あなたは「レストレスレッグス症候群」にかかっていませんか?

レストレスレッグス症候群と書くと何の病気?と思う方が多いと思いますが、いわゆるむずむず脚症候群のことです。今回はこのレストレスレッグス症候群についてまとめてみました。

view282

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • レストレスレッグス症候群とは?

  •  

    まずは定義からです。

  • 身体末端の不快感や痛みによって特徴づけられた慢性的な病態である。
    出典 :むずむず脚症候群 - Wikipedia
     

    ようは脚に何らかの異常な状態を感じるということですね。

  • 原因は?



  • むずむず脚症候群は、原因がはっきりわからないもの(一次性)と、他の病気や薬などが原因となって起こるもの(二次性)に分けられます。二次性の原因としては、慢性腎不全(特に透析中)、鉄欠乏性貧血、妊娠、糖尿病、パーキンソン病、関節リウマチなどが挙げられます。
    出典 :原因は?|「むずむず脚症候群」って何?
     

    原因が分かっているものと分かっていないものに分けられるのですね。

  •  

    鉄分不足はむずむず脚以外にも様々な症状を引き起こす可能性があります。

  • レストレスレッグス症候群は特定の原因のない特発性(一次性)と疾患や薬物に起因する二次性に分けられます。腎不全、腎透析、貧血・鉄欠乏、パーキンソン病、妊娠、末梢神経障害、多系統萎縮症、脊椎麻酔や、抗うつ薬・抗精神病薬の服用時にレストレスレッグス症候群が合併しやすいことが知られていますので注意が必要です。
    出典 :診断に当たって|必須診断基準と問診内容|レストレスレッグス症候群とは
     

    薬の副作用として出る場合もあるのですね。

  • 症状は?

  • 脚の不快感で寝れない

    じっと座っているときや横になっている時に、脚(時には腕にも)に不快感が起こり、「脚を動かしたい」という強い欲求が現れます。この不快感はさまざまな言葉で表現されます。この病気は徐々に進行していくと言われており、一般の方はもちろん医師の間でもまだあまり知られていないため、自分の症状が病気であると気づいていない場合や、病院に行っても医師に理解してもらえないことも少なくありません。
    出典 :どんな症状?|「むずむず脚症候群」って何?
     

    お医者さんが病気だと認識できないのがつらいですね。

  •  

    症状は人によって変わってきます。

  • 治療法は?

  • ドパミン系薬剤

    現在、レストレスレッグス症候群に対する薬物治療の第一選択薬といえるものがドパミン系薬剤です。ドパミン系薬剤はレストレスレッグス症候群の全ての症状、すなわち足の異常感覚、足の不穏運動、睡眠障害、睡眠中の足のけいれんを改善し、服薬開始より2週間から4週間で40%から70%以上の患者さんが明らかな症状の改善を示すとされています。
    出典 :レストレスレッグス症候群(むずむず脚)/名古屋市/瑞穂区/神経内科/久米クリニック
     

    薬物治療になる場合は、これが選択されることが多いようです。

  •  

    ドパミン不足が原因の可能性がありますから、一番親和的でしょうね。

  • ベンゾジアゼピン系薬剤
     
    いわゆる精神安定剤、睡眠薬、抗不安薬とよばれるものがこれにあたります。脳の機能を全体的に低下させることにより、多少の足の異常感覚や不穏運動が残っていても、患者さんを睡眠へと導くものですこれらの薬は時に習慣性があります。
    出典 :カラキュレ|健康・病気・美容の情報まとめサイト
     

    習慣性があるので、使い過ぎには注意という訳ですね。

  • オピアト化合物
     麻酔用の鎮痛剤で最重症のレストレスレッグス症候群に用いられます。副作用にはめまい、眠気、嘔気、嘔吐、便秘、幻覚、頭痛があり、クルマの運転には注意を要します。服薬時の飲酒はやめること、また時に習慣性があります。
    出典 :レストレスレッグス症候群(むずむず脚)/名古屋市/瑞穂区/神経内科/久米クリニック
     

    結構注意して使わなければならない薬みたいですね。

  • 抗けいれん薬
     抗けいれん薬は「足の異常感覚」と「動かしたくなる気持ち」 を軽減させます。特に"痛み"があり、症状が昼間に強い 患者さんに有効なようです。副作用はめまい、眠気、 倦怠感、食欲増進、ふらつき感です。クルマの運転には 注意を要します。
    出典 :レストレスレッグス症候群(むずむず脚)/名古屋市/瑞穂区/神経内科/久米クリニック
     

    副作用がなければよいのですけどねえ。

  • 自分でできる改善法

  • カフェインやアルコール、喫煙を避ける

    コーヒー・紅茶・緑茶などに含まれるカフェインは脚の不快感を強くするだけでなく、眠りを浅くすることがあるので、できるだけ摂取を控えるようにしましょう。アルコールや過度の喫煙も症状を悪化させることが知られています。
    出典 :生活習慣を見直す|どうやって治すの?
     

    カフェインも避けた方が良いのですね。

  • 鉄分補充とバランスのとれた食事

    鉄欠乏が症状を引き起こす原因のひとつと考えられていますので、鉄分豊富なレバーやホウレンソウ、あさり、いわしなどを積極的に取りいれ、バランスの良い食事を心がけましょう。また、サプリメントで鉄分を補給することも効果的です。
    出典 :生活習慣を見直す|どうやって治すの?
     

    サプリメントだと手軽ですね。

  • お風呂

    精神の緊張もレストレスレッグス症候群の症状を悪化させます。お風呂に入るのも効果的ですが、むずむずで落ち着いて入れないという方もいるそうです。そういう方は、大きめの温泉などに入ってゆっくりと休むとよいでしょう。鉄分を含有するお風呂は治療に効果的だとされています。リウマチなど併発しやすい症状の治療にも効果的なのです。
    出典 :レストレスレッグとは!?睡眠時のムズムズはレストレスレッグ症候群かも | iGotit
     

    リラックスするのもよいみたいですね。

  • 運動やマッサージ

    規則正しい生活を心がけ、ウォーキングなどの軽い運動をするとよいでしょう。また、就寝前にストレッチやマッサージなどで筋肉をほぐすことも効果的です。
    出典 :生活習慣を見直す|どうやって治すの?
     

    筋肉のほぐすにはやっぱりマッサージが効果的ですね。