目指せ「ツヤ肌」!超簡単な方法でゲットできるってホント?

乾燥するこの季節・・・肌がカサカサになるのは仕方ないって諦めてませんか?
そんなことではダメです!
女性ならどんな季節でもツヤツヤしたお肌でいなければ!

そこで、超簡単に「ツヤ肌」をゲットできる
身近な野菜についてまとめてみました♪

view648

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌にツヤをもたらす「カルテノイド」

  •  

    食べ物の好き嫌いがなくかつ野菜好きの女子は肌色が明るく艶やかですよね。海外の専門家の間ではそのような肌のツヤを「カルテノイドGLOW」と呼んでいるそう。寒さで顔がこわばり、くすんでしまう人は野菜不足かもしれません。

    引用)http://woman.excite.co.jp/News/beauty/20131118/Lbr_28914.html?_p=1

  • イギリスのセントアンドリュース大学のDavid Perrett博士らが2012年2月のAmerican Journal of Public Healthに発表した研究によると、たくさんの野菜や果物を摂取することで、数週間のうちに、肌のトーンが艶やかになることがわかりました。この研究は35人の学生を対象に6週間にわたって食事のようすを観察したもので、同時に肌の色の変化も観察しました。その結果、野菜や果物の消費が増えた参加者の肌の色は、金色に輝いて艶やかになり、野菜や果物をたくさん摂らなかった参加者の肌の色は艶がなくなっていることが明らかになりました。
    出典 :美肌の常識 | 肌の艶は野菜の消費量に比例する - 美容と健康のウソ?本当!
     

    カルテノイドGLOWのことでしょうか。野菜、果物の力が良く分かる実験ですね。

  • カロテノイドとは

  • カロテノイド(カロチノイド)は、植物、動物、微生物などが持つ黄色、赤色、紫色などの色素の総称。 抗酸化作用や抗ガン作用があるといわれ、病気になるとカロテノイドの血中濃度が下がることもわかってきた。種類によって、体内の特定の箇所に蓄えられ、細胞などを保護している。天然のカロテノイドには、βカロテン、αカロテン、リコペン、ルテイン、アスタキサンチンなど約600種類あるが、動物は体内で生成することはできず、野菜や果物などから摂取することが必要である。色素なので熟した物ほど含有量が高い。摂取して体内で働くまでに約10時間ほどかかるといわれている。カロテノイドは、いろいろな種類の野菜や果物などから1日計10ミリグラム摂ることが望ましいとされているが、目安としては、「健康日本21」(厚生労働省)が推奨している、1日350g以上(うち、緑黄色野菜を120g以上)の野菜を摂ることで補われるといわれている。野菜には、抗酸化力が強いビタミンCやEなども含まれており、カロテノイドと強調して作用を高め合う。
    出典 :カロテノイドってなに?
     

    体内で生成できないので、きちんと摂取しないといけないようですね。ビタミンCと一緒になると、効果がアップ!だそうです。

  • 美肌にカロテノイド

     

    カロテノイドとは、赤や橙色、黄色の色調を持つ脂溶性色素の総称で緑黄色野菜に多く、体内に取り入れられると、ビタミンAに変化します。なかでもベータカロテンは、肌や目を紫外線から守り、ビタミンAに変わってからは、皮膚の新陳代謝を促進する働きがあります。抗酸化作用も強いので細胞のがん化や心筋梗塞、脳卒中の予防効果が期待されます。

    引用)http://ameblo.jp/ise-nakano/entry-11602873330.html

  • 「カルテノイド」が豊富な食べ物

  • モロヘイヤ

     

    ベータカロテンのほか、ビタミンB群、C、ミネラルが豊富で、各栄養素の代謝効率を促すため、疲労回復に有効です。

    引用)http://ameblo.jp/ise-nakano/entry-11602873330.html

  • 春菊

     

    ベータカロテン、食物繊維、ビタミンCのほか独特の香りが自律神経に作用して、内臓の働きを高めるため、あらゆる肌荒れに効果があります。

    引用)http://ameblo.jp/ise-nakano/entry-11602873330.html

  • ブロッコリー

     

    ビタミン、ミネラルをバランスよく含み、特にビタミンCの含有量が高く、加熱しても100gで1日の所要量の半分が摂取でき、皮膚の健康保持にも役立ちます。

    引用)http://ameblo.jp/ise-nakano/entry-11602873330.html

  • 野菜以外からも!

  • アスタキサンチン

     

    アスタキサンチンは自然界に広く分布している天然の赤い色素で、サケやエビ、カニなどに多く含まれるカロテノイドの一種です。トマトのリコピンや人参のβ‐カロテンなどのカロテノイドは活性酸素を消去する「抗酸化作用」をもつ成分として最近注目されていますが、中でも他を抜きん出た強力なパワーをもつアスタキサンチンは今最も注目の成分なのです。動物はアスタキサンチンを自ら作り出すことはできません。第一生産者であるヘマトコッカスと呼ばれる海の藻類をオキアミなどの動物プランクトンが食べ、さらにエビ、カニ、魚類、というように食物連鎖によってさまざまな生物の体に取り込まれています。したがってアスタキサンチンは植物

    引用)http://info.fujifilm.co.jp/healthcare/astaxanthin/1-1.html