きちんと理解しておこう!妊娠中毒症原因について

妊娠高血圧症候群とも呼ばれる妊娠中毒症原因について、
みなさん、どのぐらい理解していますか?
最悪、命にかかわる病気でもあります。

妊婦さんは特にきちんと理解し、
リスクを回避する必要があります。
改めて、原因についてまとめてみました。

view598

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 正式名称は「妊娠高血圧症候群」

  •  

    医学研究が進むにつれて、お母さんや赤ちゃんの障害に直接関係する異常は、「高血圧」が中心であることがわかってきました。言い換えると、血圧が正常である限り、蛋白尿あるいは浮腫だけ、またはその両方が認められたとしても、それだけではお母さんや赤ちゃんに急激な異常の起こることは少ないということです。したがって、高血圧をもつ妊婦さんは血圧が正常な妊婦さんとは区別し、より慎重に管理されるべきといえます。そこで、私たち日本妊娠高血圧学会は約10年前より、当時の「妊娠中毒症」という病名を廃止して、高血圧が認められる場合に焦点を絞った病名を新たにつけることを検討してきました。その結果、日本産科婦人科学会が正式に2005年4月から「妊娠高血圧症候群」という病名を採用することになり、それ以後急速にこの病名が普及しました。

    引用)http://jsshp.umin.jp/i_9-qa_use.html

  • 妊娠高血圧症候群の定義は、「妊娠20週(5か月)以降、分娩後12週まで高血圧が見られる場合、または高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものではないもの」とされています。
    出典 :妊娠高血圧症の原因・症状 [妊娠の基礎知識] All About
  • 「高血圧」が原因なのですね。

  • どんな症状が?

  • 妊婦の合併症で、浮腫(ふしゅ)(むくみ)、たんぱく尿、高血圧をおもな症状とする症候群で、妊娠末期(8~10か月)におこりやすいものです。従来、妊娠中毒症と呼ばれましたが、2005年に妊娠高血圧症候群に改称されました。妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)にかかると、子宮や胎盤(たいばん)を流れる血液の量が減少し、胎盤のはたらきが悪くなるため、胎児(たいじ)の発育に影響をおよぼし、早産、子宮内胎児死亡、未熟児、死産などの原因となることがあります。また、ときによっては子癇(しかん)(「子癇」)、肺水腫(はいすいしゅ)(「肺うっ血/肺水腫」)、常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)(「常位胎盤早期剥離(早剥)」)、脳出血などの母体の生命にもかかわる症状をひきおこすこともあります。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症) とは - コトバンク
     

    胎児へ流れる血量が減少し、大変なことに・・・母体にも影響があるんですね。

  •  




     

     妊娠高血圧症候群の原因って・・・どんなものが?

  • はっきりした原因は・・・“不明”

  • ・母体―胎児―胎盤系の免疫機構の障害(母体が胎児を異物と認識して排除しようとする)
    ・胎盤の形成不全、妊娠末期の子宮内圧の上昇 

    などによって血管内膜の細胞を傷つける物質が放出され、血管の痙攣が起こります。その結果、胎盤の血流障害、血圧上昇、腎臓の障害などが起こるのではないかと考えられています。
    出典 :2/3 妊娠高血圧症の原因・症状 [妊娠の基礎知識] All About
     

    これも「ではないか?」の域。

  •  

    かつて妊娠中毒症と呼ばれていた疾患名からも胎盤の発育や胎盤形成不全などの影響が大きく関与している可能性が高いことは徐々に解明されつつある妊娠高血圧症候群の代表的な原因因子であると言えます。特に、妊娠32週未然に症状を発症する「早発型」のケースでは他の合併症を発症する可能性も高く胎盤形成不全が大きく関与している可能性が検討されます。

    引用)http://www.kensa-book.com/sickness/pih.html

  •  

    妊娠32週以降に症状を発症する「遅発型」の妊娠高血圧症候群に関しては、胎盤形成不全等の原因よりも急激な体重の増加などを原因とする「肥満」が妊娠高血圧症候群の発症に大きく関与している可能性が検討されるようになってきております。

    引用)http://www.kensa-book.com/sickness/pih.html

  • 妊娠していること自体が原因

  • 妊娠中毒症の病態は、簡単にいうと「妊娠による体の変化によって母体に負担がかかり、その負担に対応できないために起こる、適応不全症候群」と考えられている。
    出典 :妊娠中毒症
     

    ざっくりとした感じには聞こえますが、確かにそう思います。それだけ、現代医学でも分からないほど、妊娠するということ自体が凄いことなのだと言えるのでは?