解して、必要な睡眠時間を確保する工夫が必要になります。

    出典 :カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト
     

    自覚することが大切です。

  • 次にあげる3つのタイプの人が、睡眠不足症候群になりやすいといわれています。

    1. 多忙タイプ 仕事や勉強のために睡眠時間を削らざるを得ない人、たとえば働き盛りの労働者や受験生に多く見られます。最近では、子どもを育てながら外で働いている既婚女性にも増えてきました。性格的には、完ぺき主義や几帳面といったことの影響もあるようです。

    2. 夜更かしタイプ 夜更かしをして眠ろうとしない人たち。このタイプはさらに、「睡眠時間=無駄な時間」と思っていて、テレビやインターネット、メール、ゲームなどをするために睡眠時間を削る「睡眠時間節約派」と、家族が起きているからなんとなく眠らないという「覚醒時間浪費派」に分かれます。

    3. 長時間睡眠タイプ
    1日の睡眠時間が10時間以上必要な「長時間睡眠者」や、日常的に必要な睡眠時間が8~10時間の「長時間睡眠傾向者」は、日本での平均睡眠時間である7時間20分眠っても睡眠不足となります。

    出典 :睡眠不足に本人が気付かない! 睡眠不足症候群 [不眠・睡眠障害] All About
  • 睡眠不足症候群の症状

     

    睡眠不足症候群というのは、慢性的に睡眠が不足しているのに、そのことに本人が気づかず、およそ3か月以上も深刻な眠気に悩んでいる状態。

    日本では、慢性的に日中の強い眠気を訴えて医療機関を受診する人のうち、7%がこの病気と診断されています。しかし、本当の患者さんはこの数倍いるのではないかと考えられています。

  •  

    特に若い人が問題となりますが、不規則な生活で就寝時間が遅くなり睡眠不足に陥っているケースです。夜遊び、ゲーム、インターネット、携帯メールなどで深夜2時3時まで起きており、日中に過度の眠気、やる気のなさ、活動性の低下、いらいら感が出現している若者が確実に増加しています。

    このような場合は、自らの意思で睡眠不足に陥っているのですから、規則正しい生活をさせるように指導することが最も重要となります。夜間のネオン、ゲームの映像、携帯画面は強い光を発しており、否応なしに目に入ります。これが睡眠障害の原因にもなります。

  • 平均的な睡眠時間(7時間から8時間)を必要とする多くの人々では、忙しい日常の中で慢性的な睡眠不足状態に陥りやすいものです。さらには、1日の睡眠時間を10時間以上必要とするロングスリーパーの場合、一般的な生活、すなわち1日の平均睡眠時間を7時間から8時間確保していても慢性的な睡眠不足状態となり、睡眠不足症候群になる危険性が高くなります。
    出典 :過眠症ランド - 眠くなる病気 - 睡眠不足症候群
  • ●睡眠不足症候群●


    近年、社会構造や環境の複雑化とともに、慢性的な睡眠不足に陥り、日中の眠気、集中力の低下、意欲の低下、いらいら感などを呈する人が増えています。


    例えば、会社での業務が日常的に忙しく、十分な睡眠時間を確保することが物理的に困難な場合、慢性的な睡眠不足状態になります。このような日常生活を続けることによって、日中の過度の眠気に毎日悩まされるようになると睡眠不足症候群と呼ばれる睡眠障害が疑われます。睡眠不足症候群では、休日など仕事から解放される日の睡眠時間が長くなるという特徴があります。また、日中の眠気だけではなく、随伴症状として、集中力の低下、注意散漫、活力の減退、いらいら感などが出現しやすいため、ケアレスミスや事故を引き起こす危険性が高くなります。
    出典 :過眠症ランド - 眠くなる病気 - 睡眠不足症候群