あなたは大丈夫?産後うつ

不安で、大変だった出産も無事に終わり一段落、待ちに待った赤ちゃんにも会えて、うれしくてたまらないはずなのに、心にぽっかり穴が開いたように、どこか悲しい気持ちに。えっ、これってもしかして……。

  • mix 更新日:2013/12/17

view285

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産後うつとマタニティーブルーズとの違い


  • マタニティーブルーズは産後10日以内に一過性であるのに対し、産後数週間から数ヶ月以内に気分が沈むようになり、周囲に対する興味や喜びが感じられないこと、不安、緊張、集中困難、不眠、必要以上に罪悪感を抱いて自分を責める、自分はまったく価値のない人間だと感じるなどの心の症状がでてきて、2週間経っても改善しない場合や悪化傾向がみられる場合には産後うつ病が疑われます。疲労、頭痛、食欲不振などの何らかの身体的な症状を伴うことも、通常のうつ病と同じです。



    出典 :産後うつとマタニティーブルーズ [産後の基礎知識]
  •  

    ☆産前うつについて

    妊娠中のうつの原因は、ホルモンバランスが変わるという身体的要素に加え、「うまく育ってくれるだろうか」「お産はうまくいくだろうか」といった心理的不安が影響しています。
    しかし、これはほとんどの場合妊娠初期で終わり、その後は「赤ちゃんが生まれるのが楽しみ!」という未来への期待のほうが膨らんで、解消されてしまう場合がほとんどであまり心配はいりません。

  • 妊娠すると心配事が増えますよね・・。


  • 赤ちゃんの健康や母乳に関する心配が多い


  • 産後うつ病の特徴は、「自分の赤ちゃんが泣きやまないのは、何か子どもに大きな病気があるからだ」という気持ちにとらわれたり、「私のような母親では赤ちゃんに申しわけない.死んでしまおうか」など、訴えの内容が母親本人についてではなく、赤ちゃんの健康や母乳に関する心配など、育児に関連した内容が多いことです。


    「産後うつ」はれっきとした病気です。


    産後うつ病でも、その多くは、周囲の理解とサポートが有効な、育児には著しい障害を来たさない軽度から中等度です。精神科など医師の治療は必ずしも必要ではなく、お母さんの気持ちを夫をはじめとした家族に打ち明けたり、家事や育児の手伝いなどがあれば、自然に改善していくことも多いでしょう。ただし、産後うつはれっきとした病気です。症状が改善しない場合は、決して無理をせず、頑張らずに、早めに医師に相談してください。軽度から重症までを含めると、約10%の産後ママが産後うつ病になると考えらています。


    また、母親の産後うつ病は改善しても、将来の再発する可能性も高まるので、長期的なフォローも大切です。さらに、母親がうつ病の場合は子どもの精神的発達に少なからずネガティブな影響を及ぼすことが知られています。お母さんの治療と同時に、子どものケアの配慮が必要となります。




    出典 :産後うつとマタニティーブルーズ [産後の基礎知識]
  •  


    2010年7月、日本テレビアナウンサーの山本真純さんが出産後5ヶ月で飛び降り自殺をし、その理由として「産後うつ」の可能性があると伝えられました。実のお兄さんの話では、もともとは「心臓に毛が生えている(と思える)ほど、明るく信念があった」という山本さんが、出産2ヶ月後、周囲に「すべてにおいて自信がない」と、不安を口にしていたそうです。


  • 子どもにも影響するんですね。


  • 産後うつになりやすい時期とタイプについて


  • ◎マジメで頑張るママほどなりやすい

    症状の強弱に差はあっても、本当は誰もにおこる可能性のある産後うつですが、ママの性格や環境によっても強く出たり出なかったりします。気をつけたほうが良いのは、性格面では「真面目」な女性。環境面では、ご主人の帰りが遅い核家族の場合になる方が多いようです。



    ◎なりやすい時期は産後1ヶ月から3ヶ月まで

    1カ月くらいの間は無我夢中ですが、産後1ヶ月検診が終わって一息つく時期に「産後うつ」になる方が多いといわれています。里帰り出産をして親元で過ごす時期は、手伝ってもらったり話し相手もいるためうつにはなりづらいのですが、里帰りから自宅に戻った後のタイミングには注意が必要です。


    出典 :産後うつになりやすい時期とタイプ - はっぴーママ.com
  • 疲れも原因なんですね。


  • 産後うつの乗り切り方


  • ◎病院や助産師さんに相談してみる

    精神面の悩みも含め、分からないのが当たり前なのですから恥ずかしがることはありません。どんどん質問してみましょう。
    お母さんたちからすると、助産師さんや看護師さんのほうが話しやすいという声もあり、病院によっては助産師外来を設けているところもあります。こういった機会を利用して、たっぷり話を聞くのもいいのではないでしょうか。おっぱいのことなども相談に乗ってくれますよ。



    ◎張り切りすぎない、頑張りすぎない

    休める時には休みましょう。張り切りすぎてなんでも完璧にしようと思っても無理。赤ちゃんに合わせるような生活スタイルにして「赤ちゃんが寝たら一緒に寝ていた」という感じで、休める時にはしっかり休みましょう。



    ◎パパに「産後うつ」について知っておいてもらう

    ママだけでなくパパにも産後うつのことを知識として知っておいてもらうことも大切です。変化に気付いてあげられなかったり、不安定な時期にケンカをしてしまったりなど事前に防ぐことができます。パパへのアドバイスとしては、こういう時期だからさらに大切にしてあげようという思いやりを持ってあげてください。少しの心遣いでママは救われますので、ぜひ二人で乗り切ってほしいですね。


    出典 :産後うつの乗り切り方 - はっぴーママ.com
  •  


    鷹レディースクリニック院長 天神 尚子(てんじんひさこ)先生

    三楽病院産婦人科科長を勤めた後、 2004年2月、三鷹レディースクリニックを開業。

  • 一人で抱え込まない事が乗り切るポイントですね。