健康に良いスーパーフードとして注目を集めている!リンゴンベリーについて。

ポリフェノールが豊富なベリー、ブルーベリー、カシス等様々な種類があります。美肌成分「アルブチン」を含む強力な効果のあるリンゴンベリーをご存じですか?

view1181

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • フィンランドの森には栄養学の観点から見て栄養価が高く、味の良い、天然のベリーが沢山実っています。フィンランド人にとって天然果実は毎日の食生活の重要な役割を持っています。
    出典 :Arktiset aromit - ベリーと栄養摂取
     

    ベリーを生活に取り入れている頻度、日本人はまだまだ足りないようです。

  • リンゴンベリーは、ヨーロッパやロシアに多く自生しているコケモモの仲間です。

  • ビルベリー リンゴンベリー ジュース ロシア産 - YouTube

  • 日本のコケモモとは異なり、見た目はクランベリーと良く似た赤い小さな実です。

  • 酸味が強い為そのまま食べるよりも、ジュースやジャムといった加工品に使われることが多いベリーです。

  • 厚生労働省から認定されている美白成分「アルブチン」が含まれています。

  • リンゴンベリーの育て方・日常管理 - YouTube

  • アルブチンは、シミの素となるメラニン色素を作り出す酵素「チシロナーゼ」の働きを妨げる効果があります。

  • メラノーマ細胞におけるメラニン生成を阻害する働きもありシミを予防します。

  • リンゴンベリーエキスに含まれるアルブチンは、通常のアルブチンより高いチロシナーゼの活性を阻害する効果、メラニン生成を抑制する効果があるそうです。

  • 【動画HowTo】花粉症に効く!ポリフェノール! - YouTube

     

    リンゴンベリーに含まれるポリフェノールは、アントシアニンです。

  • アルブチンのほか、レスベラトロール、アントシアニンなどのポリフェノール、クエン酸、ビタミンC、ビタミンE、キナ酸などの成分が含まれています。

  • メラニン自体は紫外線からお肌を守るために必要なものですが、長時間の紫外線の刺激やストレス、活性酸素など様々な理由で刺激を受けると、必要以上にメラニンを生成してしまいシミとなってお肌に残ります。ひとつの成分だけでなく、ポリフェノールやビタミン・ミネラルなどの相乗効果が得られるリンゴンベリーエキスに高いシミ予防効果があります。