インフルエンザが流行の兆し!!知っとくと安心!!治療薬のタミフルやリレンザの副作用まとめ!!

この冬もそろそろインフルエンザが流行する季節になってきました!!
気になる治療薬のタミフルやリレンザによる副作用についての情報をまとめてみました!!

view574

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インフルエンザになるとどんな症状が出てくるの???

  • インフルエンザになると色々な症状が出てきます!!

     

    高熱から始まることが多いようです!!

  • 「インフルエンザ」は、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。普通の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴。インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全になる場合もあります。
    出典 :インフルエンザ~症状と種類、予防まで~
  • インフルエンザの治療法とは???

  • インフルエンザウイルスの増殖を阻害するA、B型に共通な抗インフルエンザウイルス薬が開発され、吸入薬と経口薬、点滴、小児用のドライシロップが使用できます。
    A型にのみ効果がある抗ウイルス薬の経口薬もありいずれも健康保険が適応されます。一般の薬局や薬店では買えませんので医師に処方してもらいます。「インフルエンザかな?」と思ったら、早めに医師の診断を受けましょう。
    出典 :Q&A インフルエンザ治療薬について インフルエンザ情報サービス
  • 治療の目安は発症してから48時間以内と言われています!!

     

    48時間を過ぎるとクスリの効き目が薄れてしまうようです!!
    早目に受診するようにしましょう!!

  • 現在、インフルエンザの治療に使われている抗インフルエンザ薬は、インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬です。いったん体の中に入ったインフルエンザウイルスは猛烈な勢いで増え続けて、症状が出てから2~3日後(48~72時間後)に最も数が多くなります。ですから、ウイルスの量が最大になる前、つまり症状が出てから48時間以内に抗インフルエンザ薬を使って増殖を抑えれば、病気の期間を短くし、症状の悪化を防ぐことができる可能性があるというわけです。ウイルスの数が少ないほど効果が大きくなりますから、早めの治療ほど効果的です。
    出典 :Q&A インフルエンザ治療薬について インフルエンザ情報サービス
  • 主な治療薬はタミフルとリレンザです!!

  • タミフルとリレンザ

     

    「タミフル」や「リレンザ」は1日2回内服、もしくは吸入し、5日間の治療期間が必要です!!

  • 気になる副作用は???

  • タミフルの副作用!!

     

    10歳代への投与をする場合は注意が必要です!!
    因果関係についてはまだ不明です!!

  • 10歳以上の未成年の患者さんにおいては、関連は不明であるものの、この薬の使用後に異常行動を発現し、転落などの事故に至った例が報告されています。小児・未成年の患者さんについては、万が一の事故を防止するために以下の点に注意してください。
    -この薬による治療が開始された後は、異常行動があらわれるおそれがあります。
    -自宅において療養を行う場合、少なくとも2日間、保護者の方は小児・未成年の患者さんが一人にならないよう、ご配慮ください。
    -インフルエンザ脳症などによっても、同じ様な症状があらわれるとの報告がありますので、同様にご注意ください。
    出典 :【タミフルカプセル75[治療用]】効果・副作用・使用上の注意(中外製薬株式会社)-QLife
     

    目を離さないようにしましょう!!

  • 副作用

    主な副作用として、腹痛、下痢、嘔気、嘔吐、低体温、発疹、ショック、アナフィラキシー、劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死融解症、急性腎不全、精神・神経症状(意識障害、異常行動、譫妄、幻覚、妄想、痙攣等)、出血性大腸炎などが報告されています。
    出典 :【タミフルカプセル75[治療用]】効果・副作用・使用上の注意(中外製薬株式会社)-QLife
  • リレンザの副作用!!

     

    タミフルに比べてリレンザの方が副作用が少ないようです!!

  • さらに副作用としてやや呼吸が苦しくなってしまう人もいるそうなので、喘息や呼吸器官に障害を持つ人にこの副作用が出てしまうと危険だということで、そういった持病を抱えている人にはリレンザを処方しないようになっています。市場にあまり出回っていないのもあって、副作用の報告が少ないのも不安点だと言われています。
    出典 :【リレンザ】副作用の少ない特効薬