他人事では無い!!セックス依存症になった芸能人まとめ☆☆

セックス依存症になった芸能人とは?
日本では中々聞きなれない病気!!セックス依存症!!
セックス依存症と言われてる有名人やカミングアウトしてる有名人をまとめてみました!!
セックス依存症に対する知識を高めてみましょう!!

view48236

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもセックス依存症ってどんな病気なの???

  • セックス依存症ってどんな病気なの?

     

    セックス依存症は性行為に依存している状態で、心の問題や、ストレスによって依存症になってしまうこともあります。

  • セックス依存症になった原因とは?

    セックス依存症になった原因には、ストレスや心の悩みなどがある状態で、セックスをすることによってその悩みから解放された経験が過去にあったため、依存症になってしまうことも。

  • 子供の頃に性的虐待を受けた経験

     

    依存症になった原因の一つに、子供の頃に性的虐待を受けていたというケースもあります。

  • セックス依存症になりやすい人とは???


  • ●その1:好奇心旺盛でコレクター心のある

    ●その2:カラダおよびセックスに自信がある

    ●その3:なかなか本音を言えない
    出典 :「セックスで頭がいっぱい」セックス依存症になりやすい人の特徴 by Gow!Magazine(ガウ!マガジン)
  • セックス依存症について知りたい人におすすめの作品

  • SHAME -シェイム-

     

    セックス中毒の男性が主人公です!!

  • セックス中毒の兄と恋愛依存症の妹を『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のマイケル・ファスベンダーと『17歳の肖像』のキャリー・マリガンが演じ、主人公の欲求の奥にひそむ本当の心の闇を暴き出す衝撃的な人間ドラマ。メガホンを取るのは、マイケルを起用した『ハンガー(原題) / Hunger』で頭角を現したスティーヴ・マックィーン。大胆なセックス描写と複雑な人物像に、二人の旬の役者が気鋭の監督と共に挑戦。心をざわつかせる不穏な展開に、思わずくぎ付けになる。
    出典 :SHAME -シェイム- - Yahoo!映画
  • セックス依存症と言われてる有名人とは???

  •  第42代大統領  ビル・クリントン

  • クリントン氏と言って忘れられないのが、元ホワイトハウス実習生モニカ・ルインスキー嬢との不倫。そして“セックス依存症の治療でリハビリ施設に入所”という情けないエピソードである
    出典 :かつては“あの依存症”だったビル・クリントン米元大統領、現在はポルノ女優に夢中? | Techinsight
     

    なぜこんなに地位も名誉もある人が、依存症になってしまうのかと不思議に思われる方も多くいたのではないでしょうか。

  • タイガーウッズも!

     

    一時不倫騒動から、姿をあまり見せなくなってしまったタイガーウッズ選手です。

    ものすごく品行旺盛に世間では思われていたタイガーウッズ選手もセックス依存症だったそうです。


    米ピープル誌では、セックス依存症の治療のために、高級リハビリ専門施設で治療に専念しているという報道も一時されていた時期もありました。

  • マイケル・ダグラス

     

    ハリウッド俳優として大活躍のマイケルダグラス!!

  • 元祖セックス中毒セレブともいえるマイケル・ダグラス(65歳)は、さすがに加齢と共に性欲が衰えてきたそうで、そんな今が一番幸福な状態だという。
    娘のような妻と孫のような子供たちに囲まれ、ようやく普通のパパの幸福をかみしめているようだ。やはりセックス依存症の最高の治療薬は加齢なのかもしれない
    出典 :元セックス依存症のM・ダグラス「性欲が衰えてから幸福になった」 | ニュースウォーカー
     

    色々あったけど今は楽しく幸せそうマイケル!!

  • 「Xファイル」のデヴィッド・ドゥカブニーがセックス依存症(性依存症)の治療を受けるためリハビリ施設に入院した。弁護士を通じて発表された声明では入院は自発的だったことを述べ、「僕と妻、そして子どもたちのプライバシーを尊重してほしい」とコメントしている。
    出典 :「Xファイル」のデヴィッド・ドゥカブニー、セックス依存症でリハビリ施設に入院 - シネマトゥデイ
  • なぜ著名人やセレブがかかってしまうのか

  • なぜ、こんなに著名人やセレブまでもがなってしまうのでしょうか。

     

    セックス依存症は、他人事ではありません。

    なぜ
    こんなに著名人やセレブまでがなってしまうのでしょうか。

  • 著名人やセレブに多いわけは、次の理由が考えられます。

    日常が、著名人であるために、周囲から特別な目で見続けられること。
    毎日、ストレスの連続であること。

    セックスの間だけは、自分が自由になれると感じていること

    などです。

    またマイケルジャクソンのように、幼少期に性的虐待の経験があると、依存症になってしまうリスクが高くなります。

    環境的要因と、
    ストレス

    これらが重なり合って依存症になってしまうのではないでしょうか。

  • 日本ではまだ認知の低い病気であるセックス依存症

  •  セックス依存症(性依存症)の日本での認知度は低いがアメリカでは薬物やアルコール依存症と同じく代表的な依存症の一つとして治療法が研究されている。セックスに限らず性的な行為におぼれ、自らのコントロールを失う。過去にマイケル・ダグラスが同治療を受けたことを告白している。
    出典 :「Xファイル」のデヴィッド・ドゥカブニー、セックス依存症でリハビリ施設に入院 - シネマトゥデイ
     

    日本にも隠れ依存症の患者が多いはず!!
    気になるなら医師に相談してカウンセリングなどを受けるのがおすすめです!!

  • 大切なのは、育ってきた環境と、心の健全さ

     

    性依存症になりやすい人の傾向は、

    自分が育ってきた家庭環境と、心の健全さにあるのではないでしょうか。

    幼少期に性的なものや刺激的なものを見続けると、心の傷として記録されてきます。
    また精神的や性的に虐待されし続けると、ストレスを感じやすくなり、性的行為に自分の価値観を求めるようになります。

    自分が育ってきた環境については、過去のことなので、やり直しをすることはできませんが、大事なのは、これからです。

    現在依存症に苦しんでいる方は、どう乗り越えることができるかが重要なのではないでしょうか。

    心理カウンセラーに相談したり、病院の神経内科、精神科を受診したりするのも解決策の一つでしょう。