旅行先などで起きる【時差ボケ】原因をしって対策をしっかりしよう

view160

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 旅行先などで起きる時差ボケはきちんとなおります
    しっかり対策をして、ボケないようにしましょう

  • 時差ボケ?

  •  
  •  
     

    これらは時差障害です

  • 症状は

  •  
     

    時差ボケによる症状で最も多いのは、もちろん睡眠障害です。パイロットを対象に行った調査では、67%の人が睡眠障害を訴えていました。日中の眠気や知的な作業能率の低下、疲労感、食欲低下も、10人に1人以上の割合で見られました。他にも、ぼんやりする、頭が重い、胃腸障害、目の疲れ、吐き気、イライラ感などの症状が起こります。

  •  
     

    これはつらいですよね

  • 対策をしよう

  •  
     

    これが一番簡単かも

  •  
     

    このあたりできちんと治したい所ですね

  •  
     

    寝てリセットするのもよいですね

  •  
     

    運動をしてみるのも良いですね

  •  
     

    ゆっくりして治ると楽ですよね

  •  
     

    こんな苦行もありますね

  •  
  •  
     

    あまり気にしない


    時差ぼけというものは確かに一度悪循環にはまってしまうとなかなか辛いものですが、「自分はいま猛烈に時差ぼけている。なんとしてでも、一刻も早く治さなければインターナショナルなビジネスマンとしての条件を自分は満たしていないということになってしまう。それはいかん! 自分はまったくもって気がたるんでおる !ぬおー、気合いじゃー!」などと自分を追いつめずに、できるだけ現地の24時間のサイクルに自然ととけ込んで行くのがベストです。