この症状はもしかして逆流性食道炎!?

もともと日本人には少ない病気だと言われていましたが、食生活の変化もあり、急激に増加している病気です。

view573

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胃部がなんだか変だな? と思ったら・・・

  • こんな症状で悩んでいませんか?

     

    逆流性食道炎の可能性があります。

  • あるいは、こんな症状です。

     

    心当たりありませんか?

  • 逆流性食道炎とはどんな病気か

  • 逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)とは、胃酸や十二指腸液が、食道に逆流することで、食道の粘膜を刺激し粘膜にびらん・炎症を引きおこす疾患名。
    出典 :逆流性食道炎 - Wikipedia
  • 以下のような症状がある。
    胸焼け(英: heartburn)、みぞおちや上胸部痛などが起こる
    食事中・後、横になったとき、前屈したときに喉や口に胃酸が逆流する
    胸部違和感、不快感
    喉の違和感、声のかすれ
    腹部膨満感
    嘔吐・多くは過度のおくび(げっぷ)を伴う。
    流涎
    食物による食道痛
    就寝中逆流物の気道への誤嚥による呼吸器症状
    出典 :逆流性食道炎 - Wikipedia
     

    わりと誰でも一度や二度は経験のある、症状ではないでしょうか?

  • 逆流性食道炎 - YouTube

     

    医師による説明です。

  • 逆流性食道炎になる原因

  • 1.胃液の逆流を防ぐ機能の低下
    本来食道と胃のつなぎ目の部分は括約筋と呼ばれる筋肉などで胃の中のものが逆流しないように弁の働きを持っていますが、加齢とともにこの働きが弱くなったり、食道裂孔ヘルニア(つなぎ目の部分の固定が弱くなり、本来おなかの中にあるものが胸のほうへとびだしてしまう)や胃の手術などで形態が変わることによって起こります。

    2.食道や胃の蠕動運動の低下
    食道へ逆流してきた胃液を胃に送り込むのが遅れ、食道内にとどまる時間が長くなったり、胃炎や胃漬瘍などによって胃の働きが弱まり食物が長時間とどまるようになると起こりやすくなります。

    3.腹圧の上昇
    肥満やお腹を締め付けたり、重いものを持つことにより胃が圧迫され、胃液を逆流しやすくなる。

    4.胃液の分泌増加
    胃液の分泌が多くなると、逆流が起こったときに食道粘膜が傷つけられやすくなります。

    5.食物摂取量の増加
    食べ過ぎたり、脂肪の多い食事をとると胃の働きが悪くなり、胃と食道の問にある「噴門」が開きやすくなります。空気がでれば「げっぷ」、胃液がでれば「逆流」になります。
    出典 :胃食道逆流症(逆流性食道炎)ってなに?
  • 逆流性食道炎の治療方法

  • 逆流性食道炎の治療は、主に胃酸の分泌を抑えて食道への胃酸逆流による傷害を抑え、食道の炎症と自覚症状を消失させることによって行います。
    治療で用いられる主なおくすりは、酸分泌抑制薬であるプロトンポンプ阻害薬(PPI)、またはヒスタミン受容体拮抗薬(H2ブロッカー)などです。

    PPI(プロトンポンプ阻害薬)PPIは、胃の壁細胞に存在する、胃酸を分泌するしくみの最終段階であるプロトンポンプに、結合することで、その働きを直接抑え、胃酸の分泌を抑制します。H2ブロッカー(ヒスタミン受容体拮抗薬)H2ブロッカーは、胃酸を分泌させる3つの化学物質のうち、ヒスタミンが受容体と結合することを防ぐことで、胃酸の分泌を抑制します
    出典 :逆流性食道炎の治療は継続することが大切!|胸やけ・呑酸.jp
     

    病院で診察してもらい、薬による治療を受けることになります。

  • 病院での治療以外に日常生活で気を付けること

  • 逆流性食道炎は、症状が改善しても再発しやすい病気です。自覚症状がなくなっても、生活習慣と食事に気をつけることが大事です。日々の暮らしでは、普段から背筋を伸ばし前かがみにならない、お酒・タバコは控える、就寝中はお腹から頭にかけて高くする、ベルトや下着などでしめつけない、重いものなどを持ち上げない、適度な運動をする、などを心がけてください。
    出典 :治療中の生活習慣 | ご存知ですか?逆流性食道炎 www.逆食.jp
     

    治療中の生活習慣について、気を付けることです。

  • 脂肪を多く含んだ食べ物や、ケーキやまんじゅうなどの甘い物、香辛料などは胃酸の分泌を促進させるため、出来るだけ控えましょう。
    出典 :メニューの選び方 | ご存知ですか?逆流性食道炎 www.逆食.jp
     

    同じく、治療中の食事について注意事項です。

  • 食事を食べた後、すぐに横にならない。早食い、食べすぎはいけません。いつも腹八分目を心がけましょう。
    出典 :食事の際の注意点 | ご存知ですか?逆流性食道炎 www.逆食.jp
     

    当たり前といえば当たり前ですが、とりわけ留意が必要です。

  • 逆流性食道炎の治療方法。運動と漢方薬、食事で逆流性食道炎の原因を改善 - YouTube

     

    運動や食事で改善する方法が解説されている動画です。