実践したい!【夏を涼しく過ごす】方法

夏を涼しく過ごしたいですよね
そんな人におすすめの方法をまとめてみました!

view284

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 暑さを感じる体のしくみとは

  • 昨年の夏も猛暑でしたが今夏も、「太平洋高気圧の勢力が強まるため、沖縄・奄美地方を除いて気温は高く厳しい暑さになる見込み」との予報が発表されています。
    出典 :暑さを感じる仕組み|猛暑を乗り切る!夏を涼しく過ごす方法|特集|eo健康
     

    地球の温暖化は世間で騒がれなくなりましたが
    進行している事に変わりはないのです
    毎年熱くなっています

  •  

    恒温動物である人間の体は、常に37℃程度の体温を保とうと働いています。体温を一定に保つためには、周辺の気温とは関係なく、食物摂取から生産された熱エネルギーのうちの過剰な熱を体の外に放出しなくてはなりません。
    熱は、高い方から低い方へと流れる性質を持っています。しかし夏になると、人の体温と周辺の気温が近付くため、体内の熱を放出するのが難しくなり、体内に熱がこもりがちになって人は「暑い」と感じるのです。

  • エアコンの使い過ぎにご用心

  • 暑い屋外から冷房の効いた室内に急に入ると、みるみるうちに体温が奪われ、皮膚が冷たくなる場合があります。体温の調節をしているのはホルモンや自律神経ですが、汗をかかない状態(冷房など)で体温を下げることが頻繁に繰り返されると、当然、ホルモンや自律神経は混乱し、体の恒常機能(体温を一定に保つ機能)は衰えていきます
    出典 :暑さを感じる仕組み|猛暑を乗り切る!夏を涼しく過ごす方法|特集|eo健康
  •  

    暑いからといって冷たい飲食物を一気に摂取すれば、内臓が冷え、自律神経をさらに乱すことにつながるのです。
    自律神経のバランスが崩れると、頭痛や不眠、下痢、便秘、うつなどに代表されるさまざまな不定愁訴が現れます。夏バテも一つの症状です。節電のために我慢し過ぎるのも問題ですが、エアコンの使い過ぎにも注意が必要です。

  • 予防&対策

  • ① カーテン又はブラインドを紫外線遮断率の高い物に変える。
    ② エアコンのフィルターのほこりを取る。扇風機の場合は前に浅いボウルに入れた氷を置いて冷気を作る。
    ③ スプレーボトルに水を入れて冷蔵庫で冷やす。出かける前にひと吹きする。
    ④ とにかく風通しを良くしておく。
    ⑤ こまめにパソコンのモニターを消したり、出かける時はパソコンの電源を消したりする。
    ⑥ 着る洋服の素材を考えたり、ゆったりした服を選ぶ。
    ⑦ 社内にいる時は、涼しい靴に履き替える。
    ⑧ こまめに水分補給を行う。カフェインやアルコールや甘い飲み物は脱水を招くので注意する。
    ⑨ 野菜や果物を多く取り、体温を下げる。肉・油類は控える。
    ⑩ 明りを消す。熱を持たない長持ちする電球に変える。
    ⑪ 天気の良い時は乾燥機を使わず、外干しをする。
    ⑫ 涼しい事を考える。寒くなるような本を読んだり映画を観たりする。
    ⑬ 日中、枕や布団を涼しい場所に置いておく。
    ⑭ 枕・布団・シーツの素材を変える。
    ⑮ 顔に付けるローションなどを冷蔵庫に入れる。
    ⑯ 帽子をかぶる。
    ⑰ 冷えた食べ物を食べる。サラダ、サンドイッチなど。
    ⑱ うちわ、扇子、日傘を持ち歩く。
    ⑲ 暑い時間をさけて涼しい時間に出かける。
    ⑳ 寝る前に部屋を急激に冷やして寝る前に通常温度に戻して、熱くなっている寝室の壁を冷やす。
    出典 :デジタル・フロンティア-Digital Frontier | DF TALK | 夏を涼しく過ごす20の方法
     

    20個もありますが
    全然違います
    ちなみに帽子をかぶると汗を頭にかきます・・・・

  • グリーンカーテンとはアサガオやゴーヤーなどつる状の植物を、カーテンのように窓全体にはりめぐらせること。メリットは、遮光と冷却です。遮光効果は「よしず」や「すだれ」にもありますが、冷却効果は植物ならではの働き。植物の蒸散が気化熱を奪い、植物自体が外気より低い温度に保たれるため周囲の気温上昇が抑えられます。また、カーテンと外壁の間にほどよい湿気(水分)が滞留するので、水の気化熱を利用する冷風扇のように冷やされた空気が風に乗って室内に送られ、私たちに涼感をもたらしてくれるのです
    出典 :家を涼しくする方法|猛暑を乗り切る!夏を涼しく過ごす方法|特集|eo健康
     

    よしずを使うのもありですよね

  •  

    ホームセンターや通販では遮熱グッズがたくさん販売されています。クギが打てない窓辺やマンションのベランダにも簡単に取り付けられるおしゃれなUVカットスクリーンは、太陽熱と紫外線をカットして風だけを心地よく通してくれます。また、窓ガラスに直接貼る遮熱UVカットフィルムや遮熱効果のある網戸など、ライフスタイルに合わせて取り入れてみるのもいいでしょう。

  • 扇風機は逆効果!?

  • 扇風機が送ってくれる優しく涼しい風。心地いいですよね。しかし、猛暑下で扇風機の風に直接あたることは体を涼しくするという確証がないようです。 英国保健保護庁の研究結果によると「扇風機は、摂氏35℃未満で直接人に風が向けられていなければ体の放熱に有効だが、摂氏35℃を超えるとかえって暑くなる」とのこと。 熱風があたるだけ…と感じた時は、直接風にあたるのは避け、設定温度を高めにしたエアコンと併用するなどして効率よく室内を冷やしましょう。
    出典 :家を涼しくする方法|猛暑を乗り切る!夏を涼しく過ごす方法|特集|eo健康
     

    便利な扇風機ですが、しっかりデメリットがありました・・・

  • 自宅で簡単!【汗腺トレーニング】

  • 1. 湯船にお風呂用の椅子を入れ、43~44℃のお湯を20~30cmほど張る。
      ※湯面が椅子の座面より低くなるよ うにする
    2. 椅子に座り、両腕(肘まで)と両足(膝下)を15分ほど湯の中に入れる。
    3. 椅子を湯船から出し、湯に水を足して湯温を36~38℃に下げ、15分ほど全身浴をする。
    出典 :カラダを涼しくする方法|猛暑を乗り切る!夏を涼しく過ごす方法|特集|eo健康
     

    高温浴の場合はこの方法を使いましょう

  • 汗腺が多い手足を高温の湯につけることで、汗腺機能を高めることができると言われています。 また、ぬるま湯に全身つかることで、高温浴によって刺激された交感神経の働きを抑え副交感神経の働きを優位にするので、リラックス効果が得られるとされています。 入浴前、入浴後に必ず水分を補給しましょう。
    出典 :カラダを涼しくする方法|猛暑を乗り切る!夏を涼しく過ごす方法|特集|eo健康
  • 1. 38~40℃くらいの湯を、みぞおちのあたり(心臓よりも下)まで張る。
    2. 1回の入浴時間は20~30分ほど。

    湯温が低いため、体への負担が少なく汗をかくことができます。半身浴前、入浴中、入浴後に水分を補給しましょう。
    出典 :カラダを涼しくする方法|猛暑を乗り切る!夏を涼しく過ごす方法|特集|eo健康
     

    半身浴はこれを使いましょうね

  • これらの方法をつかって夏を涼しく過ごしましょうね