疲労が積み重なって起こる?筋筋膜性腰痛の恐怖とは?

急に重いものを持ったりしたときに起こる通称「ぎっくり腰」。正式名称は「筋筋膜性腰痛」というそうですが、その原因と対処法について調べてみました。

view673

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • あなたは「ぎっくり腰」になったことがありますか?

  •  

    なってしまったらどうしようもないですよね。動くことすら困難になります。

  • ぎっくり腰は、「筋筋膜性腰痛」というちょっと難しい症状のひとつです。

  • 筋肉は薄い膜に覆われていて、その膜や筋肉自体が傷ついたときに痛みを生じます。

  • 腰には、体を支えながら、かつ運動を自由に行うため、
    筋肉が発達しています。

    この筋肉に無理な力を加えたり、伸ばしすぎたりすることで、
    筋肉が損傷し、炎症を起こしてぎっくり腰になることがあります。

    また、長年にわたって筋肉の疲労が蓄積したり、
    筋肉にコリが作られたりして、慢性的な腰痛が
    起こることがあります。

    このように、急性・慢性の腰痛で、筋肉や
    筋膜(筋肉や内臓を包む膜)の変化に由来するものを、
    ”筋筋膜性腰痛”といいます。
    出典 :筋筋膜性腰痛|急性(ぎっくり腰)と慢性の痛みの違いと治療法
     

    普段から気がつかないうちに腰に負担をかけている方が少なくないようです。

  • いきなり起こるいわゆるぎっくり腰と、慢性の腰痛は、対処法が少し変わってきます。

  • まず、ぎっくり腰の場合です。

  • 急性の筋筋膜性腰痛によるギックリ腰は、
    筋肉に発赤や熱感を感じることが特徴です。
    急に体をひねったり、重いものを持ったりすると
    起きることがあります。

    最初は痛みが少なくても、時間がたつにつれて
    炎症が広がり、痛みが強くなることもあります。
    筋筋膜性腰痛によるギックリ腰をくりかえすと、
    筋肉組織が瘢痕化して筋肉の柔軟性が低下し、
    慢性的な筋筋膜性腰痛へ移行することもあります。
    出典 :筋筋膜性腰痛|急性(ぎっくり腰)と慢性の痛みの違いと治療法
     

    気をつけて生活していないと、大変なことになりますね。

  •  

    急に腰痛になった場合は、動かずに安静にしておくことが大切です。無理に動くと腰痛は悪化する可能性があります。

  • 急性の筋筋膜性腰痛(=ぎっくり腰)の場合の治療は、
    損傷した筋や筋膜の修復が促されるように、
    冷却と安静、固定を最優先します。
    出典 :筋筋膜性腰痛|急性(ぎっくり腰)と慢性の痛みの違いと治療法
     

    とにかく休養をとることが大事になります。

  • 次に、慢性の腰痛の対処法です。

  • 慢性的な筋筋膜性腰痛は、長年にわたる
    筋肉の緊張がコリとなって血液循環を阻害し、
    その結果、腰の筋肉への酸素の供給が少なくなったり、
    疲労物質が蓄積したりして、筋肉痛が起こります。

    そのため、腰部にまとわりつくようなコリ感をともなう
    重苦しい痛みが特徴です。
    また、痛い部分を刺激すると、「イタ気持ちいい」
    と感じます。
    出典 :筋筋膜性腰痛|急性(ぎっくり腰)と慢性の痛みの違いと治療法
     

    ずっと続いている腰痛はつらいですよね。お気持ちはよくわかります。

  • マッサージや整骨院に通われている方も少なくないのではないでしょうか?

  • マッサージや運動により血液循環を促したり、
    筋肉の柔軟性を高めたりすることにより、
    痛みの改善が期待できます。
    出典 :筋筋膜性腰痛|急性(ぎっくり腰)と慢性の痛みの違いと治療法
     

    症状が落ち着いてきたら、少しずつ運動を再開するといいでしょう。安静にしすぎると、筋肉が固まって余計に悪くなる可能性があります。

  •  

    なるべく早めの治療を心がけて、快適な生活を送りましょう。