風邪?花粉症?妊娠中期にくしゃみが止まらないワケ

妊娠中、くしゃみが出やすくなった…という話をよく聞きます。

なぜ、くしゃみが出るの?くしゃみでお腹の痛みが…大丈夫?楽にする方法は?などの疑問にお答えしたいと思います。

view14379

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中は風邪をひきやすい?!

  • 妊娠してもすべての免疫機能が低下するわけではありません。低下する免疫は、主に風邪やインフルエンザなどのウイルスに対抗する「細胞性免疫」。そのため、妊娠中の細菌感染症は重症化することは少ないですが、風邪やインフルエンザに一度かかってしまうと重症化したり長びいたりしやすいといわれています。まだ解明はされていないことも多いのですが、ママの体にとって赤ちゃんは異物。それを排除せずにかかえ育てることは、体にも大きな負荷がかかっているのかもしれません。


    出典 :妊娠中の風邪・インフルエンザ - gooベビー
  • 妊娠中、風邪にかかりやすい人が多いのは先に述べたように、ウイルスに対抗する細胞性免疫が低下しているためだと考えられます。本来、風邪は鼻水、鼻詰まり、くしゃみなど、いわゆる感冒症状が主。慢性化する人は少なく、発熱があったとしても微熱程度。ゆっくり休養すれば2、3日で治るのが一般的です。風邪ウイルスが胎盤を通って胎児に影響を与えるような心配はないので、軽度の風邪ならそれほど心配することはありません。


    出典 :妊娠中の風邪 - gooベビー
  •  

    細菌性免疫が低下しているので、風邪をひきやすくなっていて、自分では風邪だと感じていなくても感冒症状のくしゃみが出るのかもしれません。

  • 妊娠中は花粉症になりやすい?!

  • Q1.妊娠すると体質が変わるような気がしますが、妊娠中花粉症になりやすくなるというようなことはありますか?


    妊娠中は女性ホルモンの変化によって鼻粘膜のうっ血や浮腫がおこりやすくなり、花粉症の症状が悪化することもあります。
    また、妊娠、出産を期に花粉症を発症することもあります。

    また、女性の花粉症患者は妊娠、出産時期と重なる 20代が最も多いといわれています。
    出典 :2/4 妊娠中の花粉症を予防しましょう! [出産準備] All About
  •  

    妊娠によって、花粉症になったり、酷くなったりするんですね。
    妊娠中に花粉症になった人は、産後は治る方が多いようなので、一時の我慢なのかもしれませんね。

  • 風邪でも花粉症でもなさそうだけど…

  • 妊娠をすると、様々な妊娠性○○という病気にかかりますが、
    くしゃみや鼻水が異常に出る場合、妊娠中期当たりから出現する妊娠性鼻炎があります。

    原因としては、ホルモン変化で鼻粘膜がうっ血してしまうことによります。
    妊娠後期になると、治ってしまうものですが、真っ最中のくしゃみなどは辛いです。

    医師に相談をすることで、お薬があります。
    アレルギーの一種ですが、出産後まで引きずることはありませんから、ご安心ください。

    又、赤ちゃんにも大きな影響を与えることはありません。
    この時、鼻炎の薬を自分で用意するのは、とんでもないこと。
    病院のものとはまったく違うと思ってください。
    出典 :妊娠中期のくしゃみについて
  •  

    妊娠により、血流が増加し、鼻の粘膜がうっ血してるなんて、知りませんでした。
    赤ちゃんを育てるためには仕方のないことですね。

  • くしゃみでお腹が痛い!大丈夫?!

  • 基本的には、どんなにくしゃみをしてもお腹の赤ちゃんに何か影響が及ぶといったことはないようですので、安心して良いのではないかと思います。

    しかし、切迫流産や切迫早産の可能性を指摘されているような妊婦さんの場合には、そういったことも危険性を高めてしまう要因のひとつになる場合はありますので、くしゃみをした後に、いつもと違うお腹のハリや痛みを感じたりした場合には、すぐに産婦人科を受診した方が良いでしょう。
    出典 :妊娠中のくしゃみの影響と痛みを和らげる方法は? | オレタイムズ
  • くしゃみの仕方も工夫ができる!!

  • 立っている時は物をつかむ

    立っている時にくしゃみをすると、
    ものすごく痛いですよね。

    周りに掴めるものがあれば
    掴つかんで下さい。

    テーブル、洗面台、壁など、つかまれるところを見つけて
    できるだけお腹を丸める格好をしてからくしゃみをすれば
    少し軽減することができますよ。
    出典 :妊娠中のくしゃみの影響とは?【痛み】 | ブーストライフ通信
  • 鼻をつまむ

    くしゃみの瞬間に鼻をつまむだけで、
    力の入り方が変わって痛みを
    軽減することができます。
    出典 :妊娠中のくしゃみの影響とは?【痛み】 | ブーストライフ通信
  • お腹が張っている時は
    横になっていることが多いと思いますので、
    そのまま体をくの字のように前かがみ気味にして
    お腹に手を当てて膝を抱え込むように丸くなって下さい。

    ちょっと遠慮気味にくしゃみをすれば
    変な力がかからないので、痛みも軽減されますよ。
    出典 :妊娠中のくしゃみの影響とは?【痛み】 | ブーストライフ通信
  •  

    どうしても酷いときは薬に頼るのも必要です。
    しかし、妊娠中は自己判断せず、必ず妊娠している事を告げ、診察を受けて、処方してもらった薬を飲むようにしましょう。