ちょっと待って!ダイエットをする前に知っておく事!【リバウンド対策】

ダイエットを行う前に知っておかないといけない事があるのです
リバウンドしない事、これはとても大切です
リバウンド対策もしっかりしって行いましょう

view152

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • リバウンドの原因を知っておくこと

  • リバウンドをする原因のうち、身体的な要因に基づくものは、
    おもに2つあります。
    •エネルギー消費量、吸収率の変化
    •満腹感の減少
    出典 :リバウンドしない痩せ方【理由・原因・対策】 | ダイエット&健康の最新情報
     

    吸収率の変化は怖いのです

  • 痩せようと頑張ったのに、以前の体重以上に太ってしまうのは、ダイエットの罠とも言うべき存在です。せっかくはじめたダイエットを成功させるためには、リバウンド対策を行うことが大切になります。
    出典 :油断大敵「リバウンド」の罠【実践!1ヶ月ダイエット】
     

    やはりリバウンド対策はとても重要な事になってくるようです

  • 脂肪が体内に吸収されると、
    “レプチン”というホルモンが分泌されて満腹中枢を刺激して、満腹感が得られます。
    しかし、ダイエット中は脂肪の吸収が減少するので、レプチンの分泌量もそれに伴い次第に減少していきます。
    このレプチンが、ダイエットの空腹の一因をになっているのです。
    出典 :リバウンドしない痩せ方【理由・原因・対策】 | ダイエット&健康の最新情報
     

    レプチンは大切な要素ですね

  • 体がそのレプチンの分泌量が「正常な分泌量だ!!」と判断するまで、1ヶ月かかります。

    もしも、ダイエットを途中でやめて、急に元の食事に戻した場合、大きなリバウンドを引き起こしてしまうかもしれません。

    上述した“ホメオスタシス”の影響により、元の食事に戻した場合、『消費カロリー<摂取カロリー』となります。
    出典 :リバウンドしない痩せ方【理由・原因・対策】 | ダイエット&健康の最新情報
     

    これでもっとリバウンドにちかづくのです

  • リバウンドしやすい人はいる

  • 過去に何度もダイエット→リバウンドを繰り返している
    食べものをよく噛まない
    運動嫌いで筋肉がない
    短期間に5kgや10kgなど急激な減量をしたことがある
    1日1食や単品ダイエットをしたことがある
    体温が低い
    体重計にのらない
    出典 :油断大敵「リバウンド」の罠【実践!1ヶ月ダイエット】
     

    これらに当てはまったら・・・

  • 繰り返しリバウンド

     

    そんな事続けていても
    ダイエットにはならない!
    リバウンドを止めるべし!

  • リバウンド対策をしよう

  • 1、1ヶ月の体重減少を、5%以内に抑える!
    “ホメオスタシス”が最大に働くのは、
    体重が1ヶ月に5%以上落ちた時です。

    目標の設定段階で、1ヶ月の減量を5%以内にしましょう。
    出典 :リバウンドしない痩せ方【理由・原因・対策】 | ダイエット&健康の最新情報
     

    健康的に痩せる事が出来ると言われている設定です

  • 停滞期が訪れても、1ヶ月は食事を元に戻さない!

     

    停滞期で元の食事に戻すと、元の体重に戻るどころか、
    下手したら元の体重以上に太ってしまいます。
    もし停滞期を乗り越えたら、脳は、「あれ!?これ飢餓じゃないんだ!」と判断して、
    “ホメオスタシス”が収まり、また正常の『消費カロリー>摂取カロリー』の状態になります。
    そして、少ないレプチンの分泌量にも体が慣れてきて、少ない食事でも満腹感を得られるようになってきます。

  • 無理なダイエットをしない!
    ストレスを感じない程度に、好きなものを食べていたら、
    それほど食べたい欲求は湧いてきません。

    “ホメオスタシス”の機能も考慮して、
    やはり目標体重を1ヶ月で5%以内に定めましょう。

    出典 :リバウンドしない痩せ方【理由・原因・対策】 | ダイエット&健康の最新情報
     

    きちんと対策をしてダイエットに取り組みましょう!