白い歯にするには?費用や安全性って?【ホワイトニング】についてのまとめ

歯が白いと綺麗に見えますよね
そんな方法をまとめてみました
参考にしてくださいね

view481

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ホワイトニングって?

  • 歯のホワイトニングとは?

    ホワイトニングとは歯の表面に付いた色素を落としたり、また歯の中にある色素を分解して歯を明るく、そして白くする技術で、1989年にアメリカで実用化されました。

    昔は削ってセラミックをかぶせたり、差し歯にすることでしか歯を白くできませんでした。
    しかし今はホワイトニング技術の発展で、手軽に黄ばんだ歯を白くすることが可能になっています。
    出典 :白い歯で好感度アップ!知っておきたい歯のホワイトニング | 美肌マニアの美容情報
  •  

    口元からこぼれる真っ白な歯は、清潔感があって素敵です。
    最近は就職面接のために歯並びを矯正したり、また歯を白くするホワイトニングをする人が少なくないようです。
    好感度がアップする歯のホワイトニングについてご紹介しましょう。

  • ホワイトニングは二種類あるよう

  • オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニング治療です。
    ホームホワイトニングで使うホワイトニング剤よりも多く過酸化水素を使用するので、短時間で白い歯にできることが最大のメリットとなります。

    ※オフィスホワイトニングの手順
    1.歯の清掃と歯石除去
    2.歯肉にプロテクターを装着(歯肉にホワイトニング剤が直接かからないように)
    3.ホワイトニング剤を塗布
    4.一定時間放置(2~3分)
    5.光線を照射 (ホワイトニング剤の活性化)
    6.歯を水洗い

    このサイクルを1日に数回で完了、もしくは日にちを分けて数回おこないます。
    これは歯科医によって違うので要確認です。
    出典 :白い歯で好感度アップ!知っておきたい歯のホワイトニング | 美肌マニアの美容情報
  • ホームホワイトニングは、自宅で行う歯のホワイトニング法です。

    ※ホームホワイトニングの流れです。
    1.かかりつけの歯医者で、ホワイトニングが可能かどうかを診断してもらう
    2.ホワイトニング出来ると判断した場合、ホームホワイトニング用のマウスピースを作成してくれる
    3.マウスピースが完成したら、ホームホワイトニングキットや施術法のカウンセリングを受ける

    ※自宅でのホワイトニング
    1.作ってもらったマウスピースにホワイトジェルを入れて歯に装着する
    2.日中30分~1時間程度装着する方法、もしくは夜寝ている間に使用する方法があるのでどちらかをチョイスする
    3.時間がきたら取り外して歯磨きをする
    4.マウスピースに残ったホワイトニングジェルは低温水で洗い流す

    ホームホワイトニングの方法はこの流れを毎日行います。

    どちらもホワイトニング効果はありますが、特徴としてオフィスホワイトニングの方が即効性があります。
    そしてホームホワイトニングは、費用も安くすみ、オフィスホワイトニングより効果が持続するという点があります。

    またオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することも可能です。
    出典 :白い歯で好感度アップ!知っておきたい歯のホワイトニング | 美肌マニアの美容情報
  • 気になる費用は

  • ご存知の人も多いと思いますが、ホワイトニングには保険が適用されません。
    一体治療費っていくらかかるの?続けたら高額になりそう…なんて不安になりますよね。

    そして歯科医院によってもお値段はバラバラで1~2万円で受けられるところもあれば、10万円を越えるところもあります。
    ですが、安いからココ!と安易に決めてしまうと、本来感じられるハズの効果が出なかったり、何度も通院が必要で結果的に費用がかさんでしまうこともあります。せっかくお金を出して受けるのだからこんな失敗はしたくないですよね。
    出典 :知って安心・ホワイトニング豆知識
  • ホワイトニングの料金・治療費の目安


    オフィスホワイトニング 全部トータルで約2~10万円。
    複数回行う場合は、歯1本に付き約5000円~1万円。
    ホームホワイトニング 全部トータルで約2~5万円。
    (マウスピースの製作料を含む)

    自分でホワイトニング剤を購入した場合は、約5000円~1万円。
    デュアルホワイトニング 全部トータルで約5~10万円。
    (マウスピースの製作料を含む)

    ※上記の金額は、上下の前歯12本に対してホワイトニングを行なった場合の費用の目安です。
    出典 :ホワイトニングの料金・治療費・値段・費用
  • 安全性の確認をしておこう

  • 日本やアメリカでの研究で、「ホワイトニング剤は飲みこんでも害がない。体に与える影響は食品と同じ程度」と安全性が確認されているのです。

    ホワイトニングで使う薬剤は、主に過酸化水素水と増粘剤を触媒して作られているそうなんですが、この過酸化水素水というのは、私たちの肝臓でも作られているもので、増粘剤にはグリセリンなどの無機化合物が使われているそうです。
    なので口の中に入っても害はなく、歯の健康を損ねることも全くないそうです。

    ホワイトニングの先進国であるアメリカでも、すでに数千万人の人がホワイトニングを体験しているそうですが、これまでに事故報告はゼロとのことです。
    出典 :ホワイトニングの安全性を検証
  • 家で行うホームホワイトニングには、通常10%程度の過酸化尿素というものが用いられます。その安全性はFDA(Food and Drag Administration)をはじめ、世界中で認められています。

    また、オフィスホワイトニングでは高濃度の薬剤を使用しますが、歯科医師の厳重な管理のもとで薬剤が使用されるので、飲み込んでしまうなどの危険性はほとんどありません。

    ただし、オフィスホワイトニングでは高い熱を発生する装置を使用することがあるので、正しい方法で使用しないとその熱で歯周組織がダメージを受けてしまうことがまれにあります。
    出典 :ホワイトニングの安全性
  • 治療ではホワイトニング剤を塗った上に光を当てて歯を白くするのが一般的です。火傷したりしないの?とまた不安になるところですが、コチラも安全性が確認されています。

    機械によっては多少の熱が出るものもあるそうなんですが、ホワイトニング剤を塗ることによって、歯までは熱が届かないようになっているそうです。

    施術中に温かく感じることがあっても、光や熱でダメージを与えることはないとのこと。治療中は歯茎や口の周りもしっかり保護してくれるので、歯茎を傷めたり、シミが出来たり…といった心配もありません。
    出典 :ホワイトニングの安全性を検証
  • 痛みがきになったら

     

    必ずつたえてくださいね
    歯が危ない状態なのかもしれません

    また、低刺激の薬剤もあるようなので
    きがるにいけそうですね

  • 出来ない場合もあるので注意!


  • 妊婦に対してホワイトニングが良くないというデータはありませんが、大丈夫だというデータもないので、基本的に妊娠中はホワイトニングを行いません。

    インレー(詰め物)やクラウン(差し歯)が変色してしまっている場合には、ホワイトニングでは白くすることは出来ません


    歯周病がある場合には、ホワイトニングを行なう前に歯周病の治療を行う必要があります。

    歯に虫歯やひび割れがある場合には、薬剤によるホワイトニングを行なう前にそれらの治療を行う必要があります。

    出典 :ホワイトニングが出来ない場合
     

    これらは出来ないので注意してくださいね