脳腫瘍のレーザー治療を解明!

もしもなってしまったら?今はどんな治療法があるのでしょう。脳腫瘍のレーザー治療についてまとめてみました。

view245

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳腫瘍とは

  • 悪性腫瘍(あくせいしゅよう)と良性腫瘍(りょうせいしゅよう)がある 頭蓋内(ずがいない)(頭蓋骨(ずがいこつ)で囲まれている内側)には、脳のほか、髄膜(ずいまく)(脳膜(のうまく))、脳神経、下垂体(かすいたい)などの組織が存在し、そのいずれからも腫瘍が発生します。頭蓋内の腫瘍をまとめて脳腫瘍と呼んでいます。
    出典 :脳腫瘍 とは - コトバンク
  • 症状は、主にこのようなものがあげられます。

  • (1)慢性的な頭痛
      初期では2割程度、進行すると7割程度の患者さんにみられます。起床時に最も強く、時間が経つにつれて少し改善する傾向があります。
    (2)原因不明の吐き気や嘔吐
      頭痛とともに吐き気が続いたり、嘔吐するような場合もあります。
    (3)視神経の異常
      腫瘍が大きくなって神経が圧迫され、視力低下などの自覚症状を引き起こす場合があります。この他、発生した部位によっては「しびれ・手足のマヒ」「言葉がうまくでない」「聴覚障害」などがあります。
    出典 :脳腫瘍|種類|原因|症状|検査
  • 脳腫瘍になる原因は、さまざまなものがあります。また、それらが複雑に絡み合い脳腫瘍になることもあります。
    1、喫煙 2、酸化した油の食品 3、ストレス 4、携帯電話などの電磁波

    では、なってしまったら現在ではどのような治療法があるのでしょう。

  • 脳腫瘍の治療法

  • 手術でできるだけ腫瘍を取り除くことが予後の改善につながると言われますが、腫瘍の部位によっては腫瘍を摘出することで麻痺、失語、意識障害などの重篤な合併症が起こる危険があります。
    そこで上記のような検査所見から脳の大事な領域と腫瘍との関係を同定し、手術においても症状を悪化させないよう最善の方法をとって、腫瘍をできるだけ摘出します。
    出典 :東京大学医学部脳神経外科:脳腫瘍
  • 危険を伴う脳の手術はどのような方法で安全に行われるのでしょうか?
    レーザー治療とはどのように行うのでしょうか。

  • 脳のレーザー治療

  • レーザーで焼いたり超音波で腫瘍を砕いたり、種々の手術機器が開発されています。また、カーナビのような、手術中に今どこを触っているかを示してくれるナビゲーションシステムや、腫瘍だけを蛍光色素で光らせて摘出する方法などもあります。したがって、脳以外の組織から発生する腫瘍は、全部摘出できる可能性が高くなり、全摘出できた場合は完全に治ってしまいます。
    出典 :脳腫瘍は怖くない!|| 大阪医科大学脳神経外科
  • 悪性脳腫瘍のPDT治療については、日本をはじめ世界各国で以前から研究開発が行われてきました。しかし、レーザー光は深さ1センチ未満の腫瘍組織にしか届かず進行がんには十分な効果が期待できないことや、人間の脳細胞に対する本レーザー光照射についてそれまで例がないなど、いくつかの課題がありました。
    出典 :リリース | お知らせ・リリース | 東京医科大学病院
  • 新しいレーザーの技術

  • 難しいといわれる悪性脳腫瘍に関して、有望な治療法のひとつが光線力学的療法(PDT)です。PDTは、開頭による脳腫瘍切除術と併用して行われます。事前に投与した光感受性物質が集まった箇所にレーザー光を照射し、光感受性物質に光化学反応を引き起こして活性酸素を発生させ、手術で取りきれなかったがん細胞を変性・壊死させます。PDTの大きなメリットは、悪性腫瘍を狙い撃ちにするため正常な細胞を傷つけるリスクが少ないという点です。また、一般的な高出力のレーザー治療とは異なり、手をかざしてもほとんど熱さを感じない程度のレーザー光を用いるため、患者への侵襲性が少ないなどの特徴があります。
    出典 :リリース | お知らせ・リリース | 東京医科大学病院
  • 技術の進歩で、患者の負担にならないようになってきています。今後の治療技術のますますの進歩に期待です!