冷え性対策~ふくらはぎ健康法~

1日3分“ふくらはぎ”を揉むだけで、体がポカポカしてくるという冷え性の方にピッタリな簡単健康法です。

view363

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 冷えの状態とは?

  • 冷えというのは、体全体はそんなに寒さを感じないのに
    末端部分の手足が異常に冷たくなる状態のことをいいます。

  • 知られていない?意外な冷えの原因

  • 冷え性といえば、不規則な食生活や運動不足、
    冷房にさらされる環境などが大きな原因と言われてきました。
    でも、意外な原因もあるんです。

  • ブーツが冷えの原因?

     

    防寒グッズの代表ともいえる“ブーツ”ですが
    足首が固定されるために血行不良となり
    冷えの原因となるんです。
    できるだけ、柔らかい素材のものを選びましょう。

  • ただ単に着こんで体を暖めようとしても、なかなか冷え性は緩和されません。
    そこで、忙しい人にも簡単に短時間でできる“ふくらはぎ健康法”が
    効果的なんです。

  • こんな“ふくらはぎ”は要注意!

  • ・手のひらより冷たい、またはほてったように熱い
    ・弾力がなくフニャフニャしている
    ・ガチガチにかたい
    ・むくんでパンパンに張っている
    ・しこりがある
    ・押すといたみを感じる箇所がある
    ・指で押した跡がなかなか消えない
    出典 :ふくらはぎを揉むだけで健康になれる? 注意するのは「ほてったような熱さ」「フニャフニャ」 | 「マイナビウーマン」
  • ふくらはぎのマッサージ方法

     

    マッサージのポイントは
    血液を戻すようなイメージで
    心臓に向かって揉むことです。

  • 下半身には血液の70%が集まっているため、ふくらはぎをマッサージして
    血流をアップすることで代謝が良くなり体温もアップするということです。

  •  (1)椅子に座る
     (2)左の膝に右のふくらはぎを軽く乗せる
     (3)そのまま右足を上下に動かし、ふくらはぎの中央をマッサージ
     (4)ふくらはぎの位置を外側、内側とずらし、膝でもんでマッサージ
     (5)慣れてきたら足首回転運動も加える
     (6)左のふくらはぎも同様に行う。マッサージは各30秒ずつ
    出典 :【ベストセラー健康法】ふくらはぎは「第2の心臓」 血を上半身に回し免疫力アップ - 政治・社会 - ZAKZAK
  • ふくらはぎ健康法の効果

  • ・心臓、腎臓の負担が軽くなり、血圧が安定する
    ・酸素や栄養が全身に行きわたるため、効率よく老廃物を排出できる
    ・基礎代謝が高まり、余分な体脂肪が落ちる
    ・細胞が若返り、老化が遅くなる
    ・免疫力があがるため、アトピー、花粉症などの症状が軽減する
    ・肌荒れが改善。シミや抜け毛の予防にも
    ・自律神経が整うため、不眠やうつが改善
    ・認知症の予防
    出典 :ふくらはぎを揉むだけで健康になれる? 注意するのは「ほてったような熱さ」「フニャフニャ」 | 「マイナビウーマン」
  • 原因不明の体調不良・・・

     

    なんとなくだるくて疲れやすかったり、代謝が悪くて太りやすかったり
    こういった原因不明の体の不調に悩んでいる人は試す価値ありです。

  • ふくらはぎ健康法は
    すきま時間に0円で簡単にできる健康法です。
    ぜひ習慣にしたいものですね。