全部受ければいい?違う!本当に効果のある予防接種まとめ

赤ちゃんから大人まで、予防接種は様々あってつい忘れてしまったりするもの。でも効果のある予防接種は限られているのです。予防接種まとめ。

view612

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • いま危険なのは「風疹」



  • 以下に記載しますが予防接種は沢山あります。

    その中でも今、特に注意して頂きたいのが「風疹」です。

    接種により効果が得られることがわかっています。




    日本脳炎の変更も下記に記載しています。



  • 【ストップ風疹】確実な予防方法はワクチン接種 - YouTube

     


    赤ちゃんに先天性の異常が出る可能性があることがわかっています。


  • 【ストップ風疹】風疹大流行から妊婦を守れ(「くらし解説」より) - YouTube

     



    妊娠中は接種できません!

    くれぐれも早めに受けて下さい。

  • 発症する人の約9割は成人で、男性が女性の約4倍。

    特に20~40代の男性に多く、女性は20代に多い。

    どうして男女差、年齢差があるのでしょう?

    「子どものときの予防接種の受け方も大きく影響しています。

    34歳以上の男性では、定期接種として、風疹の予防接種を受ける機会がこれまで1回もなかったことが、影響しています。
    出典 :【ストップ風疹】妊娠を考えているなら、早めの予防接種を|ゼクシィnet
     


    男性に風疹発症が多いことがわかりました。

    パートナーがいるかたは、協力して男性にも風疹予防接種を受けて貰いましょう。

  • 予防接種の種類

  • こんなにあるある予防接種

     

    図は一部の自治体の例ですが、予防接種は時期が限られているものもあります。



  • 【定期接種】
    (対象者年齢は政令で規定)


    生ワクチン

       BCG
       ポリオ
       麻疹風疹混合(MR)
       麻 疹(はしか)
       風 疹


    不活化ワクチン

       DPT/DT
       日本脳炎
       インフルエンザ


    ----------



    【任意接種】


    生ワクチン

       流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
       水 痘
       黄 熱
       ロタウイルス


    不活化ワクチン

       B型肝炎
       破傷風トキソイド
       成人用ジフテリアトキソイド
       A型肝炎
       狂犬病
       肺炎球菌(23価多糖体)
       ワイル病秋やみ

    定期接種を対象年齢以外で受ける場合
    出典 :日本で接種可能なワクチンの種類
     



    こんなにあります!


    特に赤ちゃんの場合は、毎月と言っていいほどあるので

    母子手帳&接種時期表(自治体から配布)と睨めっこして

    スケジュール帳に書き込むことをオススメします。

  • 変更が適宜あります!日本脳炎に注意

  • 接種表と一緒に手紙が届きます

     


    紛失すると再発行には手間がかかるので注意しましょう。

  • 日本脳炎ワクチンは一時休止していたのが、

    今では再開されているのをご存じですか?



    これは接種時期が決まっているもので、

    接種時期の対象年齢になると手紙が届きます。


    我が家の例ですが、

    接種時期を逃してしまったので、

    自費接種を余儀なくされました……。

  • 推奨されなくなった「子宮頸がんワクチン」

  • 一時は「推奨! 推奨!」だったのに……


    気がつくと「推奨しません」になっていた!!

  • 子宮頸がんワクチン推進派は安全と主張してたけど。なんとメルク社ガーダシルの組織学的な安全性試験はオスのラットの精巣にのみ実施されメスの卵巣には行っていない‼女性に打つワクチンなのに。そして16歳のある少女の卵巣は完全に機能不全… http://t.co/5GEIQbahP5
     


    異常がおきたのはこの事例だけではありません

  • 私は以前軽度異形成と診断されたからもあって(今はとりあえず消えてくれた)、子宮頸がんはワクチンを打つより、毎年(痛いけど)検査して異変があるか無いか調べる方が余程いいと思っています。
     


    毎年検査するのはとてもよいことです。

  • おたふく風邪の接種

  • インフルエンザ接種



  • 効果があると書きたかったので色々検索したのですが、

    「効果がない」「打ってはいけない」という意見ばかりでした。




    しかし、個人的には、

    乳幼児、お年寄り、身体の弱い人は受けた方が良いと思います。

  • 予防接種まとめ


  • ワクチンを投与するのですから、


    絶対安全! なものは存在しません。


    最後は自分でよく考えて、

    自己責任で接種しましょう。