疲労骨折の予兆、シンスプリント

シンスプリントは疲労骨折の一歩手前なのです。疲労骨折というのは、長時間の練習を毎日のように続けることで、徐々に弱ってきた骨が折れてしまう病態です。初期の段階で痛みが出るので、練習を続けることで、痛みが徐々に増強していくようなら、要注意です。

view1882

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • シンスプリントって何?

  • 長い距離を走ることによって発生する、スポーツ障害の一種です。最初のころは、すねの部分がピリピリしてきたり、なんだか違和感がする、という程度の症状ですが、進行していくにつれて、走ることが困難になったり、歩くことさえきつくなってしまったり、何もしていないのにすねがズキズキするといったことも発生します。




    出典 :シンスプリントナビ ※正しい治療・対処法・サポーターとは?
  • 正式名称は脛骨疲労性骨膜炎

  • シンスプリントはジャンプ動作の繰り返しやマラソンなどの長距離ランニングなどにより「ふくらはぎ」内側の脛骨下1/3部分にかけて炎症をおこし痛みが生じる特徴があります。シンスプリントという障害は、発症してしまった場合でも、運動をある程度こなせる点が実はくせものです。再発の可能性もあり、進展すると疲労骨折につながる疾患でもあるため無理をさせてはいけません。
    出典 :シンスプリントの治療法・治し方
  • 慢性化から骨折の危険が

     

    シンスプリントの治療は一時的な炎症の緩和であれば数日で可能ですが、何度も炎症は再発する為、治療期間は長期に渡ります。
    炎症の好発部位は脛骨の中間よりやや下部に集中する傾向にあり、底屈運動、背屈運動によって脛骨と筋肉の付着部位の筋膜にストレスがかかり炎症症状を発症します。

  • シンスプリントと疲労骨折

  • シンスプリントはかつては「すねの痛み」とひとくくりにされていた症状ですが、実はこの痛みは医学専門用語で言う腱炎、疲労骨折、コンパートメント症候群あるいは骨膜炎などのさまざまな障害によって引き起こされているものであることがわかっています。
    出典 :
  • 疲労骨折の一歩手

     

    シンスプリントは疲労骨折の一歩手前なのです。骨折は1回の大きな衝撃で起きることが多いのですが、疲労骨折というのは、長時間の練習を毎日のように続けることで、徐々に弱ってきた骨が折れてしまう病態です。
    初期の段階で痛みが出るので、練習を続けることで、痛みが徐々に増強していくようなら、要注意です。このとき、練習量を減らして、骨を休ませれば、また、骨の強度が回復します。
     

  • シンスプリントの治療法

  • シンスプリントの治療法は基本的には絶対の安静が一番です。シンスプリントは脛骨疲労性骨膜炎と呼ばれるように骨膜に炎症を生じる障害のひとつです。この骨膜炎は継続的に繰り返し骨膜に負担が加わることによって炎症を発症しております。
    出典 :シンスプリントの治療法・治し方【シンスプリント治療法】
  • 電気治療や温熱治療によりほとんど治ります。同時に症状が軽いうちに練習量を少なくする、または完全休養してどこに原因があるのか検討してその原因を取り除くことが大切です。ずるずると原因を考えることなく練習を続けると慢性化し非常に治りにくくなります。また、踵や土踏まずに足底板を入れたり、自分で練習終了後などに氷によるアイスマッサージやストレッチング、アイシングを行なうことも効果的があります。治った後も、ふくらはぎのストレッチングや下腿の筋力トレーニングを十分行なって再発予防に注意しましょう。
    出典 :シンスプリントの原因・治療法・物理療法など
  • 疲労骨折の予兆

  • シンスプリントはかつては「すねの痛み」とひとくくりにされていた症状ですが、実はこの痛みは医学専門用語で言う腱炎、疲労骨折、コンパートメント症候群あるいは骨膜炎などのさまざまな障害によって引き起こされているものであることがわかっています。
    出典 :http://www.skmtt.com/luna/55-tsk/mame-tisiki/29-sinsupurint.htm
  • 主な症状としては、痛みや腫れなどがあります。運動時に痛い場合もあれば、安静時にも痛みが続く場合など
    色んなケースがあって、わかりづらい。激しい痛みを伴わないことが多いので、我慢して運動を続けてしまいがちです。
    出典 :疲労骨折の症状と治療方法とは?痛みはあるの? | もぎたての壺
  • 疲労骨折の予防

  • 疲労骨折を予防するために

     

    ●ランニングやジャンプの量を少なくし、ジャンプ着地時には深くしゃがみこまないようにすること。
    ●十分にウォーミングアップをし、運動前後や入浴後にはストレッチングを行う。
    ●足関節を背屈(足の甲の方向へ)する筋肉の筋力強化を行う。
    ●クッションのよいシューズを履き、磨耗して薄くなったシューズは取り替える。●体重(体脂肪量)を管理する。
    ●その場片足跳び(片足けんけん)でチェックして、痛みが無くなったら早歩き、軽いジョギング、ランニングへと移るようにする。
    等です。