困ったときはアロマに頼ろう!!症状別アロマテラピーまとめ☆☆

体の不調におすすめなのがアロマテラピーです!!
アロマの自然の力で体の不調を治しましょう!!

view287

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • アロマテラピーとは???

  • アロマテラピーは、植物の香りやさまざまな働きの力をかりて、心や身体のトラブルを穏やかに回復し、健康増進や美容に役立てていこうとする自然療法です。
    出典 :(公社) 日本アロマ環境協会 | アロマを知る | アロマテラピーとは
  • アロマテラピーの始まりとは???

  • アロマテラピーという言葉は、20世紀初頭、フランスの化学者ガットフォセが実験中の事故で火傷を負った際、ラベンダーの精油(エッセンシャルオイル)を用いてその効能を自ら体験したことから、この植物療法をアロマテラピーと命名したことが始まりです。植物の香りの成分は、数千年もの間、古くは古代エジプト文明の時代から薫香や浸剤のかたちで使われていました。
    出典 :(公社) 日本アロマ環境協会 | アロマを知る | アロマテラピーとは
     

    アロマは古い昔から沢山の人に愛されていたようです!!
    体の不調を感じてる人は是非実践してみましょう!!

  • 生活の中に上手くアロマを取り入れてみましょう!!

  • 私たち現代人はさまざまなストレスに囲まれて生きています。こうしたストレスを和らげる手段として注目されているのが「アロマテラピー」です。アロマテラピーはリラクセーションやストレスケアの他、美容や健康維持、疲労回復に役立てることが可能です。入浴やトリートメント、セルフスキンケアなど、 アロマテラピーを上手に生活に取り入れていくことは、 心と身体のバランスを取り戻すときの、大きな助けとなるでしょう。
    出典 :(公社) 日本アロマ環境協会 | アロマを知る | アロマテラピーとは
  • 症状別アロマテラピーまとめ!!

  • ●リラックスしたい

  • 好きな香りのオイルを、アロマポットなどで部屋に拡散させるか、ティッシュやコットンに含ませ、
    ゆっくりと吸い込みましょう。
    フローラル系の香りはストレスを軽減してくれます。就寝前の入浴に使うのもよいでしょう。
    イランイラン、ゼラニウム、フランキンセンス、マージョラム、 ラベンダー、ローズウッド、 カモミールなどが
    おすすめの精油です。
    出典 :症状別アロマテラピー
  • ●ダイエットをしたい

  • サイプレス、ジュニパー、ゼラニウム、ラベンダー、ローズ、 ローズマリーを使い、
    ぬるめのお湯でゆっくりと入浴しましょう。
    新陳代謝が活発になりダイエットに効果があります。
    食欲をセーブするにはイランイラン、クラリセージ、サイプレス、 ジュニパー、フランキンセンスを、
    アロマポットなどを使って 吸入するといいでしょう。
    出典 :症状別アロマテラピー
  • ●夜なかなか眠れない

  • アロマポットなどの拡散器で部屋全体を香らせたり、 蒸気を吸い込みながらぬるめのお湯でゆっくりと
    入浴しましょう。
    コットンに1~2滴落として枕の下に入れて眠るのも、手軽にできる方法です。
    (布にシミを付けないよう注意して下さい)
    使用するオイルはイランイラン、カモミール、ベガモット、 ゼラニウム、マージョラム、
    ラベンダーなどがよいでしょう。
    ペパーミントなど覚醒してしまう精油は使わないで下さい。
    出典 :症状別アロマテラピー
  • ●風邪気味である

  • 入浴ができない時は、ティートリー、ユーカリ、ラベンダーなどを使って、ハンドバスやフットバを行いましょう。
    鼻づまりにはペパーミントをティッシュに1~2滴含ませ、 吸入するのがおすすめ。
    (ぜんそくにかかっている時は吸入を行わないで下さい。)
    せきにはユーカリ、シダーウッドなどの精油を、 アロマポット等を使って部屋に拡散させましょう。
    空気が浄化され、症状が緩和されます。
    出典 :症状別アロマテラピー
  • ●イライラを抑えたい

  • ティッシュかコットンに1~2滴オイルを含ませ、ゆっくりと吸い込みましょう。
    お湯を入れたカップに精油を落とし、蒸気を吸い込んでもOK。
    スプレーを作ってデスク周りの香らせるのもよいでしょう。
    自分の好きな香りを選ぶと心が落ち着きます。
    イランイラン、ペパーミント、 ラベンダーなどが特におすすめです。
    出典 :症状別アロマテラピー
  • ●気分をリフレッシュしたい

  • 柑橘系やミントの香りをティッシュペーパーかコットンに含ませて、ゆっくりと深 吸い込みましょう。
    お湯を入れたカップにオイルを落とし、蒸気を吸い込むのもOK。
    お勧めのオイルはオレンジ、グレープフルーツ、ペパーミント、 ベルガモット、レモン、 ローズマリーなど。
    スプレーを使ってもよいでしょう。

    出典 :症状別アロマテラピー
  • ●パソコンで目が疲れる

  • ラベンダーで温湿布をしましょう。
    ネロリ、マージョラム、ラベンダー、ローズ、カモミールを使用して、ゆっくりと入浴するのもよいでしょう。
    こめかみと目の間をマッサージするのも効果的です。
    その際、目の中にオイルが入らないよう十分注意して下さい。
    出典 :症状別アロマテラピー
  • ●便秘を治したい

  • おなかが張って苦しい時は、下腹部にバジルやローズマリーで温湿布をしましょう。
    入浴にはオレンジ、マージョラム、レモングラス、 ローズマリーなどを使うと、消化機能が助けられます。
    出典 :症状別アロマテラピー
  • 自分の症状に合わせたアロマを使用してみましょう!!