ものもらいの【麦粒腫】じゃない!?【霰粒腫】とは一体!?

ものもらいの一種とされている霰粒腫があります
麦粒腫として治療していたら、実は霰粒腫だったなんてことも
まとめてみました

view869

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 霰粒腫とは

  • マイボーム腺(まぶたの深部にある脂腺)が詰まって、なかに粥(じゅく)(かゆ)状のどろりとしたものがたまり、慢性的な炎症(肉芽腫性(にくげしゅせい)炎症)が起こって腫瘤(しゅりゅう)ができる病気です。乳幼児から老人まで、あらゆる年齢層に発生します。
    出典 :霰粒腫 - goo ヘルスケア
  • 目の表面は涙の膜で覆われているが、この涙がすぐに乾燥してしまわない ようにその上層には油の膜がある。
    この油を出す腺は瞼の内側、ちょうど 目と接する部分にあり、霰粒腫とはこの部分に炎症がおきて肉芽腫と呼ば れる肉のかたまりができる病気である。瞼が腫れるのだが、徐 々に大きくなる場合と急激に大きくなる場合がある。
    出典 :霰粒腫 医学・健康情報サイト J-Medical
     

    腫れている部分は痛くないですが
    ごろごろとした感覚になるようです

  • 症状は何がある?

  • まぶたにドーム状のしこりができます。普通、痛みはありません。放置すると次第に大きくなっていきます。外から触れるとコリコリしたしこりができています。
     放置すると、まぶたの皮膚側や内側に破れて内容物が出ることがあります。しかし内容物が出ても、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と違い、これで治りきることはまずありません。また、時には腫瘤に細菌感染を併発することがあり、この場合、麦粒腫のように発赤と痛みを伴います。
    出典 :霰粒腫 - goo ヘルスケア
     

    なかなか治らないものなのです

  • 急激に腫れが起こる場合では目が赤くなり目が圧迫されて痛みを伴うこと もある。また、高齢者の場合、時により他の良性腫瘍(眼瞼嚢腫や眼瞼乳 頭腫)や悪性腫瘍の場合もあるので専門医に診てもらうことが必要である。
    出典 :霰粒腫 医学・健康情報サイト J-Medical
     

    気をつけなければいけなさそうです

  • 原因とは

  • 原因としては、分泌物の排泄がうまくいかず、まぶたの内で袋状のカプセ ルの中にたまったものである。疲れがたまると目をこすることが多いため かできやすい。
    出典 :霰粒腫 医学・健康情報サイト J-Medical
     

    弱り目に祟り目でしょうか。。。

  • マイボーム腺はまつ毛の生え際近くに開口部がありますが、その開口部が炎症などで詰まることによって起こります。
    出典 :霰粒腫 - goo ヘルスケア
     

    これが問題だとすると

  •  

    メイクもこのマイボーム腺を痛めてしまう
    という報告もあるそうです
    アイラインのひきすぎは目にとてもわるそうですね

  • 治療の方法は

  • 治療の方法

     局所麻酔をし、切開して摘出します。小児の場合は全身麻酔が必要になります。原則は手術ですが、手術を避けたい場合は、ステロイド薬を腫瘤に注射します。これで治らない場合は、やはり手術が必要です。
    出典 :霰粒腫 - goo ヘルスケア
  • 例外なく子供がかかる事もある

  • 右目に霰粒腫(さんりゅうしゅ)がふたつでき、切開手術するなら全身麻酔と言われました。ほうっておいても自然に吸収されてなくなることもあるそうなのでとりあえず今は様子を見ることにして、目薬をもらって帰りました。
    しかし子どもが目薬が苦手なので、夫婦で押さえて点眼すると半狂乱になって泣き、直後は近づくと目薬を警戒して親から逃げるほどおびえるのでかわいそうでできなくなりました。
    出典 :右目に霰粒腫(さんりゅうしゅ)...【子どもの病気トラブル】ベネッセ子育てインフォ|赤ちゃんや子供の成長
  • 通常の霰粒腫では点眼薬がなかなかつけられなくても心配はありません。視力の発達にも影響しませんので、数カ月様子を見ても大丈夫です。しかし、腫瘤(しゅりゅう:小さなこぶのような固まり)が大きくなったり、皮膚が赤くなったりただれたりした場合には、全身麻酔で摘出して組織を調べた方がよいでしょう。
    出典 :右目に霰粒腫(さんりゅうしゅ)...【子どもの病気トラブル】ベネッセ子育てインフォ|赤ちゃんや子供の成長
     

    問題はないそうですが、ここまでくると心配ですよね

  •  

    眼病は沢山ありますが
    霰粒腫は他の麦粒腫とくらべ
    治療が大がかりな事も多いよう
    目はいたわりたい所ですね