あま~~い「干し柿」に含まれる“美肌”効果がスゴイ!

干し柿って、何だか田舎のおやつって感じ~~・・・
これ!何をおっしゃいますか!
実はこの干し柿・・・すんごい美白パワーを秘めているんですよ♪

view5360

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ■渋柿から美肌スイーツに!

  • 柿には「渋柿」という筆のように先が尖った形の柿があります(別名:筆柿)。渋柿というと甘くなさそうなイメージがありますが、追熟すると甘くなります。冬にかけて軒先で天日干しにするのが慣わしでした。元祖ドライフルーツでもありますね。完全に乾燥させたものがお正月の鏡餅に使われる干し柿ですが、糖分が全体にまわった半熟状態のものも和菓子として楽しまれています。通常の柿よりも3倍以上甘くなり栄養価も増えるので、天然の美肌おやつになりますよ。
    出典 :食べて美白!天然美肌おやつ干し柿なら生の柿より抗酸化作用が5倍 | 「マイナビウーマン」
     

    半熟状態のが美味しいんです♪

  • 干すことで甘味が強くなる

     

    カキに含まれる渋味成分は、シブオールなどの水溶性タンニンの1種で、ポリフェノールの仲間です。干し柿は、渋柿を干すことでタンニンが水溶性から不溶性になり、渋く感じなくなるのですが、タンニンが消えたわけではありません。渋柿と干し柿のタンニンの量はほとんど同じです。また干し柿を蒸したしりして加熱すると、タンニンが水溶性となって溶け出し、渋く感じたりすることがあるそうです。また干すことで水分が抜けて糖度が高くなり、干し柿の甘味は、甘柿の約4倍にもなるのです。干し柿の表面にふいた白い粉は、糖が表面にしみ出たもので、たくさんふいているものほど甘いという目安になります。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/298706/

  • 「干し柿」の美容に良い栄養素!

  •  

    干し柿の主成分は、炭水化物です。干すため水分が抜けるので、高カロリー食品になります。また、食物繊維も豊富です。ミネラルも豊富に含まれており、特にマンガンやカリウムが多く含まれています。干し柿は通常の柿と比べてビタミンCが含まれておりません。というのも、干すことによってビタミンCが壊れてしまうからです。その代り、干すことによってβカロチンが増えます。タンニンも豊富に含まれているため、抗酸化作用も期待できそうです。

    引用)http://wadai123.com/archives/418

  • 「干し柿」の『β-カロテン』パワーが素晴らしい!

  • 干し柿には、甘柿の約3倍以上の‘β-カロテン’が含まれています。β-カロテンは、強い抗酸化作用で活性酸素を除去し、また必要に応じて体内でビタミンAに代わり、粘膜を強くする働きがあり体の抵抗力を高めて風邪予防に、また肌の乾燥を防ぐことにも役立ちます!

    出典 :美容効果抜群♪♪冬の定番‘干し柿’に注目してみましょう!|美肌に役立つ情報満載!無添加スキンケア【Dr.Makel】(ドクターメイクル)公式スタッフブログ♪
     

    干すとパワーアップ!女子にとって、抗酸化作用は何よりも大切なパワーです!

  • 便秘改善に役立つ『食物繊維』も豊富!

  •  

    水分が抜けることで重量あたりの食物繊維の含有率が高まります。また不溶性食物繊維は便秘予防・改善に役立ち、また水溶性食物繊維は、コレステロールを吸収して一緒に排出する働きなどがあります。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/298706/2/

  • 発がん抑制効果がある、抗酸化成分『クリプトキサンチン』も!

  • 和歌山大学教育学部の研究では、和歌山特産の平核無の自然乾燥10日目で、β-クリプトキサンチンが顕著に増加し、また他のカロテノイドであるβ-カロテンやゼアキサンチンなどとお互いに抗酸化作用を強めあっていることがわかったと報告しています。
    出典 :2/3 縁起物の干し柿で、お正月のトラブル解消 [食と健康] All About
     

    干すことによるパワーアップぶりがスゴイです!

  • 渋み成分の「タンニン」にも効果が!

     

    タンニンには、脂肪の燃焼を促進する効果があるようなんです。運動時にはタンニンを多く含む緑茶や煎茶で水分を摂取すると、脂肪が燃えやすくなるんだそうですね。また、タンニンが持つ抗酸化作用はアンチエイジングにも効果的。それにより美肌効果をはじめ、抗炎症・抗アレルギー作用を持つことから、アトピー性皮膚炎や花粉症などに症状も和らげてくれるようです。そうとわかれば、タンニンに注目せずにはいられません。

    引用)http://www.ijimesos.com/4.html

  • 渋み成分のタンニンは、干すと水溶性から不溶性になって“渋く”感じなくなるようですが、無くなったわけではないそうです。そのタンニンにも素晴らしい効果があるのですね!