体が重いと感じる理由【まとめ】

体が重いと感じる事はありませんか?
そんな疑問をまとめてみました

view981

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 体がだるい原因

  • 運動不足

  • 体が重いという症状の原因に運動不足があります。
    いくら疲れないようにといっても体を動かさないのは、
    かえって体を衰弱させてしまいます。
    運動をしなければ筋力低下にも繋がり、
    そのために少しの運動でも疲れてしまうことになります。

    運動をしなければ体も支えられなくなり、
    最悪の場合は自分の腕や足も持ち上げられなくなります。
    これは病気の寝たきりの人と同じことです。
    出典 :運動不足 | 体が重いときの原因と対処法
  • 肉体的な疲労は寝ればいいとして、精神的な疲労は睡眠だけでは取れないわけです。もっと根本的なケアが必要な気がします。

    土日しっかり眠ったサラリーマンでも、月曜になると気分が重たくなる方もいます。単なる疲労から、『うつ』状態になっていたりすることもあるわけです。
    出典 :体がだるい原因は、疲労だけ?肉体的なひろうはいいけど、精神的な疲労は要注意!:病気じゃないのに体がだるい・重い!取れない疲れ解消方
  • 病気ではないだるさと感じたら

  • 病気でないならばストレスを溜めないようにして、
    生活状況を見直して、この場合も疲れを解消するようにするといいでしょう。
    また食欲がない、熱が出ている、精神的に辛いなどの症状がある場合は、
    病院に行って一度診察して原因を調べてもらったほうがいいでしょう。
    出典 :なぜ体が重いのか | 体が重いときの原因と対処法
  •  

    必ず見てもらってください
    万病のもとかもしれません
    気をつけましょう

  • 貧血

  • 貧血になると体が重いときがあります。
    貧血になると筋肉に酸素を供給できないので、息切れやふらつくことなどがあり、
    朝などは体が重いという症状になります。
    貧血の場合は、常に体が重いというよりは朝や運動した後などに症状がでます。
    出典 :貧血 | 体が重いときの原因と対処法
  • 女性と男性を比べると、女性の方が蓄えられる鉄分が少なく、
    月経などの出血で鉄分不足になりやすい傾向にあります。
    貧血では体が重いという症状の他に動悸、めまい、頭痛などの症状も出てきます。
    貧血の状態が長く続くと感じられる場合は、病院で検査した方がいいでしょう。
    必要な場合は鉄剤を服用することも必要になるかもしれません。

    出典 :貧血 | 体が重いときの原因と対処法
  • 精神面の原因

  • 体が重いと感じる症状が長く続く場合は、
    ストレスやうつなどの精神的な面が影響している場合があります。
    病院で検査しても特に異常が無く原因がわからなく、
    体が重い、だるさを感じる、疲れが取れないといった症状があるときは精神的原因を
    一度考えてみたほうがいいでしょう。
    出典 :精神面の原因 | 体が重いときの原因と対処法
  • 冬季うつとは

     

    冬季うつは、季節性うつ病(季節性情動障害、季節性気分障害、季節性感情障害ともいう)の一種です。名前の通り、冬季(秋から春にかけて)にのみうつ病のような症状が出る病ですが、一般的なうつ病の症状(気分の落ち込みや疲れやすいなど)だけではなく、過眠や過食という、うつ病とは正反対の症状も現れるため、うつとは自覚されにくいようです。
    冬季うつは、一度発症すると、毎年繰り返すと言われています。毎年、冬以外の季節は元気なのに、冬になるとなぜか気が重くなる、だるくなるという場合は、冬季うつかもしれません。

  • 低血圧

  • 疲れていないのに体が重く感じられる、すぐ横になりたいと思う、
    そんな状態の場合は低血圧が原因かもしれません。
    低血圧の場合はたちくらみも起きることがよくあります。
    その他にめまい、頭痛、動悸などの症状もあります。

    低血圧では血液が体の隅々まで届きにくく、
    酸素不足のために体が重く感じられます。また頭もぼーっとすることが多いかもしれません。
    特に数値ではいくらだと低血圧だと決められた水準はありませんが、
    最高血圧が100mmHg以下だと低血圧とみられるので検査するか測ってみるといいでしょう。
    出典 :低血圧 | 体が重いときの原因と対処法
     

    しっかりと理由をみつけて改善しましょう!