ダイエッターは知っておくべき!?【アフターバーニング現象】脂肪が燃える燃える♪

アフターバーニング現象をしっていますか?
運動後も脂肪は燃え続けるそうなのです
そんな不思議な効果をまとめてみました

view1675

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アフターバーニング現象とは?

  • 有酸素運動後に脂肪が燃え続けることを「アフターバーニング」と呼ぶらしい。直訳すると再燃焼である。炭(すみ)なんかも不完全燃焼させて、再び燃やすので再燃焼ではなかろうか・・・・・・、すみません素人考えです。
    出典 :運動した後も脂肪が燃え続ける!: やせるドットコム
     

    運動中でも運動後でもちゃんと脂肪は燃えているのですね

  • 脂肪燃焼効果を運動中のみとして考えた場合で、強度の高い運動をした場合には運動終了後もエネルギー消費が続き、脂肪燃焼効果が持続するのです。この現象を「アフターバーン効果(運動後脂肪燃焼効果)」と言います。
    出典 :アフターバーンで脂肪を減らす【健康de万歳!運動編】
     

    アフターバーンとも呼ぶのですね

  • ここが狙い時

  • 運動後20分~30分程度は、体温も高く脂肪燃焼が続き、代謝が高い状態です。(アフターバーニング効果といわれています)人間の体は体温を一定に保とうとする働きがあり、運動後に体温が高い状態で入浴をすると、体温があがりすぎるため、体は代謝を低下し、血管を収縮させて体温を下げようとするのです
    出典 :運動後の入浴|スポーツジム
     

    運動後の入浴はすこし我慢しましょう!

  • アフターバーン(EPOC)とは、運動後の安静時にカロリー燃焼が高まることで、筋トレの方がアフターバーンは高まるというのが定説となっている
    出典 :有酸素運動と筋トレどちらが減量に効果的か? : ナイス ボディ メイク
     

    安静が必要との事

  • 要点をまとめると

     

    ・運動後30~1時間は入浴しない
    ・安静にしている事で効果がアップ
    という事ですね

    これは大切な要素です!

  • 効果が期待できるのは難しい

  • アフターバーン効果が期待できるのは、マラソンで言えばフルマラソンのレースペースよりも少し早いペースぐらいからですが、きつい練習が苦手な人は、アップダウンのコースを走ったり、最後をビルドアップして終わるのも良いでしょう。フルマラソンでは体重1kgの減量で、タイムが3分早くなると言われています。効率的な運動で、賢く脂肪を減らしましょう。
    出典 :アフターバーンで脂肪を減らす【健康de万歳!運動編】
  • 注意するべき事

  • 運動を終えて十分体温が下がってからの入浴でないと、めまいなどを起こし、危険です。(運動直後の冷たいシャワーも、逆に血圧が急上昇して危険です)どうしてもすぐに入浴をしたいという方は、できる範囲内時間をおいてから、ぬるま湯(体温+2度)でシャワーだけ浴びるようにしてください。
    出典 :運動後の入浴|スポーツジム
     

    結局、体調管理のためにはすぐの入浴は控えたほうがよさそう

  • 入浴は危ない

     

    運動して健康的って思った時に

    入浴をして不健康じゃどうしようもないですね

  • 知っておくと良いかも?

  • 個人差や運動内容によるので、きっちり20分後からというわけではありませんが、
    体が完全に元に戻る前に運動を再開すれば燃焼します。
    体温が1、2度上昇した状態が脂肪の燃焼が一番効率がいいと言われています。
    出典 :脂肪燃焼の時間について - Yahoo!知恵袋
  • 効率よく脂肪燃焼をさせたいなら、以下の方法をお勧めします。

    ストレッチ → ウォーミングアップ → 無酸素運動 → 有酸素運動 → クールダウン → ストレッチ

    ウォーキングなどを始める前に十分に身体を温めておけば、ウォーキングを開始した直後からでも十分な脂肪燃焼効果を得られます。
    出典 :脂肪燃焼の時間について - Yahoo!知恵袋