摂食障害を患ったことがある芸能人のまとめ

摂食障害は過食症や拒食症の総称です。単なる食欲や食行動の異常ではなく、必要以上に体重や体型を気にし過ぎてしまうような心理的要因に基づいた食行動をとってしまう障害です。見た目や体重に気をつけなければならない芸能人・有名人の中にも摂食障害を患ってしまった人が多数いるようです。

view34919

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ともさかりえさん

  • 20歳頃、摂食障害に悩んでいたのだとか

     

    ともさかりえさんのデビューは12歳、まだ小学生の頃でした。その後、中学高校とテレビドラマへの出演などが続きブレイク。
    順調にお仕事もこなし、女性としても芸能人としても輝いている…と思いきや、1999年には摂食障害であったことを、雑誌のインタビューで告白しています。1999年はともさかりえさんが20歳前後の頃になります。摂食障害を乗り越え、今ではご結婚&お子さんにも恵まれています。
    拒食症になっても、健康を取り戻せば母親になれる証明にもなり心強いですね。

  • 比較的最近の写真…

     

    今も、身体の細さは変わっていない様子です。もともと痩せ体質なのでしょうか。腕なども、標準的な体型の女性よりもだいぶ細いようです。この写真を見た人からは、ともさかりえさんの痩せ方は今も摂食障害なのではないか?という疑問の声も上がっています。
    過去、TVで「痩せるのなんて簡単だよ、吐けばいいんだから」という趣旨の発言があり、話題になったともさかりえさん。心理的要因はいまだに取り除かれず、現在も摂食障害と向き合っているのかもしれませんね。

  • 遠野なぎこさん

  • 15歳の頃摂食障害を患う

     

    遠野なぎこさんは15歳の頃、摂食障害になっていたとブログにつづっています。
    なぜ遠野さんは拒食症になってしまったのでしょうか。
    な、、なんと遠野さんのお母さんが思春期になって体重が増えて当然な時期ではありますが、体重増加に悩んでいた(?)遠野さんに”食べたら吐く”という選択肢を教えてしまったそうなのです!!
    それからというもの、大量に食べ物を摂取しては吐くという「過食嘔吐」を繰り返してしまったそうです。

  • 両親からの虐待

     

    母親の影響を多く受けており、過食嘔吐症状になってしまった遠野なぎこさんは母親のいうがままに子役を続けてきて女優になったそう。過食嘔吐を繰り返して、徐々に痩せていってしまった遠野さんを見た母親のまなざしが優しい気がして、もっとほめて優しく接して欲しいという気持ちが大きくなり「拒食期」に入ったそうです。
    どんどん痩せていき、精神的にも悪い状態になってしまった遠野さんにドクターストップがかかり女優業を一旦休業し、別のものに依存することで摂食障害は回復してきたそうです。(他のことに依存しての回復ですので、完全な回復ではなさそう)
    最近結婚後、数週間での離婚が話題になりましたね。この時思春期の摂食障害経験が少なからず影響しているのでしょうか。

  • 宮沢りえさん

  • 拒食症を乗り越えママに

     

    中高時代はセブンティーンモデル、ドラマにも引っ張りダコで大人気だった宮沢りえさん。
    絶好調!と思いきや、当時婚約を発表していた貴花田(貴乃花)さんとたった2ヶ月で婚約解消。
    そんなストレスが重なってか、摂食障害に陥ってしまいました。
    ピーク時には167センチに33キロという驚きの痩せ体型に。。衝撃の細さです。。

  • 釈由美子さん

  • とにかく痩せたい!という気持ちが強くなってしまった

     

    スタイル美人で本なども出版されている釈由美子さん
    スタイルに気を使うあまり、「とにかく痩せたい」という気持ちが強くなってしまったそう。
    ひどい時には、仕事帰りにお菓子やスイーツを買い占めて、泣きながら食べて→嘔吐を繰り返してしまったそう。
    もっと美しくなりたいと思う向上心が仇となり摂食障害に。

  • 市井紗耶香さん

  • 二女出産後に拒食症のような症状に

     

    元モーニング娘。の市井紗耶香さんもお子さんを産んでから拒食症になってしまったことを告白。
    産後にダイエットをし過ぎて37キロまで体重が落ちてしまったことを告白。
    「痩せたらキレイになる」という思い込みが過剰になってしまった結果、食べ物を受け付けなくなってしまったそう。しかし、お子さんから「ご飯食べないの?」と声をかけられて目が覚め、今までの食生活や美に対する意識を改めた結果、克服できたようです。

  • 角田信朗さん

  • 仕事のストレスが原因で過食嘔吐

     

    K-1発足当時、ファイターの日本招致などの業務にあたる傍ら自身もファイターとしてトレーニングを重ねてだいぶムリをなさっていたそう。そんな仕事のストレスから、過食。さらに家に帰るまでにさらに食べ物を買いこみお腹がパンパンになるまで食べて→嘔吐
    ◆食べる喜び
    ◆満腹の苦しみ
    ◆吐いてお腹が楽になる快感
    を求めて、最初は吐くのが辛かったはずが、吐くことに快感を覚えて過食嘔吐を繰り返すようになってしまったそう。現在は、節制を心がけて体調回復に努めているようです。
    格闘技で身体を鍛えても心はコントロールできない部分があると告白しています。