パパイヤ鈴木のダイエット方法!?

デブと公言していたパパイヤ鈴木が
激やせしたその方法とは!?
33㎏も減ったそうなのです!

view1335

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ウエストはマイナス25センチ!?

  • 雑誌の表紙などで紹介されているパパイヤ鈴木の写真は
    以前まで履いていたサイズのパンツをはいて
    披露している姿が確認できます!

  •  

    このような感じの写真の掲載があります!
    さてどのような方法を取ったのでしょうか!?

  • 食事制限と運動

  • こってりと山盛り料理が大好きなイメージのこの方は

    食事制限を行いました!

  •  

    野菜中心の食生活に切り替えたそうなのです!

    しかも1日2食と食事の量を減らし
    総カロリーを減らしました!

    夜6時半以降は食べないようにする工夫もされたそうです!

  • 6時半というのは早いですよね

    お腹が空いている時は運動をしていたそうです

    なぜ運動していたのかしらべると

  • 運動によって満腹中枢をコントロール

  • お腹が空いたと感じた時に

    運動をすると満腹中枢を抑える効果があったのです

    パパイヤ鈴木は何をしていたのか・・・

  •  

    ・ウォーキング
    ・サイクリング
    ・仕事のダンス
    この三種類のようです

  • 1時間程度のウォーキングやゆっくりのジョギングがいいようです。とはいえ、普段の生活でしっかり運動を続けるのはなかなか難しいことなので、日常生活の中で、できるだけ歩くことを増やしたりすることも大事でしょう。例えばランチ外食をする時、いつもより遠くのお店まで歩いていってみたり、なんてことも食前の運動になりますね。ちなみに以前、NHKの「ためしてガッテン」では、空腹感に襲われたら「その場ダッシュ」をするといい、ということが伝えられていました。
    出典 :空腹感に勝つには「動く」のがベスト! | ビーカイブ
  • この詳しい情報はなかったのですが・・・

  • 食後3時間が立って空腹感が生じると、血液中のブドウ糖の量は減少しています。そのときに身体に貯まった脂肪を利用して運動するようにすれば脂肪が減るのです。だから、適切な運動のタイミングとしては、空腹感を感じたときなのです。ちなみに、食後すぐの運動は血液中のブドウ糖をエネルギーとして利用してしまうので、内臓脂肪は使われません。空腹感が生じたタイミングで運動すれば、結果的に空腹感はそれほど強くならないので、食事をとる量も自然に減少していきます。
    出典 :空腹感に勝つには「動く」のがベスト! | ビーカイブ
  • ダイエットが難しいのは、お腹がすくからですよね。じゃあ、体に「お腹いっぱい!」と思わせれば、つまり満腹中枢を刺激すればいいってわけ。満腹中枢を刺激するポイントは、水分摂取、胃壁拡張、咀嚼回数、血糖上昇、交感神経刺激の5点です。
    出典 :満腹中枢5ポイント/ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット
  • どうもこの5点の刺激を行うとお腹が空いたという感覚が

    感じにくくなるようです

    交感神経を刺激していたようですね

  • 満腹中枢5つの刺激ポイント •水分摂取 ・・・・・食前にコップ一杯の水を飲む
    •胃壁拡張 ・・・・・低カロリーでカサのある食品を積極的に摂取する
    •咀嚼回数 ・・・・・一口30回を目安に咀嚼する
    •血糖上昇 ・・・・・ゆっくり食べて血糖値を上昇させる
    •交感神経 ・・・・・食前に軽運動、浅早呼吸、芳香刺激をおこなう
    出典 :満腹中枢5ポイント/ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット
  •  

    いかがでしたか、こんな方法でも痩せる事は
    出来るのです

    参考にして
    ダイエット生活を楽しみましょう!