睡眠時間と仕事の関係

  • cross 更新日:2013/11/28

view315

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠時間によって、3つのタイプに分かれます。仕事内容が睡眠時間、睡眠のタイプに起因するのかもしれません。。

  • 3つのタイプ

  •  
     

    人口比にして、
    ショートスリーパー 5〜10%
    バリュアブルスリーパー 80%〜90%
    ロングスリーパー 5〜10%

  • ロングスリーパー

  •  
     

    一般的に中途覚醒の頻度が高く、眠りのレベルが浅い。

  •  
     

    ロングスリーパーの人は一般的にストレスを感じやすい神経質なタイプだと言われています。人付き合いはあまり得意ではなく、一人でいることが多くなります。世の中の常識などにはあまり興味がなく自分の世界を大切にしています。日本人の人口の3~9%の人たちがこのロングスリーパーに当てはまると言われています。

  •  
  • 研究者

     
  • 作家

     
  •  
     

    アインシュタイン
    ミハエル・シューマッハ(F1選手)

  • バリュアブルスリーパー(普通の人)

  •  
  •  
     

    日本人の80%がここに当てはまると言われています。

  •  
     

    ここに当てはまる人は睡眠の長さを調節できるという強みがあります。仕事で朝が早いときには早く起き休みの日はゆっくり眠る。あらゆることに対して柔軟性が高いので大抵のことはうまくいきます。

  •  
  • 会社員

     
  • ショートスリーパー

  •  
     

    レム睡眠が圧倒的に少ない。ノンレム睡眠の時間はほとんど差が無い。

  •  
     

    ショートスリーパーは一般的に明るく社交的だと言われています。真面目で社会に適応しやすく、自分の意見をはっきりと持っています。多少失敗しても「次があるさ」と考えくよくよしません。普段の生活では頻繁に外出し、人と会っています。また、好奇心旺盛でいろいろなことに興味をもつため趣味がたくさんあります。日本人の5~8%ほどがショートスリーパーに当てはまると言われています。

  •  
     

    決断が早くどんどんと物事を進めていく姿はまさにみんなが描く社長象そのものではないでしょうか。
    また、やり手のビジネスマンにはショートスリーパーが多いとも言われています。

  •  
     

    ナポレオン
    エジソン
    レオナルド・ダ・ヴィンチ