アナタの腹痛、クローン病。

よく知られていない病気、クローン病。クローン病とはなにか、クローン病予防、クローン病治療をまとめました。

view1107

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • クローン病の症状

  • 主な症状として腹痛、下痢、血便、発熱、栄養不良、肛門病変、体重減少などです。肛門部にいぼ痔様の隆起や裂肛、瘻孔、膿瘍としてみられることもあります。日本では男性に多くみられます。発症年齢は10歳~20歳の若年者です。
    出典 :クローン病
     

    しかし、下記の図をみると20代以降も患者が居るのがわかります。

  • 主な症状として腹痛、下痢、血便、発熱、栄養不良、肛門病変、体重減少などです。肛門部にいぼ痔様の隆起や裂肛、瘻孔、膿瘍としてみられることもあります。日本では男性に多くみられます。発症年齢は10歳~20歳の若年者です。
    出典 :クローン病
     

    えっ、イボ痔のようなできものも関係あるんですか。

  • 1)腹痛
     腹痛は主に下腹部に生じやすく、病気の性質上潜行性であり、激烈な痛みというよりは下痢が続いて全体が痛いことが多いです。小腸型では回盲部に一致することが多いですが、大腸型では両側腹部にあったりします。また、瘻孔、膿瘍(のうよう)が形成されれば、その部分の痛み、圧痛(あっつう)や腫瘤(しゅりゅう)が出現しますし、瘻孔から排膿(はいのう)されれば痛みは軽快します。病勢が進行して腸管狭窄が生じると、狭窄部の口側にガスがたまり腹部膨満感を訴えるようになったり、食事摂取や経腸栄養の実施が困難になってきます。この腸管狭窄によって腸内容物の通過障害をきたし、水・電解質の腸内における吸収のメカニズムが壊れ、さらには狭窄部より口側腸管の腸内細菌の異常増殖とバクテリアルトランスロケーション(bacterial translocation)、腸管粘膜からのタンパク漏出が引き起こされるため、外科的処置が必要となってきます。

    2)下痢
     下痢は、CD発病前から消化器系が弱い患者さんに多くみられ、水様で1日4~5回から10回以上へと増加します。病勢が進行すると、就寝後の夜間にも下痢をきたす患者さんが多くみられるようになります。大量下血(げけつ)は少ないですが、増悪(ぞうあく)時には下血が主の患者さんもいます。
    出典 :クローン病 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
     

    腹痛と下痢が激しい病気。

  • クローン病ってなに?

  • クローン病って病気なんだけど食事制限がつらい http://t.co/Cb36mVdUfa
     

    食事制限があるのか

  • @marinomiro そんなん売ってるの〜?美味しそう!(なんていうやつ?) クローン病はいちじくダメなの?飲み過ぎ注意やぞ〜!
     

    イチジクがだめ?

  • いちじくののむヨーグルト好きだから見つけたらすぐ買う。けどクローン病にいちじくはだめなやつー。飲むけど。
     

    ここにもイチジクがだめという人が。

  • 圧倒的に

     

    若い年齢に多く診られる病気。
    クリックで拡大します。

  • クローン病(クローンびょう、英:Crohn's disease、CD)は、主として口腔から肛門までの全消化管に、非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じる原因不明の炎症性疾患。

    厚生労働省より特定疾患に指定されている。
    潰瘍性大腸炎とともに炎症性腸疾患(IBD:Inflammatory bowel disease)に分類される。
    出典 :クローン病 - Wikipedia

  • A1:クローン病は原因が不明の病気です。

    若年者にみられ、消化管に縦長あるいは不整型の深い潰瘍を形成し、粘膜の炎症、腸管内腔が狭くなる慢性の炎症性病変です。

    この病変は口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位に発生しますが、小腸や大腸が好発部位です。
    潰瘍性大腸炎と同様に厚生労働省により特定疾患治療研究対象疾患に指定されています。好発部位は回腸末端がもっとも多く、次いで盲腸、上行結腸、回腸中部の順となります。
    出典 :クローン病
     

    原因不明の炎症性病変…特に腸に発生する。

  • クローン病は煙草を止めれば再燃のリスクが50%以上減ると言われ二年前に止める。二年間痛みは皆無。正直止めて正解だった。写真は最後に吸った記念の3箱。整理してたら出て来たw http://t.co/WiRs78f84F
     

    タバコとの関係…?

  • @y0k0ame クローン病みたいでこわいです
     

    ここにもいた。

  • @shanghai_ii それは個人的な体験がもとになっています。自分は難病のクローン病患者なんですが、精神的に一番辛い時期を同病の方とのネット上の関係で救われた事があるので。それをTwitter上でも引きずってしまうんです。まあ、危ういから諌めるべき悪癖ではあるんですよね・・。
     

    クローン病はあまり知られていないから、ネットでの交流になってしまうのかも。

  • クローン病リンク

  • クローン病の原因

  •  遺伝的要因とそれに基づく腸管での異常な免疫反応のためとされていますが、解明されていません。食生活の欧米化によって患者数が増えているといわれ、食物中の物質や微生物が抗原となって異常反応を引き起こすことが、原因のひとつと考えられています。
    出典 :クローン病 - goo ヘルスケア
     

    原因は解明されていないと!

    ただ、食生活指導があるのはたしか。

  • クローン病の診断

  • 完全な病歴として、症状発現、最近の旅行、食物不耐性、腸疾患との接触、使用薬(抗生物質および非ステロイド性抗炎症薬を含む)、喫煙状態、家族歴、虫垂切除の既往に関する詳細な質問が行われます。
    出典 :クローン病 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
     

    喫煙状態も関係する。

  •  潰瘍性大腸炎と異なり、炎症は口腔から肛門までの消化管全体に起こりえますが、最も病変が生じやすいのは回盲部(かいもうぶ)(小腸と大腸のつながるところ)付近です。病変が小腸のみにある小腸型、大腸のみにある大腸型、両方にある小腸大腸型に分類されます。
     クローン病の病変は、非連続性といわれ、正常粘膜のなかに潰瘍やびらんがとびとびにみられます。また、縦走(じゅうそう)潰瘍(消化管の縦方向に沿ってできる細長い潰瘍)が特徴的で、組織を顕微鏡で見ると非乾酪性類上皮細胞肉芽腫(ひかんらくせいるいじょうひさいぼうにくげしゅ)といわれる特殊な構造がみられます。大腸内視鏡検査、小腸造影検査、上部消化管内視鏡検査などを行い、このような病変が認められれば診断がつきます。血液検査では炎症反応上昇や貧血、低栄養状態がみられます。
    出典 :クローン病 - goo ヘルスケア
  • クローン病の治療

  •  

    健康によいと思われがちな乳製品も…

  • 現在行われる治療は、栄養療法、薬物療法を中心とした内科的治療が一般的です。経過中に狭窄、穿孔、膿瘍を形成した場合は手術となります。病変部を切除しても50~60%は再発します。
    出典 :クローン病
     

    薬物療法と、手術。栄養療法。

    再発の確率が高い!

  •  薬物療法として、5‐アミノサリチル酸製剤(サラゾピリン、ペンタサ)、ステロイド薬を使用します。

    食べ物が原因のひとつとして考えられているため、栄養療法も重要で、最も重症の時には絶食と中心静脈栄養が必要です。

    少しよくなってきたら、成分栄養剤(エレンタール)という脂肪や蛋白質を含まない流動食を開始します。成分栄養剤は栄養状態改善のためにも有効です。

     炎症が改善し普通食に近いものが食べられるようになっても、脂肪のとりすぎや食物繊維の多い食品は避けます。腸に狭窄や瘻孔(ろうこう)(腸管と腸管、腸管と皮膚などがつながって内容物がもれ出てしまう)を生じたり、腸閉塞、穿孔(せんこう)、膿瘍などを合併したりした場合、手術が必要となることがあります。
    出典 :クローン病 - goo ヘルスケア
  • クローン病レシピ集

  • 『クローン病食』 第3話 「トマト煮込み」 - YouTube

     

    音が大きいので注意。

    なんか美味しそうなんですけど…。

    40秒くらいからお肉と玉ねぎを炒めていきます。

  • 『クローン病食』 第二話 「お餅のステーキ」 - YouTube

     

    餅はOKらしい。。。

  • クローン病の経過

  • 再燃、再発を繰り返し、慢性の経過をとります。完全治癒は困難で、症状の安定している時期をいかに長く維持するかが重要です。
    出典 :クローン病
     

    完全治癒は困難…?!

  • クローン病になってしまったら

  • 山田まりや クローン病の疑いだった!!! - YouTube

     

    ちょっと見づらい画像ですが、
    山田まりやさんが10年前からクローン病の疑いだったという新聞記事。

  • 食生活の改善を

  • 食の欧米化に伴ってクローン病が増えているのはわかりました。

    まずは食生活の見直しをして、予防していきましょう。

    完全治癒は困難です。。。