え?「ミトコンドリア」の力で老化した卵子が蘇るってホント!?

不妊治療も色々なものがあるようですが、
老化した卵子の「ミトコンドリア」を元気にして治療する方法があるそうです!

ミトコンドリア・・・?
どういうことでしょうか。

view2214

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  




     体で作られる卵子には限りがある。

  • 卵子を育てる袋(卵胞)には、もととなる原始卵胞というものがあります。女性は、生まれる時にはこの原始卵胞を卵巣に約200万個蓄えています。そして、生まれてから月経のはじまる思春期頃には、約170万個から180万個が自然に消滅し、 思春期・生殖年齢の頃には約20~30万個まで減少します。それでもまだ減少は止まる事はありません。その後も一回の月経の周期に約1000個が減少しており、1日にすると30~40個が減り続けているとされています。 原始卵胞は、まるで砂時計のように刻一刻と落ちていき、なくなっていくのです。
    出典 :卵子の数、ご存知ですか /浅田レディースクリニック
     

    卵子の数には限りがある。知ってましたか?

  • 卵子の老化は防げない!?

  • 生まれる前から存在している卵子のもとは、体と同じように老化していきます。“20歳は肌の曲がり角”といわれるように、卵子も20歳ごろから老化が進んでいくのです。これはどうしても避けられない事実。卵子の老化は妊娠率を下げる大きな原因でありながら、現代の技術では卵子の老化を防ぐことはできないと言われています。しかし、日本不妊治療学会によると、老化した卵子を甦らせる治療があるようです。
    出典 :妊活女子注目!老化した卵子を甦らせるにはミトコンドリアが大事 | 美レンジャー
     

    ずっと体内で一緒の卵子も年を取るってことですね。でも、“蘇らせる”治療・・・気になります。

  • 弱ったミトコンドリアは卵子にエネルギーを与えられなくなる

  • 若い卵子と老化した卵子では何が違うのか?

     

    この一見非常にシンプルな構造の中でもすべての器官に重要な役割があります。核、二次極細胞、透明体はこれから着床したり、分裂したりといった卵子としての主役的な役割。ミトコンドリアはこの主役たちが十分な仕事ができるようにATPというエネルギーを作り出す役割を果たしています。若い卵子も老化した卵子も核、二次極細胞、透明体に関しては差はないのですが、老化した卵子はミトコンドリアが弱り、核、二次極細胞、透明体と言った主役たちの為に十分なエネルギーを生み出してあげる事が出来ないのです。

    引用)http://www.hp-baby.com/feat/0000000001.html

  • ミトコンドリアの力で卵子が活性化されるってことですね。

  • ミトコンドリアを元気にする「ミネラルES46」

  •  

    すべての細胞の活動をつかさどるミトコンドリア。ここが弱ることで細胞も比例して弱っていきます。(酸化つまり老化)酸化が進んだ場合、原子卵子を育む卵胞に生殖細胞からの十分なエネルギーが供給されず、着床~受精率の低い卵子が生まれる確率・活性率の低い精子が生まれる確立が上昇します。そこで生殖細胞を活性化させるエネルギー源としてミネラルES46が生殖細胞のミトコンドリアにアプローチすることで、卵子はもちろん、精子の生殖細胞内ミトコンドリアに細胞が持つ本来の働きを思い出させます。

    引用)http://www.gennai-seiyaku.co.jp/contents/development/03-funin.html

  • 普段の生活で「卵子」を元気にする方法は?

  • 食事のバランスに気をつける

    肉類に偏った食事や、甘いものの摂りすぎは卵子の状態を悪くする原因。また、冷たい食べ物や飲み物も体を冷やしてしまうので注意が必要です。体を冷やす作用のあるトマトやナス、きゅうり、レタスなどの野菜は少なめにし、かぼちゃやネギ、ピーマン、にんじん、れんこん、にんにくなどの体を温める作用のある野菜を積極的に摂りましょう。
    出典 :妊活女子注目!老化した卵子を甦らせるにはミトコンドリアが大事 | 美レンジャー
     

    体を冷やす食べ物も控えましょう!頑張れ!ミトコンドリアと卵子!

  • 生活習慣を見直して、体を冷やさないように「妊活」しましょう!