【小児脳腫瘍の症状】

小児脳腫瘍(しょうにのうしゅよう)の主な症状は、頭痛・嘔吐・歩行障害・顔面神経麻痺・眼位異常・視力障害・多飲多尿などです。特に噴出性の嘔吐の後何事もないかの様にけろっとしているのが、脳腫瘍の嘔吐の特徴です。

view413

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 小児脳腫瘍とは

  • 小児の悪性腫瘍のうち脳腫瘍は白血病に次いで多くみられる腫瘍です。1年間に発生する小児脳腫瘍は,人口10万人あたり2人弱といわれています。成人の脳腫瘍と比べて,発生する腫瘍の種類や部位が異なるため症状の経過や治療方法が成人の場合とは異なります。
    出典 :小児の脳腫瘍について
  • 子供(小児)の脳腫瘍は大人(成人)の脳腫瘍と比べ、腫瘍の種類、好発部位が異なるため、多くはその症状の経過も成人の場合と異なります。

    小児の場合は半数近くが後頭蓋窩とよばれる小脳や脳幹などに存在することから、脳の水(脳脊髄液)の通過障害により水頭症をおこしやすいことになります。しかしながら、脳内に水の貯留があっても、子供は骨の縫合線が離開しやすいため、頭の中の圧(頭蓋内圧)の上昇が余り見られず、単に不機嫌であったり、軽い歩行障害を示す以外に症状が見られないこともあります。

     
    出典 :http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Kaigan/2609/setumeinoshuyou.html
  • 子供の脳腫瘍

     

    半数近くが小脳や脳幹などに存在し、脳の水(脳脊髄液)の通過障害により水頭症をおこしやすくなりますが、大人と違って頭の中の圧が高くならず、症状が出にくいことがあるようです。

  • 小児脳腫瘍の主な症状

  • 頭痛・嘔吐・歩行障害・顔面神経麻痺・眼位異常・視力障害・多飲多尿などです。特に噴出性の嘔吐の後何事もないかの様にけろっとしているのが、脳腫瘍の嘔吐の特徴です。
    出典 :http://www.geocities.jp/pichan524/syouni.htm
  • 単に不機嫌であったり、軽い歩行障害を示す以外に症状がみられないこともあります。
    出典 :脳腫瘍(小児):[がん情報サービス]
     

    小児の脳腫瘍は、半数近くが小脳や脳幹などに存在することから、脳の水(脳脊髄液)の通過障害により水頭症をおこしやすいことになりますが、脳内に水の貯留があっても、子供は骨の縫合線が離開しやすいため、頭の中の圧(頭蓋内圧)の上昇があまりみられないためだそうです。

  •  

    また子供は自分の症状を訴えられませんから、診断が難しくなります。 症状は行動異常、発育発達遅延、嘔吐が最も多いもので、頭囲拡大と食欲低下も見られるそうです。

    出典:http://www.4health.jp/disease/brain/noshuyo3_s28.html

  • 小児脳腫瘍の種類

  • 最も多い小児脳腫瘍は、小脳にできる良性の星細胞腫で約20%を占め、次に悪性の髄芽(13%)、胚細胞腫瘍(10%)、先天性の腫瘍で頭蓋咽頭腫という良性腫瘍(9%)、上衣腫(4%)などが続きます。                    
    出典 :http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Kaigan/2609/setumeinoshuyou.html
  • 多いものは髄芽腫、上衣腫、胚細胞腫、頭蓋咽頭腫、良性星細胞腫などです。

     

    大人と違って子供の良性星細胞腫は手術で完全になおる場合があるようです。

  • 小児脳腫瘍かなと思ったら早急に病院へ

  •  CTおよびMRI検査で、ほとんどの腫瘍が安全にかつ正確に診断可能です。
    出典 :http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Kaigan/2609/setumeinoshuyou.html
  • 早期発見が予後の良好に結びつきます。ちょっとしたことでも、子供の様子に疑問をもたれたら、納得いく回答が得られるまで自分で調べたり医師に相談しましょう。
    出典 :http://www.geocities.jp/pichan524/syouni.htm
  • 脳腫瘍をもっている子供たちには医療費の補助があります。小児慢性特定疾患という病気の中に小児脳腫瘍は入っていますので、脳腫瘍と診断されたら早速、主治医の先生にお願いして書類を書いていただきましょう。申請した時点からの医療費が免除されます。
    出典 :小児の脳腫瘍について
     

    医療費の補助が受けられる