Aさん、高齢出産の危険性

仕事を取るか、結婚を取るか。なんて考えているうちに時は過ぎ去り
30歳を超えて結婚される方が増えました。
Aさんもその中の一人です。
時の経つのは事のほか早くすぐ33・34・35と・・・
OOOさんは、出産時期をはるかにオオバーしてこの世に誕生してきました。
女性は20・26の間に出産がのぞましい

view623

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 出産時期をオオバーしてはいけない。
    母体に掛かる負担は後になって身体をむしばむケースが
    本当に多いことを私は知っています。
    Aさんの場合は、ホルモン異常からの、神経のいらだちと考えられます。、
    口の中に熱を帯びたり、食べても、すぐ吐き戻したり、
    出産後、女性の身体は180ど変わります。
    OOOさんを生んだがために女性ホルモンの値が
    異常に分泌されるように、それがリセットされてしまったのではと考えます。
    みのもんたさんの番組で女医さんが、説明しているのを聞きました。
    女医さんはホルモン抑制剤を投与すれば元のおちついたおかあさんにもどる
    とまでいいきっていました。
    母体が悲鳴を挙げて少しずつゆがんでゆがんで行く生活。
    親子で悲劇です。
    ホルモン抑制剤は、神経をおだやがにする効果アリ。
    これを投与していたなら、もっともっと
    普通の親子関係をいとなめていたかもしれない、Aさん、OOOOOおやこ。
    一般市民よりお金があっても、産後の日立ちに悩まされ、陰鬱を繰り返していたのでは
    Aが望む楽しく温かな家庭は手に入れることができなかった。