悩んでいるあなた、いびきの原因を知って改善しよう!

いびきの原因は多種多様。
原因を知ることで、改善の対応がわかります。
自分のいびきの原因を知ることが改善の一歩となります。

view428

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 対策はいびきの原因を知ることから

  • 一口に「いびき」といってもその原因は多岐にわたり、人それぞれ原因は異なりますし、複数の原因が重なり合ってイビキをかいている場合も多いようです。そこでここでは、いびきの原因だと思われている事柄を説明しています。自分に当てはまる事柄はないかチェックしてみてください。いびきを防止し、改善、解消するには、まずは自分が何が原因で「イビキ」をかいているのかを突き止め、その原因を取り除くことが「いびき対策」の基本なのです。
    出典 :いびきの原因 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!
  • いびきの原因は様々ですが主だったものをピックアップします

  • 肥満

  • 肥満になると、体の外などの見える部分だけでなく、体の中にも当然、脂肪が付き、もちろん首周りや上気道の内側にも脂肪が付きますので、上気道が狭くなってしまい、その結果、呼吸をした時の空気抵抗が大きくなるために、のどの粘膜の振動が増し、いびきをかきやすくなってしまうのです。
    出典 :いびきの原因 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!
  • 口呼吸

  • いびきの大きな原因の一つ「口呼吸」。実際、イビキをかく人のほとんどが口呼吸をしている、または口をあけたまま寝ているといわれるほど、いびきと口呼吸は密接な関係があるのです。
    出典 :いびきの原因 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!
  • 仰向け(上向)で寝る

  • 仰向けで寝ると舌がのどに落ち込みやすくなったり、口の奥の粘膜の柔らかい部分が重力で下がってしまいますので、その結果、上気道が塞がったり、狭くなってしまい、呼吸をした時の空気抵抗が大きくなるために、のどの粘膜の振動が増し、いびきをかきやすくなってしまうのです。
    出典 :いびきの原因 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!
  • あごが小さい(噛み合わせが悪い)

  • 「あごが小さい・噛み合わせが悪い」人は、いびきをかきやすかったり、睡眠時無呼吸症候群(SAS)になりやすい傾向にあります。
    出典 :いびきの原因 いびき防止対策!イビキ改善・解消法!
  • イビキ改善・解消法!

  • 様々な原因があるということは、様々な対処法があるということです。
    この中で主な原因の口呼吸(あごが小さい人)、仰向けに寝るの簡単対処法を紹介します。
    ちなみに肥満にはダイエットです。

  • 口呼吸の人は鼻呼吸へのお助けグッズ

  • マウスピース
    ここでいう「マウスピース」は、いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療として行われているマウスピース(歯科器具装置)ではなく、既製品のことで、このマウスピースを使用することにより、鼻呼吸を促すことが期待できます。
    出典 :口呼吸を治す(鼻呼吸へ戻す)
  • おしゃぶり
    口呼吸は、赤ちゃんの頃に早く“おしゃぶり”を取り上げたことが大きな原因だともいわれています。ですので、子供だけでなく大人でも、おしゃぶりをすれば鼻呼吸に戻すことが期待できるといわれていますので、1日に数時間だけおしゃぶりをする生活をしてみてもいいかもしれません(恥ずかしいかもしれませんが、それなりの効果は期待できると思いますよ)。
    出典 :口呼吸を治す(鼻呼吸へ戻す)
  • 口を閉じるためのテープ
    口呼吸はその名の通り、口で呼吸するので、口を閉じて鼻呼吸する習慣を付けることが大切なのので、睡眠時に口にテープを張って、鼻呼吸を促そうとすることも効果的だとされています。セロハンテープでは唇が荒れたり、かぶれたりすることもありますので、薬局などで市販されている「マウステープ」などを使用しましょう。
    出典 :口呼吸を治す(鼻呼吸へ戻す)
  • 枕の工夫で横向きで寝れる

  • ◎枕を低くする
    高い枕で横向きに寝るのは難しいので、自然と仰向けで寝てしまい、いびきに繋がってしまっていることがあります。
    できるだけ「肩と首の角度が水平(90度)」になるような枕を選びましょう。
    出典 :横向きで寝る
  • ◎抱き枕を利用する
    抱き枕(足を絡められる物が良い)は自然と横向きで寝やすくなります。


    出典 :横向きで寝る
  • ◎枕の片方を高くする
    枕の片方に本などを置いて高くすれば、自然と仰向けで寝るのが難しくなり、横向きで寝やすくなります。
    出典 :横向きで寝る