妊娠~出産にかかる費用妊娠~出産にかかる費用

妊娠~出産にかかる費用・・・気になりますよね?
赤ちゃんが生まれてくることも楽しみだけど、
やっぱり気になる「お金」の話、まとめてみました。

view671

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  




     出産前の“検診”代

  • 「妊婦健診」について

  • 妊婦は、出産するまでに14回前後の定期検診を受けます。検診代は、1回につき5000円~1万円程度と病院によって差がありますが、自治体による「妊婦健康診査費用助成」制度を利用すれば、ほとんど公費負担で受診できます。ただし、負担額には上限があるので、超える部分は自己負担しなければいけません。妊娠を考えている人は、自分が住む自治体、受診をする病院に問い合わせをしてそれぞれの額を確認しておけば安心です。
    出典 :妊娠前に知っておきたい 出産のお金のこと|ゼクシィnet
     

    自分の住んでいる自治体の制度をきちんと確認しておきましょう。

  • 妊娠が確定し、「妊娠届」を役所に提出すると、母子健康手帳などと共に妊婦健康診査受診票が交付されます。必要事項を記入して持参し、健診を受けると、所定の金額が助成されます。
    出典 :助成金丸わかりガイド出産篇 | Life Support Program(ライフサポートプログラム) | 東京海上日動あんしん生命
     

    母子健康手帳の交付を受けるまで、女性は受けられません。妊娠届けをきちんと出すことが大切なんだそうです。

  •  




     出産時に必要なお金

  • 分娩・入院費ってどのぐらいかかるの?

  • 分娩、入院費の平均額は47万3626円

    分娩や入院にかかる費用は、病院によって差がありますが、厚生労働省の調査によると、総額の全国平均額は、47万3626円です。ただし、出産時には「出産育児一時金」が健康保険から支給されます。赤ちゃん1人につき42万円支払われるので、実際に負担する額は数万円程度で済む場合が多いようです。
    出典 :お金のプロがアドバイス! 妊娠・出産に向けて準備費用は必要ない!? | 「マイナビウーマン」
     

    これは助かりますよね。

  • 双子の場合は?

  • 帝王切開の場合は?

  • 未熟児だったら・・・?

  • 出産後にもらえる「お金」

  • 出産育児一時金って何?  いくらもらえるの?

     

    出産は病気ではないので、健康保険が伝えない。費用は全額自己負担となるが、その時に頼りになるのが出産育児一時金だ。健康保険から、子供ひとりにつき42万円がもらえる。双子の場合は84万円となる。自治体や健康保険組合によっては、「付加給付」がついて42万円+αが給付される場合もある。「たとえば港区ですと、上限60万円までは出産費用を助成してくれます。また健康保険組合で多いのは5万円上乗せをして47万円という給付です」(畠中さん)。

    引用)http://ouchi.woman.excite.co.jp/article/money/rid_E1375076804113/

  • 「出産準備品」

     

    出産準備品の平均は、約9万6650円(「たまごクラブ」編集部調べ) 出産準備用品にかかったお金は、平均約9万6650円(「たまごクラブ」編集部調べ)。マタニティウエアで、意外と盲点なのは下着類。洋服は普段着を使い回すこともできるけれど、下着は妊娠期限定で必要なものもあるからだ。ベビー関連グッズは、買いすぎに注意! 私は3人の子を産んだけれど、ベビーベッド、ベビーバス、チャイルドシート、搾乳機、全てレンタルで済ませて何の問題もナシ。初産の時はベビーウエアを買いすぎてしまったので、第2子以降は、肌着だけを揃え、様子を見ながら買い揃えていく、程度で充分だった。

    引用)http://ouchi.woman.excite.co.jp/article/money/rid_E1375074036113/

  • 慌てず、急ぎで何が必要なのか、追々で良いのかをきちんと考えて買うことも大切ですね。