他人事じゃない。産後うつ。

よく聞くマタニティ・ブルーという言葉。
これは産後間もなくして情緒不安定になることを言います。
多くの女性が経験しますが、これが続くと産後うつかもしれません。

view336

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マタニティーブルーと産後うつの違い

  • マタニティブルーは生理的なもの

     

    マタニティブルーはホルモンの影響でなります。
    短期間で症状が現れて消えてゆく、一過性のものです。

  • マタニティーブルーズは産後10日以内に一過性であるのに対し、産後数週間から数ヶ月以内に気分が沈むようになり、周囲に対する興味や喜びが感じられないこと、不安、緊張、集中困難、不眠、必要以上に罪悪感を抱いて自分を責める、自分はまったく価値のない人間だと感じるなどの心の症状がでてきて、2週間経っても改善しない場合や悪化傾向がみられる場合には産後うつ病が疑われます。疲労、頭痛、食欲不振などの何らかの身体的な症状を伴うことも、通常のうつ病と同じです。
    出典 :2/3 産後うつとマタニティーブルーズ [産後の基礎知識] All About
  • 一人目を出産した直後、訳も無く突然涙が流れて来てずっと沈み込んでいる時期がありました。あれがマタニティブルーだったのですね。二人目は全くありませんでした。

  • 悩みの内容

  • 産後うつには特徴があります

     

    悩みの内容は、赤ちゃんを生んだお母さんだからこそのものが多いのです。

  • 産後うつ病の特徴は、「自分の赤ちゃんが泣きやまないのは、何か子どもに大きな病気があるからだ」という気持ちにとらわれたり、「私のような母親では赤ちゃんに申しわけない.死んでしまおうか」など、訴えの内容が母親本人についてではなく、赤ちゃんの健康や母乳に関する心配など、育児に関連した内容が多いことです。
    出典 :2/3 産後うつとマタニティーブルーズ [産後の基礎知識] All About
  • よく、母乳が出ないの?母乳で育てた方が良いよ!ということをさらっと言う人が居ますが、絶対やめてくださいね!母乳でなくとも、赤ちゃんは元気に育ちます。

  • どれくらいの確率でなる?

  • 産後うつはれっきとした病気です。症状が改善しない場合は、決して無理をせず、頑張らずに、早めに医師に相談してください。軽度から重症までを含めると、約10%の産後ママが産後うつ病になると考えらています。
    出典 :2/3 産後うつとマタニティーブルーズ [産後の基礎知識] All About
  • とても明るく、精神的にも強いと思っていた人が重い産後うつになってしまった例もあります。誰でもなりうる病気なのですね。

  • 産後うつは再発の可能性も

  • 産後うつは一過性ではない

     

    マタニティブルーと違い、産後うつはそのときだけのものとは限りません。

  • 母親の産後うつ病は改善しても、将来の再発する可能性も高まるので、長期的なフォローも大切です。さらに、母親がうつ病の場合は子どもの精神的発達に少なからずネガティブな影響を及ぼすことが知られています。お母さんの治療と同時に、子どものケアの配慮が必要となります。
    出典 :2/3 産後うつとマタニティーブルーズ [産後の基礎知識] All About
  • 産後うつはその後の生活にも影響を及ぼしてしまう可能性が大きいんですね。産後は旦那さんやご両親、周りの方がしっかりとお母さんを支えてあげて欲しいですね。