癌(がん)に有効な野菜とは?ランキング

癌(がん)は生活習慣や、特に食品との関わりが深い事もご承知かと思います・・・野菜を多く摂ると良い!と言われてますが、その中でも特に有効性が高そうなものは何でしょう?あくまでも独断ですが、頻繁に登場する癌予防に利く野菜ランキングです。

view715

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずはじめに・・・

  • 以下の内容について・・・

    あくまでも、ネット検索上で登場回数の多いものを上位としています。医療且つ栄養学的な見解ではありませんので、あらかじめご了承ください。とはいっても、登場回数が多いという事は、決してウソとは言い切れませんし、民間療法的にもしかしたら有効性はあるかもしれません。

  • 2007年に世界がん研究基金は「Food, Nutrition, Physical Activity, and the Prevention of Cancer: a global perspective」という報告書を発表しました。4,500のがんと食生活に関する疫学研究がまとめられ、とくに野菜や果物ががん予防ではきわめて重要であることが示されました。

  • がん予防のためには、野菜・果物の摂取量は公衆栄養政策としては、1日600gを目標とし、個人の食生活では、1日400gを目標とすることが提案されています。

  • 第5位 セロリ

  • 日本で食卓に普及したのは最近で、昭和40年代になってからです。しかしヨーロッパでは古くから強壮剤として食べられてきました。香りを作る成分である「テレペン」や、「ポリフェノール」にガン予防効果があります。

  • パセリやセロリを始めとするさまざまな植物に含まれる成分「アピゲニン」にはがん予防効果があるといわれています。今回はじめてその作用機序が解明され、細胞実験によりこの成分には細胞の異常な働きを正常にし、遺伝子変異を防ぐことでがんを予防することがわかったそうです。

  • 第4位 トマト

  • トマトには、私たちの体の役に立つビタミンCやB6、カリウム、クエン酸などが含まれ、健康維持において非常に魅力的な緑黄色野菜です。最も注目すべき成分は、カロチノイドの一種・リコピンです。「トマトが赤くなると、医者が青くなる」という西洋のことわざがあるくらいです。

  • とある研究でトマトは予防物質を含む食物としてあげられています。統計的分析でも、この予防効果は「リコピン」という成分にあることが分かりました。抗酸化力があり体内の活性酸素を取り除いてくれるそうです。活性酸素は細胞の遺伝子のDNAを構成する分子を酸化させることで傷つけ、細胞の異常増殖(=がん)を引き起こす原因の一つと考えられています。トマトにあるβカロチンとリコピンという2つのカロチノイドが、膀胱ガン等の予防に効くそうです。

  • 第3位 にんじん

  • 日本のことわざに「人参を好むものは精力が強い」というものがあるそうです。人参が生命エネルギーの不足を補ってくれるという効果を、昔の人は知っていたからでしょう。人参の効果が最近特に注目を浴びているのは、ガンの予防・抑制に大きな効果があるβカロテンが豊富に含まれているからです。

  • ガンが好きな栄養とは「塩分」と「脂肪」です。つまり塩分と脂肪をガン細胞に供給しなければ、ガン細胞は死滅するそうです。そしてガンの嫌いな栄養が豊富にあるのがニンジン、ドイツのマックス・ゲルソン博士が考案した「ゲルソン療法」では、ガンの好きな塩分と脂肪を断ち、ガンの嫌いな栄養やガンを防ぐ栄養をとる事、欧米ではこの方法によって多くのガン患者さんが克服してきました。

  • 第2位 きゃべつ

  • 結構きゃべつについては、添え物的な脇役イメージがありますが、実はきゃべつには免疫を強める力があり、その力は薬並みにあるそうです。際立ったガン予防効果とは免疫力強化しかありません。白血球の中でも特に「好中球」を著しく増やす働きがあり、この効果は野菜の中できゃべつが最大級です。免疫力を強める薬(免疫賦活剤)の効果に匹敵します。

  • キャベツの中の「ビタミンU」がガン予防に効果がある成分だそうです。ビタミンUは別名「キャべジン」正式名を「S-メチルメチオニン」といいます。胃炎や潰瘍の回復に効果があり、ニンニクと同じイオウ成分です。ビタミンUをたくさん含む優良野菜を食べると、身体の中の悪い部分と闘ってくれるわけです。

  • 第1位 にんにく

  • ニンニクの摂取が、いくつかの癌(がん)、特に消化器管系の癌のリスクを減少させる可能性が示唆されてます。この研究はさまざまな種類と量のニンニクで調査されているそうです。

  • 世界的な統計から見て、韓国の人々は癌患者の数が少ないそうです。その秘密を探ると、どうやらにんにくの摂取量とガンの発生頻度に何らかの関係もあるようです。にんにくをたくさん食べている人たちの方が、食べていない人たちに比べてガンが少ないということがわかっています。韓国や中国東北部等、日常でにんにくをよく食べている地域ではガン患者が少ないのです。