西式甲田療法で体質改善

ちょっとストイックですが、アトピーや円形脱毛症で悩んでいる人、本気で体質改善したい人は試してみて下さい。

  • osugi 更新日:2013/12/16

view876

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 西式甲田療法とは?

  • 西勝造氏が完成させた健康法で、医学博士の甲田光雄医師がその方法を治療に応用し、主に食事療法であらゆる病気を根治させる方法です。
    出典 :西式甲田療法とは?|グリーンのブログ
  • 主に食事療法と西式健康法の体操であらゆる病気を根治させる方法です。
    出典 :西式甲田療法とは?|グリーンのブログ
  • 甲田先生とは?

  • 甲田 光雄 
    1924年、大阪府出身。大阪大学医学部卒。元大阪大学非常勤講師。現在、日本綜合医学会名誉会長、医学博士、甲田医院院長。中学、陸軍士官学校以来、病弱のためしばしば休学をくり返す。その間、現代医学の治療を続けながら回復せず、これに絶望を感じ、以来、西式健康法、断食療法、生菜食健康法など、自然医学の研究に向かう。各種の民間健康法を自ら実践・研究し、これらを応用するユニークな健康指導医として開業。現代医学では難治とされる種々の疾患に挑戦して多くの治験例を挙げている

  • 治癒実績

  • 花粉称、鼻づまり、てんかん、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、便秘、
    潰瘍性大腸炎(UC)、クローン病(CD)、腎臓病、肺がん、右上腕神経麻痺、
    慢性疲労症候群(CFS)、肩こり、便秘、頭痛、冷え性、動悸、むくみ、
    めまい、生理痛、重度の花粉症、脱毛、不整脈、糖尿病性網膜症
    進行性筋ジストロフィー、乳がん、子宮筋腫、前立腺がん、進行性筋萎縮症、
    筋萎縮症、
    全身性進行性強皮症、多発性硬化症(MS)、尋常性白斑(白ナマズ)、失明、ブドウ膜炎、
    喘息発作、多発性関節リウマチ、円形脱毛症、腎炎、突発性賢出血、高血圧症、狭心症、
    ヘルペス、肥満症、偏頭痛、不妊症、リウマチ、慢性関節リウマチ、関節リウマチ、
    肺結核、
    甲状腺腫、血管性紫斑病(リュウマチ)、悪性リンパ腺腫、白髪、気管支喘息、喘息、
    自律神経失調症、膵臓炎、更年期障害、多発性筋炎、強皮症、慢性甲状腺腫、慢性肝炎、
    ヘルニア、悪性の腫瘍、アレルギーの病気、高脂血症、脂肪肝、高血圧、動脈硬化、脳卒中、
    心臓病、糖尿病、ウイルス性肝炎、慢性腎炎、全身性エリテマトーデス(SLE)、
    ベーチェット病、
    心身症、慢性胃炎、慢性腸炎、胃腸虚弱、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腰痛、ひざの痛み、
    妊娠中や産後のむくみ、妊娠性糖尿病、ガン、痴呆、脳梗塞、C型肝炎、痔ろう、
    座骨神経痛、
    原田氏病、再生不良性貧血、悪性脱毛症、ネフローゼ、前立腺ガン、脊髄小脳変性症(SCD)
    パーキンソン病、多発性関節リウマチ・シェーグレン症候群、子宮ガン
    目のくま、緑内障、ドライアイ、目の疲れ、白内障、網膜色素変性症  など他多数

  • 食事療法

  • 食事療法の実際:体質、環境等により分かれます。
    出典 :甲田式健康法 日本食養協会
  • ①1日1700kcal何を食べても良い、ただし眠る4時間前に食事を終える。

  • ②朝 青汁、1日1.5Lの水(食事中と食後3時間は取らない)
    昼 玄米1合 豆腐200g ごま10g 塩5g
    夜 昼と同じ

  • ③、②の玄米ご飯を玄米クリームに(胃の弱い人の特効薬・作り方に注意)
    生食(体質改善の決め手・胃の弱い人はクリーム食で治してから行う)


  • A. 昼 青汁・人参おろし・大根おろし・山芋おろし・生玄米粉・蜂蜜・豆腐・塩
    夜 昼に同じ(計約1100kcal)
    B. 昼 青汁・赤汁
    夜 青汁・赤汁・生玄米粉・蜂蜜・豆腐・塩(計約900kcal)

  • ⑤断食

    注:断食は個人で勝手にできるものではないので、必ず指導できる先生の指示通りに行ってください。

  • 柿の葉茶を飲む

     

    柿の葉茶のビタミンCは、健康や病気予防に効果的です。

  • 運動法

  • 金魚運動

     

    金魚のように体をリズミカルにくねらせ、動的な脊柱矯正を行います。
    朝夕、1、2分ずつ。

  • 毛管運動

     

    別名「ぶらぶら運動」。手足を垂直に上げて微振動させることで、毛細管現象を生じさせ、血流を促進します。

  • 合掌合蹠運動

     

    別名カエル運動。平泳ぎのように手足を屈伸させ、骨盤の異常を矯正する。

  • など、他にも運動法がたくさんあります。
    出典 :西式健康法まとめⅠ - NAVER まとめ
  • 治った人の本も出ています。

  • 「食べること、やめました」  森 美智代さん
    出典 :Amazon.co.jp: 「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年: 森 美智代: 本
     

    現代医学では治せる治療法がないといわれている、難病「脊髄小脳変性症」が治った人の本

  • マンガでわかる「西式甲田療法」 赤池 キョウコさん
    出典 :Amazon.co.jp: マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫): 甲田 光雄: 本
     

    難病「潰瘍性大腸炎」が治った人の本

  • この療法の要は宿便を出して溜めないこと。

  • 宿便が出ると体調がよくなって病気が改善するらしい。
    出典 :西式甲田療法3ヶ月目 待望の宿便 - ちびめろ日記 - Yahoo!ブログ
     

    薬くさい宿便がでて、薬の錠剤らしき白いカタマリが混じっていたという人多数…

  • 注意点(一部)

  • ・断食・少食は、好転反応(一時的に症状が悪化する)があります。
    ・生菜食はしばらく体が冷えるそうですが、その後逆に暖かくなるそうです(体質が変わる。)。
    ・断食・少食は段階をおって行います。始めは間食・夜食を無くすことから始めます。それが辛い人は、それを青汁や果物にかえて始めます。
    ・1日断食、毎日1日2食は比較的安全ですが、病人、老人などは専門の施設で行なうのが無難です。
    ・長期の断食はリスクがあります。基本的に専門の施設で行なってください。

  • 持病などで悩んでいる人・本気で体質改善したい人は試してみてはどうでしょう?