【ほおっておくと危険?!】あなたのいびき、大丈夫?!

『昨日の夜、いびきすごかったよ。』

なんて言われたことはありませんか?寝ている自分は気づかなくても、一緒に寝る人には迷惑だろうなぁ…何だか申し訳なく思ってしまいますよね。
しかし、『申し訳ない』だけではすみません!実はそのいびき、あなたの身体から出ている危険信号かもしれませんよ!

view227

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【どうして音がでるの?!】いびきのメカニズム

  • いびきの音にも勿論個人差がありますが、びっくりするほど大きな音を出す場合もありますね。では、あの大きな音は一体何処からでてきているのでしょうか?

  • いびきの原因は、狭くなった上気道に呼吸で空気が通ると、無理やり空気が通るので粘膜が振動して音が発生します。
    出典 :いびきの仕組み いびき治療始めよう
  • いびきは上気の粘膜が、呼吸で振動を起こしますが、起きている時ではなく睡眠時にしかいびきが起きないのは、睡眠中は上気道が狭くなってしまっているからです。
    出典 :いびきの仕組み いびき治療始めよう
  • 睡眠時は全身の筋肉が緊張が緩んだ状態なので、上気道の筋肉も緩んで気道が狭くなります。睡眠時だけでなく、アルコールを大量に摂取したときや、疲労やストレス、また肥満など色々な原因で上気道が狭くなるとされています。
    出典 :いびきの仕組み いびき治療始めよう
     

    太っている人は、軟口蓋や上気道の内側の壁にもぜい肉がついているため、気道が狭くなるそうです。また、太った人は身体が大きく、普通以上に酸素を必要とするため、たくさん空気を吸い込もうとして大イビキになりやすいということです。

  •  

    左図の丸で囲まれた部分が上気道です。
    この上気道が狭くなることで、いびきの音が発生しているのですね。

  • 【何が違うの?】いびきをかく人、かかない人

  • いびきは『上気道』から発生することがわかりました。
    でも、どうしていびきをかく人とかかない人がいるのでしょうか?その違いについて見ていきましょう。

  • イビキをかく人は、一般に比べて上気道の空気の通りがよくない。つまり、それだけ体内に酸素を送り込みにくいというわけである。一説には、大イビキをかく人は、かかない人に比べて血液中の酸素量が30%前後も少なくなることがあるともいわれているのだ。
    出典 :イビキは身体の危険信号|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    上気道が狭い、ということはそこを通る『酸素』の量も少なくなるわけですよね。それにしても、一般に比べて『30%前後』も酸素が少ないと聞くとびっくりしてしまいますね。酸欠にならないのでしょうか?

  • この状態と関係が深い病気は、高血圧、心不全、動脈硬化、不整脈、脳こうそく、糖尿病などの生活習慣病だ。さらに、イビキをかく人の中には、上気道に何らかの障害があって、空気が通らず、数10秒間も呼吸が止まった状態を寝ている間に何度も繰り返す「睡眠時無呼吸症候群」という病気のおそれがある人もいる。
    出典 :イビキは身体の危険信号|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    『睡眠時無呼吸症候群』、皆さん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

  • 普通のいびきと、危険ないびき

  • いびきには、それほど心配のない場合とすぐに病院で診てもらった方が良い場合とがあります。
    出典 :危険ないびき【いびきGuide】
  • 大きないびきは心臓に負担がかかりますし、途中で無音になるようないびきは睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。睡眠時間を取っているにも関わらず昼間に眠くなったり疲れやすいなどの症状がある場合には、病院へ行きましょう。また、今までいびきをかいたことの無かった人が突然いびきをかく場合は、脳梗塞などの可能性が考えられます
    出典 :危険ないびき【いびきGuide】
     

    上記のような可能性があるのですね。いずれにせよ、いびきをかいている本人には様子がわかりません。周囲の人間が、異変に気付いた段階ですぐに声をかけてあげましょう。

  • 危険!!睡眠時無呼吸症候群について知ろう

  • 1.普通のいびきとの見分け方

  • 『睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)』が危険ないびきだということはわかりました。
    では『危険ないびき』か『普通のいびき』かを判断するには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

  • 無呼吸を伴うイビキは、イビキがしばらく止まり(平均30秒、長いときは2分以上)、その後あえぐような激しい息、またはイビキで呼吸が再開するのが特徴です。健康なイビキは規則的でこのような変動がありません。
    出典 :イビキて何
  • 2.治療方法

  • <生活習慣の改善>
    肥満の方は生活に運動を取り入れたり、晩酌をされる方は量をへらすことで、無呼吸が軽減する場合があります。
    出典 :あなたのいびきは睡眠時無呼吸症候群?:SASについて:生活習慣の改善
  • <CPAP(Continuous Positive airway Pressure)>
    睡眠中に鼻マスクを装着し、鼻マスクから空気が一定圧で送り込まれ、睡眠中に緩んだ喉の筋肉によって喉が塞がってしまうのを防ぎます。送られてくるのは、酸素ではなく空気です。
    出典 :あなたのいびきは睡眠時無呼吸症候群?:SASについて:治療法の決定:CPAP:CPAPはどういう療法?
  •  

    いかがでしたか?
    軽い症状の人でも、質の良い睡眠を取ることは翌日の元気につながりますので、いびき対策を積極的に行っていきましょう。
    枕を変えたり、鼻テープやマスク、マウスピース、ダイエットなど手軽に出来る方法はたくさんあります。ぜひ試してみて下さい!