帝王切開後にダイエットする場合、ケアが重要です!

出産時に、普通分娩ではなく帝王切開を余儀なくされる事があります。出産している事は変わりないのですがやはり普通分娩に比べケアが大切なのは言うまでもないです。本まとめでは妊婦さんが不安に思う帝王切開後のダイエットについてまとめます。

view300

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 帝王切開後にダイエットって控えた方がいいの?

  • メスでお腹を切る為、傷の経過次第ですが普通分娩の人よりも入院期間が長いです。
    帝王切開の人は産後のダイエットは傷口がきちんと治らないと行えません。およそ2ヶ月は無理な運動は避けた方がいいでしょう。
    しかし2ヶ月もの間じっと動かないのもなんだか落ち着かないですよね。そんな人には産褥体操をおすすめします。
    出典 :帝王切開出産後のダイエットはいつから? 【産後ダイエット方法.net】
  • 帝王切開時に出来る産褥体操でダイエット

  • 産褥体操とは?

     

    産褥体操とは体の血行を促し、子宮の回復や分娩時に使った筋肉の疲労回復に効果的な体操です。産褥体操は産後異常がなければ行うことができますが、担当の医師や看護師の許可が出てから行いましょう。帝王切開で出産した場合も許可が出てから行うようにし、産褥体操を行う際は傷口に負担ががからないように注意が必要です。

  • 産褥体操のやり方まとめ

  • 足首の曲げ伸ばし体操 / 10~15回程度 産後1日目から

     

    膝をまっすぐ伸ばします。足首を前後にゆっくり動かします。
    左右交互に動かしてもいいです。 座った姿勢でも仰向けで横になった姿勢でもできます。

  • 足首を左右に曲げる体操 / 10~15回程度 産後1日目から

     

    膝をまっすぐ伸ばします。足首を左右にゆっくり動かします。
    座った姿勢でも仰向けで横になった姿勢でも大丈夫です。

  • 首を前後に曲げる体操 / 5回程度 産後1日目から

     

    背筋を伸ばしたまま首を前後にゆっくりと曲げます。赤い部分の筋肉が伸びていることを意識しながら行いましょう。最後に2、3回首を回転させます。座った姿勢でも大丈夫です。バランスが取りづらい時は椅子や壁につかまって行います。ふらふらする時は止めましょう。

  • ウエストをひねる体操 / 3~5回程度 産後3日目から

     

    足を交差させ上側の足の方向に体をゆっくりとひねります。この時両手も体と同じ方向にもっていきます。
    赤い部分が伸びていることを意識しながらひねりましょう

  • 脇腹を伸ばす体操 / 5回程度 産後3日目から

     

    背筋を伸ばして立ち体を横にゆっくりと曲げます。元に戻したら次は反対にゆっくり曲げまた元に戻します。

  • 足の上げ下げ体操 / 5~10回程度 産後3日目から

     

    膝をまっすぐ伸ばしたまま片足をゆっくり上にあげます。戻す時もゆっくり動かします。左右交互に動かしてもいいです。妊娠中にゆるんだお腹を引き締め腹筋が鍛えられます。

  • 肩の筋肉をほぐす体操 / 5~10回程度 肩がこっている時

     

    両肩をゆっくり上に持ち上げ、ゆっくりと下げます。猫背にならないように気をつけます。授乳で赤ちゃんを抱き肩の筋肉が疲れた時にもお勧めです。

  • 肩を回す体操 / 5回程度 肩がこっている時

     

    肩をゆっくりまわします。内まわし、外まわし両方行いましょう。

  • マタニティDVD「産褥体操」

     

    こちらの動画では「複式呼吸法」のやり方を紹介しております。

  • 関連まとめ