知ってた?医療レーザー脱毛とエステのレーザー脱毛。

レーザー脱毛といえばエステサロンのイメージはありませんか?
実はレーザー脱毛は医療行為で、エステでのレーザー脱毛は医療での高性能レーザー脱毛と異なるんです。

view520

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは脱毛するレーザーってどんなの使うの?

  • まず医療の脱毛レーザーとエステの脱毛レーザーは違いとは?

  • 医療レーザー脱毛機の色々。

  • ダイオードーレーザー、アレキサンドライトレーザー、(ロングパルス)YAGレーザーに別れます。王道の医療レーザー脱毛機がこの3つです。

    まずクリニックによって、置いてある機械が違います。

    ダイオードーレーザーしか置いていないクリニックもあれば、アレキサンドライトレーザーしか置いていないクリニックもあります。
    出典 :王道の医療レーザー脱毛機ダイオードーレーザー、アレキサンドライトレーザー、(ロングパルス)YAGレーザー|もう失敗しない!脱毛エステの選び方
  • ダイオードレーザー脱毛機

     

    1.表皮のメラニンへの吸収という点では、ダイオードレーザーの方が日焼けした肌や色素沈着の多い肌に対してもより広く適応できると言われる

    2.皮膚に直接装置を押し付けることでレーザー照射と同時に冷却するという方式を採っている

    3.日本人の肌質や毛質に適しており安全で高い脱毛効果を得ることができる

  • アレキサンドライトレーザー

     

    1.医療レーザーと一緒に空冷ガスを発射することで、皮膚を冷却する方式を採っているため、 冷却ジェルを塗る必要が無い

    2.脱毛後は毛穴がきゅっと引き締まり、素肌がつるつるすべすべになる

    3.ダイレクトに毛根部が反応するため、うぶげのような細い毛に照射した場合にも脱毛される
    また、シミ(老人性色素斑、老斑)、雀卵斑(そばかす)"、"ニキビ"、"毛穴" の処置にも使われている

  • (ロングパルス)YAGレーザー

     

    皮下浸透力は最も深く(4~5mm)、さらに表皮ダメージは最も低いため脱毛に最適かつ理想的な光線。

  • エステレーザー脱毛機。

  • 光・フラッシュ・IPL脱毛

     

    エステで使用するレーザーはレーザーというよりは光照射。

    この光は成長期の毛の毛根にあるメラニン色素に反応します。
    照射時は軽い痛みを伴います。

    メラニン色素が強く反応する太い毛はとくにビリっとした痛みを感じます。ひざ下、ひじ下の毛はほとんど痛みを感じませんが、わきの下、ビキニラインの毛は太くメラニン色素が強く反応するので痛みは他の箇所と比べ多少強くなります。

    毛根が熱を発し、毛乳頭、毛母細胞がタンパク質が変性を起こします。

    毛根にダメージを受けます。
    ダメージを受けた毛根は再生できなくなり、自然と抜け落ちます。

  • 病院で利用されているレーザーは脱毛のみに利用する機械ではありません。
    潰瘍や皮膚組織の色素沈着、アザ治療、花粉症、ケロイドを取る為にも使われています。
    高反応のレーザーは潰瘍を取り除いたり、皮膚組織を焼く事に使われ、低反応のレーザーは筋肉の緊張や血行改善などスポーツ医療の分野で利用されています。
    医療で使えるレーザーには様々な種類があり、エステで利用されているレーザーは弱い光を照射しているに過ぎず、毛を抜けやすくする補助的なものが多いようです。
    元々医療の現場で使われているレーザーは色素沈着や潰瘍などを取り除く医療でしたが、レーザーを利用する事で脱毛にも効果的だという事が広まり美容の面でも利用されるようになりました
    出典 :医療レーザー脱毛とエステの脱毛の違い - 医療レーザーで永久脱毛!
  • どれ位持つ!?

  • 医療レーザ脱毛

     

    短時間で安全・確実にほぼ永久的な脱毛が可能。

  • エステの光照射脱毛(フラッシュ脱毛/IPL脱毛)

     

    光脱毛は熱で毛根にダメージを与えるため、一瞬痛みを感じます。この時、肌が乾燥していると痛みを感じやすく、やけどしてしまう危険性も高まります。そのため、脱毛する前に保湿したり、ジェルで冷却したりといった準備が必要になります。

    大体10日~2週間程度でダメージを受けた毛根は再生できなくなり、手で引っ張るとスルリと抜け落ちます。

    ただし、医療レーザーと違い、2~3年保証を唱えており、永久的ではないです。

  • レーザー脱毛とは?

  • 原理 :黒色、または茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射することで、毛や毛根、周辺組織にダメージを与え、脱毛する[1][2]。また、毛のライフサイクルのうち、成長期に照射した分のみが永久的に脱毛されるといわれる。これは、毛根に対して十分な熱量が与えられるのがこの期間に限られるからである。 表層に出ている毛は15~20%程度であり、1回の処置では脱毛効果は体感しづらい。だいたい3回目くらいから、目に見えて毛が少なくなってきたことを実感できるようになる。中~長期的に考えれば、最低でも5回程度は照射しないと、大きな実感は得られにくい。

    照射回数 :毛周期にもよるが、適切な熱量・間隔で照射した場合、3回の照射で50%程度、5回の照射で70%程度、10回の照射で90%程度を脱毛できるといわれる(一回ごとに、80%程度の密度になるよう想定して照射していった場合、100% → 80% → 64% → 51% → 41% → 33% → 26% → 21% → 17% → 13% → 11%)。この事から考えても、全くの無毛にはならず、産毛は残ることになる。見た目に無毛に近い状態にしようと思えば、15回以上の照射が必要になる。 身体の場合には、2〜3ヶ月に1回のペースで5〜12回程度を目安に、照射していくことが望ましい。男性の顔ヒゲなどの場合には、少し短いサイクルで1ヶ月に一度、10〜12回程度の照射をすることが多い。

    照射周期 :毛周期のサイクルの下で脱毛する必要があり、また肌の回復を待つ必要があるため、身体の場合には2〜3ヶ月ごと、顔ヒゲの場合には1ヶ月ごとの周期でする必要がある。保湿を怠ったり、日焼けなどをしてしまった場合には、この限りではない。 予算や暇がない場合など、少ない脱毛回数で、より効果的に脱毛をしたい場合には、周期を長めにとることで、より多くの毛を脱毛することができる(身体なら4〜6ヶ月ごと、顔髭なら2〜3ヶ月ごとが目安)。 その他 10回以上の脱毛をしたとしても、新規の発毛に伴いポツポツとした「無駄毛」が生えてくることがある。これは新しい毛が作られたわけではなく、休眠していた毛が活動を開始したものであり、レーザー脱毛が不完全だったわけではない。無毛に近い状態を維持しようと思うなら、1〜2年に一度くらいのペースで、その都度レーザー脱毛をする必要がある。 稀にではあるが、レーザー脱毛をすることで刺激され、部分的に「太くなった毛」が生えてくる場合がある。その場合にも、レーザー脱毛を繰り返すことで、しだいに細い毛が揃うようになる。
    出典 :レーザー脱毛 - Wikipedia
  • メリットとデメリット