目覚めるのが早過ぎてお悩みのあなたへ!早朝覚醒の改善方法

もっと寝ていたいのにと、早朝覚醒を改善したいと悩んでいらっしゃる方も多いようです。
今日は、不眠症の一種である「早朝覚醒」その症状と対策についてまとめてみます。

  • nelle 更新日:2014/01/31

view582

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早朝覚醒は不眠症の一種!

  •  

    夜なかなか眠れない、
    眠っても熟睡感がない…。
    一般的に、こういう場合、
    単純に不眠症と考えられますが、
    実は、この不眠症には、
    入眠障害、熟眠障害、中途覚醒など、
    いくつかのタイプがあるんです。

    その中のひとつが、
    今回取り上げる「早朝覚醒」です。

  • ◆早朝覚醒

    起きる予定の時刻まで時間はたっぷりあるのに、
    早朝の早い時間に目が覚めてしまい、それ以後は眠れなくなる、
    または朝を過ぎて二度寝してしまうという不眠のタイプです
    出典 :睡眠障害の種類 不眠症で眠れない悩みの解決法
  • 早朝覚醒の症状

  •  

    不眠症の中では最も少ない「早朝覚醒」!
    年齢と共に朝が早くなっただけで
    「早朝覚醒」の症状ではないこともあります。
    特に疲れやストレスを感じることがなければ、
    それは「早期覚醒」とは考えず、
    自分のリズムと考えればいいようです。
    ただ、若い方で、朝早く起きてしまうことが
    ストレスに感じるようなら要注意!
    このように、「早朝覚醒」には
    2つのパターンがあるそうです。

  • 一般的には、起きたい時間よりも早く起きてしまうことが、週に3日以上、
    それが1ヶ月以上続く場合は、
    早朝覚醒という不眠症にかかっている可能性が高いと思われます。
    出典 :早朝覚醒~朝早く目が覚める原因と対策~ | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • 早朝覚醒の2つのパターン!

  • 老人性早朝覚醒

     

    「老人は朝が早い」と言いますが、
    こちらはあまり深く悩む必要はありません。

    自分が「老人」と考えるのは
    まだちょっとと思うかもしれませんが、
    単純に朝が早くなったと考えましょう。
    生活のリズムをそれに合わせて、
    習慣づけ、気持ちを楽に過ごしましょう。

  • 加齢に伴って睡眠力は落ちていきます。
    メラトニンの分泌も抑えられ、眠りが全般的に浅くなるため
    中途覚醒や早朝覚醒が起こりやすいのです。他の睡眠障害と違い、
    ある程度の年齢で熟睡感さえあれば特に治療の必要もなく、
    睡眠障害に分類しないケースも多いです。
    出典 :早朝覚醒の原因と対策 不眠症で眠れない悩みの解決法
  • 但し、日中に激しい眠気を感じたりする場合は、
    老人性早朝覚醒とは認められませんので注意が必要です。
    出典 :予定外の早起きは不眠症のサイン!?
  • うつ病からくる早朝障害

     

    こちらは、ちょっと深刻な早朝覚醒…。
    朝だけでなく、眠れないとか、
    途中で何度も目覚めるなどの症状もあり、
    ひどい睡眠不足に悩まされることになります。
    日常的にストレスを感じたり、
    気持ちが落ち込んだりする場合は、
    うつ病によりものである可能性があります。

  • 断続的に不規則な眠りに悩まされる場合、
    気分の変調、落ち込み、等の問題がある場合は、
    できるだけ早く医療機関を受診して、
    専門医に相談することを検討してください。
    出典 :早朝覚醒の原因と対策 不眠症で眠れない悩みの解決法
  • 早朝覚醒の対処法!

  •  

    早朝覚醒といっても、日中に
    眠気やストレスを感じないのであれば、
    特に不安を感じる必要はありません。
    無理に二度寝しようとせずに、
    生活が朝型になったと考えましょう。
    一般的には、30代半ばくらいから、
    睡眠のパターンに変化があるそうですよ!

    まずは、自分なりに解消する方法を探ってみましょう!

  • うつ病が疑われる場合は、まずは病院に行く!
    出典 :早朝覚醒~朝早く目が覚める原因と対策~ | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • 就寝時にリラックスできる環境を作る!

    例えば、抱き枕を抱いて寝るとか、睡眠中にアロマを焚いておくとか、
    自分なりにリラックスできるような睡眠環境を作り出すことが、
    早朝覚醒には効果的です。
    出典 :早朝覚醒~朝早く目が覚める原因と対策~ | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • 運動不足を解消する!

    ストレッチや散歩など、軽い運動を毎日行なうようにしましょう。
    あくまでも「軽い運動」にとどめ、ジョギングなどの激しい運動は避けましょう。
    出典 :すぐに目が覚める不眠症の「早期覚醒」とは?症状や対処法を解説
  • 規則正しい生活リズムを安定的に保つ!

    早期覚醒の改善には、起きて活動する「昼」と、
    静かに休息する「夜」のメリハリをつけることが何より大事です。
    出典 :すぐに目が覚める不眠症の「早期覚醒」とは?症状や対処法を解説
  • どうしても改善されない場合は、病院で相談してみましょう!